あの眠さはやっぱりめんげんだった?

あの眠さはやっぱりめんげんだった?

今から一ヶ月ほど前になりますが、
だるいだるいだるい!そして眠い!! というブログを書きました。

とにかく眠くて眠くて、何かに引きずり込まれるような強い眠気。
無理矢理起きていても、正直使い物にならないほど^^;

昼寝は時間が許すならば際限なく眠れ、夜は夜で10時には目が開けていられないという・・・

それだけ寝ても、次の日の朝から気怠く、体が重いし何かをやろうという気力もない。
とにかく、自分に嫌気がさしていました。

怠惰な自分。
だらしない自分。

フルタイムで働きつつも、しっかり子育てをしている方はたくさんいるのに、
仕事をしているわけでもないのに、家事もままならぬ情けなさ。

本当に自分を責めました。

あの眠気、その後どうなったでしょう。

実は、眠気地獄から抜け出せたのは ほんのつい最近の事。

それまでは
「あれもしなきゃ、これもしなきゃ、でも体が動かない・・・」
だったのに、
「そうだ! あれやっちゃおうw これもやっちゃおうっと♪」
に変わった時があったのです。

その時は自分でも
「あれ、珍しいな私」
と思ったものでした。

気付いたら眠くない。
気付いたら昼寝をしなくても大丈夫だった。
気付いたら体が動いてる。
気付いたら夜も目が冴えている。

この劇的な変化

最初は 「たまたま今日だけかな」と思っていたのですが、
かれこれ2週間、一度も横になることなく過ごせてしまいました。

ヤッタ~! 抜け出せた~!!

この嬉しさ・・・伝わるでしょうか。
自堕落な自分から抜け出せた、この喜びw

それにしても、あれだけ眠かったしだるかったのに、
一体どうして急に元の体に戻れたのか?

そう思うと、やはりあの異常なまでの眠気は 「めんげんだった」といえるのではないかなと。

当初、経験した事のない強い眠気にめんげんを疑い調べてみたのですが、
体験談などでは ごく初期のめんげんとして出ることが多いようだったので、
自分のこの眠気はめんげんにあたらないだろうと思っていました。

眠気やだるさというのは数値にあらわれない厄介なものですから、
つい 「自分の怠惰な性格のせい」と思ってしまいます。
そしてそんな自分を責めるループ。

でも食生活を特に変えた訳でもない、今まで通り普通に冷えとり生活をしていただけで、
急に眠くなり、いつのまにか眠くならなくなったということは、
やはりめんげん・・・なのでしょうね^^;

というかね、もうめんげんでもそうでなくてもどうでもいいんです。
だって今はもう眠くないしだるくないし、やる気満々(?)なのですからw

こういう深く追求しないところ、冷えとりに向いていると思われます。
そして・・・
深く原因を考えないからこそ、また同じ過ちを繰り返すともいえますが

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. avatar より:

    haco.さん、

    おめでとーございます!
    自分を責めてしまう気持ち、よくわかります。
    でも、悪循環ループから抜け出せましたね。

    私はいま、めんげん?か、足の水泡&皮むけでちょっと落ちてます。
    子どもの頃からのコンプレックス、手足の皮むけが『またかよ?!』ってトラウマみたいになってるのかもしれません。
    一般的には「水虫」と呼ばれる部類のものだと思うけど、でも「めんげん」と信じたい・笑。

    冷えとりはもう日常、生活の一部なので、やめるという選択はないのですが、「これって治るの?
    」と思ってしまったり。
    でも、意識せず続けてると、いつかきっと・・・そういう日が来るんでしょう。
    うん、そうだ!きっと!(かなり単純です)

    haco.さんの日記を読んで元気でました。

    • avatar haco. より:

      虹さん、ありがとう~(涙
      ついね、自分を責めてしまうんです。
      冷えとりに対しても、子育てに対しても・・・

      この心の冷え、いつの日か冷えとりで克服したいなぁ。

      私も皮が剥けると 「また始まった!?」とドキッとします。
      実は今、右手の掌がちょっとだけ皮が剥けてるんですよ・・・
      子供の頃のように、「水泡が出来て乾燥して皮が剥ける」 ではないので関係ないとは思いますが。

      でもこれもきっとめんげんですよね!(笑
      それで丸く収まるなら、世の中的には水虫というとしても(笑)めんげんで!w

      冷えとりが生活の一部、それって重要ですよね。
      そしていつの間にか気になっていた不調が治ってる・・・それが理想ですw

  2. avatar よっちゃん より:

    初めまして、hacoさん。
    冷えとりのブログは多々ありますが、hacoさんのお人柄がしのばれ何だかホッとできて
    ずっと拝見させていただいてます。

     私も昨年10月から841さんの靴下で冷えとりしています。始めて一ヶ月して胸とお腹に湿疹が出て(4ヶ月続きました)咳が2週間ひどかったり、とめんげんらしきものは
    「あぁ出てきたなぁ」と心の準備も出来たのですが、ここ2週間ほど何だかだるくスッキリしない、なにもやる気がおきないという状態で、そんな自分に嫌気がさしていました。
    私もhacoさんと同じく家にいるので「働いていて子育てちゃんとしてる人に比べてなんて情けない」と自己嫌悪でした。

     でもhacoさんのブログを読んで「もしかしたらこのモヤモヤした状態もめんげんかな」と思えたのです。まだ落ちてる状態ではありますが、hacoさんが一ヶ月ほどして気がつけば、その状態を脱しておられたように自分も抜け出せることを待とうと思います。

    体に表れる痒みや湿疹などのめんげんもそれなりにツライですが、ある意味分かりやすいですよね。それに対し「気持ち」のうえでのめんげんに向き合うほうがしんどい気がします。心の冷えも。

     hacoさんが書いてくださったことで私も頑張ろうと思えました。ありがとうございました。これからもブログ楽しみにしています。

    • avatar haco. より:

      よっちゃんさん、いつも読んでいただきありがとうございます。
      そしてそして、コメントをありがとうございます。

      あぁ・・・過分なお言葉に思わず涙がこぼれました・・・(ウルウル)
      まだ冷えとりを始めて一年にもならない、日々試行錯誤のつたないブログを
      読んでくださるだけでも嬉しいのに、そんな風に思っていただけるなんて・・・

      冷えとりが好きで、楽しくて気持ちよくて。
      ただそれだけで突っ走っているブログですが^^;
      何かを感じていただけて私も幸せです。

      そして、ここ二週間ほどの倦怠感、まさに私と同じです。
      (しかも同じ時期から冷えとりを始めてらっしゃるのですね! お仲間~w)

      置かれている環境や考え方が私とソックリで、
      今お辛い気持ちも痛いほどわかります。

      でも自分を責めないでくださいね!

      今ちょうど、「ことだま」に関する本を読んでいるところで、その中に
      「どんな自分もすべてよし!」
      という言葉を唱えるといいとあったんです。

      すぐに自己否定をしてしまう癖があるので、ついつい
      「私なんて・・・」「どうして私って・・・」と思ったり言葉に出してしまったりするのですが、
      そういう「ことだま」で自分を縛ってしまっているのだとか。

      だからそういう時は 先ほどの言葉や
      「出来ることをしたら、それでいい♪」「わたしはありのままでいい」
      という「良いことだま」を唱えるといいそうです。

      気持ちのめんげんは本当に、本当に辛いですよね。
      どんどん気持ちが暗くなってしまいます。

      そんな時こそ先ほどの言葉を唱えてみてくださいな。
      私もブツブツ念仏のように(笑)唱えてますよw

      最初は唱えていることを信じられなくてもいいそうです(そういうのも気が楽でいいですねw)。
      心の中で「私なんて…」と思ってもそれを口に出さないことがポイントだとか。

      長いトンネルは必ず抜ける時が来ますよね。
      そこから抜けられた先には、今の私のように、やる気に満ちた毎日が待っていますよ♪

      それを楽しみに、今のめんげんを乗り越えてくださいねw