冷えとりと妊婦さん 妊娠中こそ冷えとりをして欲しい!!

私が今のように、食事や体の冷えについて考えるようになったのは、
子供を出産してから。

理想的な出産を求め、あれこれ情報を探しましたが、
結局自然分娩できずに帝王切開での出産となったのです。

もちろん、子供が無事に生まれてくればどんな出産であろうといいのでしょうし、
実際私もその時点では
「いろいろ違っちゃったけれど、無事に生まれてくれてよかった」
と思っていました。

しかしその後、母乳で育てる際に通った母乳マッサージ教室でいろいろなことを知り、
一つ一つ手探りで見つけていく中で、長い時間はかかりましたが、今の生活になったというわけです。

今となってはもう、何を思っても無駄ではありますが、
「あの時、〇〇してたらなぁ・・・」 とか、
「あの時、冷えとりを知っていたらなぁ」
と考えてしまうことがあります。

とにかく、母乳の先生曰く私の体は
「冷えてます」
とのことでした^^;

それはなんとなくわかってはいました、その頃にも。
足がいつも冷たかったから。
それだけなんですけどね、自分が冷えを認識していた場所は。

その頃から友達や旦那さんが
「足が冷たいことがない」
なんていう話を聞くたびに、
「そんなことあるの?」 と思い、
「なれるものならなりたい・・・」 と願い。

母乳の先生は、最初に問診を書いた時の当時の食事日記を見て、
特に叱るわけなく、
「このヨーグルトはいらないですね」とか、
「プリンは食べなくてもいいんじゃないですか」 と言うだけ(笑)

そのおかげでたくさんの疑問を持ち、
その都度自分なりに解消し、そして現在に至る・・・というところでしょうか。

今思えば、質問をして答えてもらう、というよりも手間がかかった分、本気で取り組めたのかもしれません。

もう一度、もし出産ができるとしたら・・・
私はどんな妊婦になるのかなぁ・・と、楽しい想像をすることがあります。

今の自分なら、あの頃のような冷えは作らないだろうし、
冷えとりの知識をすべて妊婦生活に注ぎ込めるだろうなぁと。

でも現実には出産の予定はないので(笑)、
ついつい、芸能界の方たちが妊婦生活をブログで綴っているのを見ると、
「お願い、一枚でもいいから靴下を履いて~~~」 とか、
「薄いズボンでもいいから、下半身を温めて~~」 とか、
「寒い時期に、飲み物に氷を入れないで~~」 などなど、
余計なお世話なことを思ってしまうのです

オシャレな妊婦さんスタイルに憧れるのもわかるのですが、
この妊婦生活の十ヵ月を、ちょっとだけお腹の赤ちゃんに主役になってもらう生活を心がけると、
安産も期待できるし、その後の自分の体の負担もかなり軽減されると思うのです。

今はお医者さんの都合で帝王切開が当たり前のようになっていますが、
帝王切開は本当に後が辛いです。
私は未だに癒着の心配もしているし。

もちろん、母子共に安全のために帝王切開に至る場合もあるけれど、
「帝王切開の方が楽だから」
と言う人もいて(実際にそう言っていた人がいたのです・・・)、少し悲しくなりました。

怖がらせるつもりはないですが、
帝王切開は手術なのでリスクが伴います。
実際、私は術後に足の指に気になることが残りました。

左足の中指が、角度によって突っ張るような感じになるのですが、
特にハイヒールのようなかかとが高い靴を履くとわかります。

生活に困るようなことはないですが、やはり気になって何気なく母乳の先生(助産婦さん)に話をしたところ、
「手術の時の麻酔が神経に触れたのでは?」
とおっしゃっていましたが、私には詳しいことはわかりません。

ただ、出産後、やっと歩けるようになり、院内を歩いたところ
「あれっ?」
と異変に気づいたので、出産の経過の中でなにかしら原因があったのは確かです。

そういうことを含めての帝王切開だということを覚えていて欲しいのです。
自然分娩はもちろん痛くて辛いですが、女性の体はそういう痛みに耐えられるようになっているんですよね、不思議と。

私は自然分娩の痛みよりも、くるぶしをテーブルの足にぶつけた時の痛みに弱いです(笑)
自然分娩は、ゆっくりと痛みの頂点に向かっていくので意外に耐えられましたが、
突然、不意にやってくる痛みは苦手

産後は、帝王切開後、3日間寝たきりだったのに対し、
自然分娩の時は、二時間後には普通にスタスタ歩いていたので、お見舞いに来た母親が
「あれ? 産んだんじゃないの?」
と驚いていました。

さまざまな事情があって、その結果帝王切開になるのは仕方がないことだと思います。
その場合、子供と母体の命の方が断然優先です。

でも、妊婦生活の中で、ちょっとだけ気を付けていれば避けられる帝王切開もあるのではないかな~と思うのです。

もちろん、「冷えとり靴下を8枚履いて!!」 なんて言いません。
普段素足でいる人も、妊娠中だけは一枚でも二枚でも履いて欲しいなぁと。
それだけでもだいぶ違うはずですから・・・

女性なら多くの人が経験するであろう出産、
ぜひとも 「自分の誇り」 になるような出産をしてもらいたいなぁと思います。

そのために是非、下半身を温めて、「温婦生活」 をして欲しいなと思うのです

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. avatar じゅんこ より:

    haco.さん こんにちは

    ですよね~思いますよね
    私なんて「子供の頃から冷えとり知っていれば・・!」って思ってます。
    もう、人生変わったかも位に(笑)思ってます。

    若いお嬢さん達にもっともっと冷えとり知ってもらいたいですし、実践してもらいたいです。

    今回、haco.さんに質問がありまして書き込ませて頂きました。

    ようやく足の湿り気を毎日感じるようになりまして、朝起きた時に履き替えているものの、
    すぐにちょっと経つと湿った感じがするのです・・・。

    1.すぐ足の湿る私に、何かアドバイスなど、経験談を教えて頂けないでしょうか?

    2.おすすめのウール靴下を教えて下さい(独断と偏見大歓迎ですw)
     ウール靴下は何枚目に履いてますか?ウールは1枚だけ混ぜられているのでしょうか?

    3.お風呂上りはどうされておりますか?
     お風呂上りに5分位経ってから、靴下を履いております。
     この季節になりますと風呂上りもあり、靴下びっしょりになります。
     んが、履かないでいて、髪を乾かしていますと、足が寒い(笑)
     haco.さんはどうされているのかなーと思いました。
     この、”風呂上り”につきましての、バカ質問すみません(汗)

    どうぞ宜しくお願いいたします。

    前回、手の汗に対して「整体?カイロプラクティックが良いのでは?」と書きました。
    つい最近違う本を読んでおりまして、無理に骨を動かすカイロプラクティックの弊害?について書かれておりまして、こ、これはhaco.さんにお教えしなくては!と思いました。
    どれが(どの意見が)本当かは正直私も分かりませんが、「こういう意見もあるのだな」と思いました。
    ですので、安易に書いてしまったことを、お詫び申し上げます。
    大変失礼いたしました。

    • avatar haco. より:

      じゅんこさん、こんにちは。

      ね~、今言っても仕方ないのですが、もっと早く知っていたら・・・ともったいない気持ちになりますよね^^;

      さて、質問の答えですw

      1.すぐ足の湿る私に、何かアドバイスなど、経験談を教えて頂けないでしょうか?

      私は、湿る時と湿らない時があります。
      疲れていたり、ストレスが多い時に湿るような気がします。
      で、対処法ですが、二枚目・四枚目・・・の偶数枚の靴下が綿だと、
      湿った後、放出しにくくて、そのまま足も冷えてしまうのですが、
      綿をウールに変えたところ、湿ってもとどまることがなくなってきましたw

      2.おすすめのウール靴下を教えて下さい(独断と偏見大歓迎ですw)
       ウール靴下は何枚目に履いてますか?ウールは1枚だけ混ぜられているのでしょうか?

      1からの続きになりますが、ということで私は、絹・ウール・絹・ウール・・・と年間を通してウールを愛用しています^^
      そしておすすめのウール靴下ですが、私は2店ほどしか使ったことがないので比べることができないのですが、
      やはり絹にしろウールにしろ、841さんのお店の靴下は質がいいと思います。
      どちらかといえば、「ガッツリ冷えとりガール向き」 ではありますが、枚数で調節すれば4枚履きくらいでも大丈夫です^^

      3.お風呂上りはどうされておりますか?

      以前は「パンツを履くよりも先に靴下を」履いていましたが(笑)、
      今は気温も暖かいし、そこそこ冷えが緩和されてきたせいか、すぐに靴下を履かず、
      リビングでのんびりとクールダウンさせてから靴下を履くようにしています。
      時間にして30分くらいかなぁ?
      冷えとりを始めて以来、こんなに長く履かなかったことはなかったですが^^;
      少し足が冷えてきていても、靴下を履くと ほわ~んと暖かくなってくる、あの瞬間がとっても好き♪

      カイロプロティックの話、わざわざありがとうございます^^
      私もあれからいろいろ探しましたが、どうもサイトを見ただけで行く勇気がでず・・・
      ああいうものは人づてに辿り着きたいなぁと思っていれば、そのうちいい話が舞い込んでくるかなと思ってます^^

  2. avatar じゅんこ より:

    あああ、良かったです~(涙)
    もう行っていたらどうしようかと、ドキドキだったのです。

    いやはや、さすがでございます。
    本当に賢い人というのは、素直に受け入れるけれど、まず自分で調べ、どこかに心にひっかかる所があると様子をみる人だと思います。
    人生には「安易にやらなくて良かった」ということがありすぎな気がします。

    ほっとしました。ありがとうございます。
    カイロプラクティックを研究してた人の本で『カイロ病』というものがあるそうです。
    カイロプラクティックはアメリカで生まれ、100年ほどらしいのですが(短っ!とびっくりしました)
    これまで治療してきた患者数万人を追跡調査して、レントゲンを撮りなおしたそうです。ほとんどの人の骨盤や背骨の形が、初診時より悪化していたそうです。
    (一時的に症状が好転した為、何年も通った結果とのこと)

    ですから、何年も通った結果なのかな(1~2回?10回なら問題ないのかな?)とか色々疑問はありますが、そういうこともあるのかなとは思いました。
    本当に失礼いたしました。

    いきなりのご質問すいませんでした~!
    なるほど、haco.さんは湿るときと湿らない時があるのですね。

    はい、ウールは一枚しか持っていないので(笑)1枚だけ2枚目に履いておりました。
    足りなかったのですね~!真似して交互にもっと履くようにします。
    841さんですか!ありがとうございます。

    30分クールダウン!!!?
    私の足もいつの日か冷えとりが進み、そうなりたいものですね~!

    いい目標になりました。
    ありがとうございました。

    • avatar haco. より:

      じゅんこさん、気にかけていただいて本当にありがとうございます!
      じゅんこさんの優しいお気持ち、しっかり伝わりました、ありがとうございます^^

      私の場合は、ただ単に 「優柔不断」なだけなんです・・・^^;
      ただ、体に触れられるようなものとか精神世界のつながりが強い運動などは、
      良い先生、信頼できる先生についた方がいいのかな、と昔から思っていまして・・・

      以前、ヨガを習おうと思って、近場の教室に行こうと思ってるのと話したときに、
      「ヨガは良い先生に習わないと、変な気をもらっちゃうから気を付けてね」
      とアドバイスをしてもらったことがあり、
      その時は 「ふ~ん」と思っていたのですが、
      今はなんとなくそれがわかるような気がします・・・

      だから、気功も習ってみたいなぁと思いつつも、
      これもまた同じで、それこそ相性のあう師匠が見つからないと・・・と思うし。

      結果、いろんなことを教わるタイミングを逃し続けてきているのですけどね^^;

      ウールの靴下ですが、私は841さんのところと「シルクふぁみりぃ」さんのものを持っていますが、
      841さんのところのウールは少々お高く、でも品質はかなりしっかりしていると思います。
      履き続けていると、ふんわりしてきて、「ウール!!」 という実感があります。

      841さんのところで購入したウールの靴下は、4年近く前に購入した靴下が、やっと今薄くなってきたかな?というところ。
      もうしばらくはこのまま使えそうなので、コスパは良いと思います。
      ただ、最初に数枚揃えるのが・・・お財布が痛いところですが^^;

      30分のクールダウンができるのも今の季節だからだと思います。
      冬場は脱衣所で、下着を装着する前に、片足でぐらぐらしながら靴下装着、です★

  3. avatar チワワ より:

    こんにちは!はじめまして。
    いつも、ブログ楽しみに拝見させてもらってます!そして、私も全く同じく、帝王切開することになり、冷えとりに、産後、出会うことになりました。
    第1子目に、帝王切開なってしまったから、
    自然分娩への、気持ちがよりいっそう強いです、、。
    足先が冷たいのがほんと、当たり前でした。
    妊娠中も、冷たく、靴下はいても、半身浴しても、お灸しても、暖かくならず、逆子は、直らず切迫気味になった妊婦生活。

    冷えとりしてたら、切迫とかにはならなかったと思います。逆子も、そんな気がします。

    だから、冷えとりに出会ってもっと、早く知りたかったーなんて思います。

    あのときは、冷たいけど、温め方を知らなかったです。

    なんて、思わず同じで熱くかたってすみません!!私も、ゆるゆる冷えとりです。

    これからも、お邪魔させてもらいます!

    ありがとうございました^^;

    • avatar haco. より:

      チワワさん、こんにちは!
      コメントをありがとうございます^^

      まずはご出産おめでとうございます♪
      これからお子さんからたくさんの幸せをもらえるますね。
      楽しい生活の始まりですね!

      チワワさんも帝王切開でしたか。
      今は多いですけどね、帝王切開。

      私も逆子が治らずに帝王切開になったのですが、
      母乳の先生曰く、「それも冷えているから」だそうで・・・

      それを知った時は、それまでの自分の生活を後悔しましたが、
      でも、そのおかげで今の生活になったのだから、と考えるようにしています。

      私は第一子を帝王切開で出産し、痛かったのと、恐怖に近いトラウマになってしまい、
      第二子を産む選択はできませんでした。

      ところが思いがけず二人目を妊娠してしまい、困り果てた挙句、母乳教室に相談しに行ったところ、
      「一人目が帝王切開でも、二人目を普通分娩できる産院」
      を紹介してもらい、無事に普通分娩したんですよ^^

      分娩台で出産後の高揚感から思わず、
      「普通分娩って楽なんですね・・・」
      と言ってしまったほど(笑)

      私にはお腹を切られる痛みより、陣痛の痛みの方がはるかに楽でした。

      とはいえ、無事に産むための手段が帝王切開だったわけですから、
      それも受け入れないと前に進めませんね。
      無事に赤ちゃんが生まれてきてくれたという事で良しとしましょう!
      チワワさん、自分を責めちゃダメですよ?? (私はずっと自分を責め続けていたので)

  4. avatar より:

    まさにこれから妊娠出産を迎える(予定)の私はウキウキしています。笑。
    出産経験のある友人は、つわりがひどくて入院したとか、切迫早産の危険があって絶対安静の日々だったとかっていうコが多いのです。
    私は冷えとりをしているし、快適なマタニティライフ&安産を経験できるかなぁ?と思っていますw
    冷えとりと出会ったのも、妊活からですし。

    ただ問題なのがなかなか妊娠に至らないこと!(泣&笑)
    生理予定日直前は毎回気持ちが不安定になってしまって、修行が足りないなぁと思う日々です。。。

    • avatar haco. より:

      環さん、妊婦生活が待っているなんて羨ましい!!
      私はもう年齢的にも(笑)、そして育てる体力もないので^^;
      孫を期待するしかないかも!?

      環さん、この方のブログをご存知ですか?
      http://blog.goo.ne.jp/kurashinotanoshimi

      ブログのカテゴリーに 「ビバ高齢出産」とあるように、
      40歳?くらいの方で 思いがけず妊娠し、初めての出産をなさったそうです。

      環さんがおいくつかわからないのでもしかしたら見当違いな話をしていたらごめんなさいなのですが、
      若い年齢の出産・子育てと違い、このブログの運営者さんは、
      体力的にはきついでしょうが、余裕をもって妊婦生活を過ごし、愛おしんで赤ちゃんを育てているように見受けます。

      その人その人の妊娠・出産があるなぁと感じ、ブログの更新をとても楽しみにしている方の一人です^^

      のんびり待って、なんていうのはあまりにも無責任な言い方になってしまうかもしれませんが、
      冷えとりを続けていれば、きっとその先に良いことが待っていると思いますよw

  5. avatar チワワ より:

    お返事ありがとうございます!!

    ブイバックされたんですね!
    私も、なかなか第2子の勇気がでませんし、
    切腹はほんと辛いです、、。
    陣痛、、私も、未経験ですが、帝王切開のあの痛みを考えると、普通分娩したいです。
    でも、今してくれる産院がないし、危険が大きいすぎると断られます。

    無事に出産できることが一番いいことで、
    なによりなのですが、
    いろいろ思っちゃいます。

    自分を、私も責めてたので、お言葉が胸に響きました。ありがとうございます。

    • avatar haco. より:

      チワワさん、
      「ブイバック」という言葉、初めて知りました~^^;

      いろいろブイバックについて調べてみましたが、
      第一子の出産が、骨盤の大きさなどにある場合は、無理にブイバックを選択する必要もないようですね。
      結局、無事に生まれてくれば出産方法はどうであれ・・・と思うのですが。

      私は帝王切開のトラウマが強く、
      子供は一人しかいらない、というより、
      出産が恐怖で二人目を産めない、という感じでした。

      でも、巡り巡って良い先生に出会え、無事にブイバック(笑)できたわけです^^

      ただ、リスクを抱えての出産だったので、妊婦生活中、先生は厳しかったですよ~^^;
      毎日二時間くらい歩いて、体重の管理もかなりしました。
      その時に毎朝お参りした神社を見かける度に、あの時の事を思い出します^^

      いろんなこと、経験したことすべてが良い思い出ですw

  6. avatar えるふぃん より:

    こんにちは! いつも楽しく拝見しております。

    冷えとり歴4年の私は、妊娠から3月の出産まで、
    切迫早産による入院→自宅安静→38週で破水→陣痛促進剤使用、腹部圧迫と頭部吸引による出産でした。

    9年間勤めていた職場で、休憩時間に毎日お菓子を食べていたので、相当冷えが溜まっていたんだと思われます。

    妊娠中は、こんにゃく湿布やストレッチなどいろいろ試しました。
    冷えだけではなく、骨盤の歪みも切迫の原因だったのかな、といろんなサイトを見ていて思いました。

    「冷えとりしているのになんで~?」と思ったりもしましたが、冷えとりしているからこそ、点滴や薬を使っても「あとで出せばいいや♪」と考えられるようになったと思います。

    • avatar haco. より:

      えるふぃんさん、出産おめでとうございます^^
      たっ・・・大変な出産でしたね・・・お疲れ様でした。

      冷えとりを続けたからといって、誰もが出産がスムーズにいくとは限らないのですね。
      結局は、無事に生まれてきてくれれば・・・という選択になりますよね。

      私も冷えとりを続けたことで、メンタルにかなり変化がありました。
      変化に対応できるようになったし、何より自分を受け入れることができるようになったし。
      頭がカチカチになっていると、冷えとりはそういう部分も取り去ってくれますよね。

      参考になるお話をありがとうございました^^

  7. avatar より:

    ご紹介していただいたブログ、初めて拝見しました。
    ゆったり子育てを楽しんでらっしゃる方みたいですねー。
    高齢出産にはデメリットしかないのかと思ってたんですが、
    メリットもそれなりにあると、高齢出産向けの本を読んで知りました。

    私は来月30歳なので、まだ高齢出産と言われる年齢ではないものの、
    やっぱり20代のうちに第一子が欲しかったなぁという思いもあって…。
    ベビ待ちし始めてからも1年半なので一体いつ授かれるんだろうなぁ?と思う毎日です。

    とりあえず、授かった時に少しでもコンディションのいい身体でいられるように心がけようと思います。

    • avatar haco. より:

      環さん、ブログを読んでくださったのですね。
      とっても素敵な方ですよね~~^^
      お顔をもとっても美しい方なのですよ(#^.^#)

      子供が欲しいと思う年齢はそれぞれですね。
      みな描いている家族のスタイルがあるでしょうし。
      だから焦る気持ちもあるでしょうね。

      私も子供を産む年齢には悩みました。
      私の場合は、
      「いつ産むか」 というよりも、
      「こんな自分が親になる覚悟待ち」でした^^;

      結局、覚悟なんてできないままに妊娠したのですが・・・
      ま、そういう必要があったのかもしれませんね。
      いつまで待っても、覚悟が決まるわけでもなかっただろうし(笑)

      今は焦る気持ちもあるでしょうが、今のまま冷えとりを続けていれば、
      きっとすべてが丸く収まるタイミングでいいことがあるのではないでしょうか^^