むずむず脚が治ってきた!

この夏の間中、ずっと苦しめられてきた むずむず脚。

7月頃から右足のみがむずむずし始め、
鉄分を多く含む食品を摂ったり、アサイージュースや健康飲料を飲んだりもしたのですが治らず。

そもそも、あの小瓶の健康飲料がどうも苦手で、
「苦手だけど、飲まなきゃならないから飲む」
という感じで摂取していたので体に効くはずがありませんよね

普段から鉄瓶でお湯を沸かしたり鉄のフライパンを使ったりしているし、
レバーはあまり食べないけれど(動物性のものから摂るのが苦手なので)、
コツコツとひじきを食べたり、栄養豊富な 弓田ごはん を食べたりしているので、
そのうち治るだろうと気楽に考えるようにしていました。

でもソファに座ってテレビを見ていると、むずむずと足が気になるし、
さぁ寝ようと思ってベッドに横になると むずむずしてきて・・・

むずむず脚症候群は、主に就寝時に症状が出ることが多いそうで、
確かに立ち仕事をしている時などは全く気になりません。

気にしないようにと思えば思うほど、意識は右足のむずむずに集中してしまい、
そのことで寝不足になるというほどではありませんでしたが、
常に不快な感覚と一緒に生活をしていた・・・という感じ。

足を伸ばしてみたり、ストレッチをしてみたりしたのですが、
運動としては純粋に気持ちいいのだけれど、むずむず脚を治すのとはまた別のよう。

なんとかしなきゃ、いずれどうにかしなきゃ、と思って過ごし続けた今年の夏。
それがフト気づいたら、以前ほど気にならなくなってきたのです

以前のように、忘れていたのに むずむずしてきて思い出した・・・ということがなくなり、
「あれ? そういえば足、むずむずしてないような・・・?」
というところまで回復?してきました。

以前のように鉄分補給を気にしているわけでもないし、
不快感だけ我慢すればいいだけなので、特に何も処置はしていません。

そこでたどり着いたむずむず脚の原因は、やはり汗。

そもそも今年の夏、むずむず脚症候群を発症したのは、
梅雨明け前後から一気に気温が上がり、尋常ではない汗をかくようになってすぐでした。

その時も
「大量の汗をかくようになって、鉄分不足になった?」
と予想を立てていました。

その確証はなかったわけですが、
こうして毎日涼しくなり、汗をかく量があの時に比べてぐっと少なくなった今、
むずむず脚が治ってきたということは、やはり汗と鉄分の関係なのでしょう。

ということは、私の場合、
普段の汗をかく量であれば、今まで通りの鉄分摂取量でOK。

でも汗を大量にかく夏場や、運動でいつもよりも汗をかいた場合は
積極的に鉄分を摂取する必要がある、ということですね。

これでまた一つ、自分の体の傾向が見えてきました

・季節の変わり目にはだるさや眠気に襲われる!
・汗をかいた後は鉄分を意識して摂取する!

辛い夏でしたが、こんな風に対策が見つかるのはなかなか楽しいものですね

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク