なんでしょう、この蒸し暑さ!!

なんでしょう、この蒸し暑さ!!
まだ6月だっていうのに、昨日の夜の寝苦しさといったらなかったです・・・
朝、子供の部屋のカーテンを開けに入った時の、部屋のムッとする暑さにビックリしました

すぐに窓を開け放って換気をしましたが、これじゃぁ熱中症になっちゃいます
これまでいつも、
「明け方はまだまだ冷えるから、窓を開けっぱなしで寝ちゃだめだよ」
と言ってきたので、その言葉通り忠実に守ってくれたわけですが・・・

この変な気候、さすがに予想がつきません。

確かに私もこれまで 暑くて気づくと布団を蹴りあげていることがありました。
それでも 明け方などは布団のぬくもりが心地よく感じていたし、ここまで蒸し暑い事もなかったし。
ちょっと暑いと感じる夜は、これまでは、ベッドから離れた窓を少しだけ開けて空気を入れるだけで大丈夫でした。

それがいきなりのこの蒸し暑さ

昨日はあまりの暑さに、夏の夜並みに窓を全開に開け放ちましたが、
そこから心地よい風は一向に吹いてこず。

昨日はさすがの暑さに我慢できず、レギンスを脱ぎ、湯たんぽを使わずに、分厚いカバーソックスの暖かさだけで寝ました。
が、あまりの暑さに、着ていたネグリジェを胸までめくりあげました(笑

でもそれでも寝苦しくて何度も何度も目が覚め、起きて水を飲みに行ったりしたのですが、
もう我慢できずとうとう・・・

裸で寝ました

こんなことしたの・・・人生で初めてです^^;
とにかくもう、薄い生地一枚ですら耐えられないほど暑かったので、思い切って脱ぎました。
身に付けていたのは パンツと靴下のみ。

絶対に見られたくない姿です

ただ、そのおかげで少しだけ涼しさを感じられるようになり、なんとか朝まで眠ることができましたが・・・

予報によるとこの蒸し暑さは今夜も続くのだとか。
こうしている今も、体中から汗が噴き出てきます。

大人はまだいいですが、子供は調整ができないでしょうから、親がしっかり管理してあげないといけないですね。
そして熱中症対策!!
今日は朝からしっかりと梅干しを食べさせました。
夏にはこれが一番安心です。

夏本番を前に 今からこんなだと先が思いやられますが・・・
先人の知恵をお借りしたり、自らの経験得た対策などで乗り越えて行きたいと思います

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. avatar じゅん より:

    こんにちは。
    寝苦しいですよね、毎日。

    私も同じような症状になったことあるのでわかります!
    私は半そでTシャツからキャミに着替えレギンスも絹一枚になりましたが寝付けず、
    お布団から出てひんやりしたリビングのソファーで絹毛布一枚だけ下半身に掛けて寝ましたw

    私は「これ多分ぼせだろうな…」と思ったんです。
    なぜかと言いますと、私より体温が高くて暑がりの旦那がすやすやと眠っていたからです。
    夫はきっと、体温調整がちゃんとできてるんだなとうらやましくなりました。

    夜暑いとき、保冷材(アイスノンのようなもの)を首や頭に当てると気持ちいですよ。
    息苦しいほどの暑さが当てた途端に「フーッ…」となります(笑)

    • avatar haco. より:

      寝苦しいですよね~。
      床に寝ると本当にひんやりして気持ちいいですが、
      「せっかく冷えとりをしていて体を冷やすなんて・・・」
      と罪悪感を感じたり^^;

      あぁでもじゅんさんがおっしゃる通り、のぼせているのかもしれませんね~。
      異常気象のせいばかりにしていましたが、バランスがとれていないのかもしれません。

      そう言えば昨日、片づけをしていたらアイスノンが出てきたんです!
      これは・・・
      「ボクを使って」
      ということなのかも!?

      早速冷やしておきます!
      じゅんさん、ありがとうございますw

  2. avatar みしみし より:

    「裸で寝ました」

    はっっ!とうとう冷えとりを・・・

    と思った次の瞬間、靴下は死守ということで!!
    やっぱりすごいです。。。

    • avatar haco. より:

      うふふふ~^^
      みしみしさん、どんなに暑くても、靴下は死守!!です(笑
      家族からしたら
      「それを脱げば涼しいのに・・・」
      と思っているでしょうねぇ^^;