右足だけ冷えを感じるのはナゼ?

右足だけ冷えを感じるのはナゼ?

気温も高くなったおかげもああってか、足の冷たさを全く感じない今日この頃。
足先に意識を集中させると、ぽかぽかと温かいのを感じるのがわかります。

冬場は 脱衣場で靴下を脱ぎ 爪先を触ると
「冷たくはない」
という感じ。

ところが今は、お風呂に入る前に触っても「熱い!」 と感じるほど(笑)
すごいです。

ただ、これほどまで温かさを感じるようになると、
逆に「冷えている時」 がよーくわかります。

私の場合、
「アレ? 冷えてるな」
と思うのが 必ず右足。

例えば、今もこうして椅子に腰かけてキーボードを叩いていますが、
左の足に重心をかけて座ってみても、冷えるのは右足。

圧迫されているはずの左足は、ポカポカとして気持ちいのに、
解放されている右足はジーンと冷たい。

もちろんこれはいつものことではなく、たまになのだけれども、
その「たまに」 が必ず右なのです。

調べてみたら、気になる記事を見つけました。

それは中国医学の先生のブログなのですが、その先生によると、

陰陽でいうと、
男性は「気」の陽、女性は「血」の陰。
そして男性は右側の脈が強く、女性は左側の脈が強い。

女性は左に問題がある場合、治るのが早い。右に問題があると治りが遅い。

・・・とありました。

そして、片方の足だけが冷たいと感じるには、
その原因のほとんどは 「コーヒー」 なのだとか!

ドキッ

これ、身に覚えがありますね~^^;
美味しいと感じなくても、習慣で飲んでしまう・・・
そういうことってないですか?

頭痛などもコーヒーをやめただけでなくなる方もいるそうで、
試しに何日間かやめてみるのもいいかも。

でも・・・
朝飲む一杯のコーヒーって、結構楽しみなのよね~^^;

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク