「ねばならない」が冷えを招く

昨日のブログを書いている時に、
我ながら本当に、自分が自ら冷えを招いているな~と感じました。

それはこれまでも何度も書いてきましたが、
「ねばならない」と思う気持ち。

まじめな性格、と言ってしまえば聞こえはいいですが、
私の場合は真面目というよりは 「アタマカタキチ」

頭の硬さは、体の硬さの比ではありません(はい、体も異常に硬いです^^;)

HNを「頭硬吉」に変更したいほど、柔軟さのない、応用力に欠けるということは自分でもよくわかっていたし、
柔軟に、柔軟に・・・と言い聞かせてきたつもりですが、なかなか持って生まれた性分と長年の習慣は、簡単に出て行ってくれません。

何をするにも
「これをやらなければ!!」
と強く思う性格。

ま、いっか♪という面もあるのに対し、「ねばならない党」の党首でもあるので(笑)、
振り子の幅が大きくて大変です

強い信念で何かをやり遂げるのはとても素晴らしい事だと思うのですが、
それを達成した後に、心地よい達成感を味わえるのならまだしも、疲労感ばかり感じているのですから・・・

早く党を脱退したいものです^^;

思えば子供の頃も、
「この黒板の板書を、ベルが鳴り終わらないうちにノートに写さないと死んじゃう!!」
と、くだらないルールで縛り、それこそ死ぬ気で(笑)ノートに書き写したり、
「この横断歩道の白いところから外れたら、私は消滅しちゃう!!」
と、必死になって白い部分をまたいだり。

そんなことでは消滅しませんから(苦笑

これも「癖」なのでしょうね。
最初はクセで、ちょっとした遊びのひとつだったものが、なぜか自分の中でどんどん大きくなっていって、
今じゃ 「ネバナラナイ党」にまで成長したという

湯たんぽは陶器デナケレバナラナイ
半身浴は20分以上デナケレバナラナイ
常に楽しい事を考え、ネガティブな自分を抹消シナケレバナラナイ

なんだか、子供の頃に胸を叩きながら言った、
「ワ~レ~ワ~レ~ハ~」
みないな、宇宙人みたいになっちゃってますね

考えてみれば、「デナケレバナラナイ」事なんて一つもありませんよね。

湯たんぽは陶器だろうがポリエチレンだろうが、使わないよりは使った方がいいのは当然だし、
半身浴はたとえ5分10分だって、自分が気持ちいいと思えればそれでいいのだろうし。

ネガティブなことを考えないなんて・・・・それ、人間!?
それこそそんなの宇宙人になっちゃう!!

ですよね。

冷えを取るのも作るのも自分。
せっせと冷えを取って、その一方でせっせと心の冷えを作っているんじゃ、とんだ自転車操業ですものね

昨日もコメントで、
「薬を飲んでも、そのあとで半身浴をして体を温めればいいですよね」
と書いていただき、本当にそうだな~と思いました。

ネバナラナイことなど、ないのですよね

それに気付けたので、そろそろ「ネバナラナイ党」の党首を卒業したいと思います(笑

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. avatar SHU-MI より:

    haco.さん

    ネバナラナイ党党首でしたか~。

    私も、ネバナラナイ党にいるよ。
    しかも
    これ、やるべき。こうあるべき。
    ベキベキ症候群ですよ。

    でも、私が、まーいいか党だったら
    きっと
    冷え取りの世界にコンニチハはしなかっただろうと思う。
    何かにすがりたくて、不安を解消したくて
    いろいろさがしているから。

    まーいーか党ずぼら症候群なら
    そんな探し物しないよね。

    毎日、好きなもの好きなだけ食べて(甘いものとかアルコールとか)
    体冷え冷えのかわいいファッションして
    楽しく楽しくすごすでしょうね。

    これって、心は冷えないけど
    体はむしばまれているのかな。。。
    こういう人のほうが、ぴんぴんころりなんだろうか?

    どっちの党がいいのか正直悩むわ~。

    中立の立場に行きましょうかヽ(^。^)ノ。

    まぁ、この年まで持ち越してしまった性格なので
    なかなか治らないってのもあるけど。

    子供のころの行動はhaco.さんとよく似ていて笑えたよ。
    うがいは5回やらないと死んじゃうとか
    いろんな決め事があった。
    そんなわたしの息子はどんなに熱があっても時間がなくても
    宿題やチャレンジ、日記を予定通り毎日こなさないと
    ダメ。
    親子でしょう(笑)~。
    私の母もせっかくさそっても
    「今日はこれをやらなきゃいけないから(明日でもいいようなこと)、出かけられない」とか。。。
    この党は世襲制なんだろうか。。。

    しょうもないコメントでごめんなさいね。

    そうそう、私も靴下のおかげで
    おしゃれ着洗いの洋服が復活。
    後でまとめて洗おうとため込むことなく
    ふつうに着られるよね!
    ただ、、、足元に不釣り合いにならないよう
    一工夫いるけどね。

    • avatar haco. より:

      SHU-MIさんも党員でしたか~(笑
      癖みたいなものなんですよね、ついそう考えちゃうっていう。

      でもそれがいつの間にか、自分を追い込んでいたというか。
      子供の頃の他愛ない遊びも、いつの間にか本気になって真剣にやっちゃってる、みたいなね。

      党員のままでいるのも、脱退するのも自分の気持ち一つなのですが、
      長い間培ってきた性分なので、なかなか簡単に離党させてもらえませんね。

      まぁ、ボチボチと離党に向かってやっていきますか・・・