お風呂に入ると、あのめんげんが

以前にも書いた、
「この季節になると現れるめんげん」。

おととしの今頃に現れた、膝下の強い痒みのめんげんですが、
春を過ぎた頃には自然とおさまっていました。

そしてこの時期、またしても同じ痒みが現れたのには本当にビックリ
さらに、そっくり同じめんげんを経験している方もいらして、ちょっと嬉しくなったり

ただ、前回と違うところと言えば今回は、
「日中は全く痒くない」
という事。

前回は日中も痒くて痒くて仕方なかったのですが、
今回は、お風呂に入ると猛烈に痒くなります。

本当に、「猛烈」に^^;

最初は本を読みながら、痒くなってくると片方の足でバリバリ掻いているのですが、
(非常にお行儀が悪いです^^;)
そのうちもう、それじゃ全然物足りなくなり、本を持っている手を離し、
手でバリバリと掻きまくります。

こんな時のために(?)、手も足も爪を短くカットしてあるのですが、
やっぱりちょっとビクビクです。

なにせ前回は この掻き壊した傷によって、
「こんなに痛い思いをするならもう冷えとりをやめたい・・・」
とまで思ってしまったのですから。

ところが、です。

なぜか今回は、どんなに掻いても全く傷ができない!?
最初は恐る恐る、そのうち、跡が残るんじゃないかというくらい、強く力で掻きまくってます^^;

それでも不思議なことに、前回のような傷にならないのです。
前回は、そろ~っと掻いてもすぐに小さな傷になり、それがどんどん大きくなっていったのに・・・

ただ単に皮膚が強くなったのかなぁ

いずれにせよ、掻いても傷にならないのならこっちのもの(笑
毒よ溶け出せ~、毒よ出ろ~とばかりに、バリバリ掻いています。

乾燥した肌を掻くと、皮膚がぽろぽろとはがれおち、粉のように舞いますが、
お湯の中ならそんな心配もナシ!
その上傷にもならないのであれば、思う存分掻けます。

痒いところを思う存分掻くって、本当に気持ちいいですね~

これまで、いかに自分の心にブレーキがかかっていたのか、よくわかりました。

この調子でこれから春先まで、
毎日毒を出して行きますよ~

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク