冷え取り健康法、 嘘みたいなホントの話

冷えとり健康法の体験談や本などを読んでいると、
「え~っ!! 嘘でしょ?」
と思うような話が紹介されていることがあります。

例えば・・・お医者さんが見放したような病気が治ったとか・・・?

実際にそういうこともあるようですし、私はそれを否定するつもりは全くありません。
が、そういう部分が、
「冷えとりってなんか・・・胡散臭い」
と思われる部分でもあったりしますよね^^;

昨日もたまたま、こんな一節を見つけました。

笑顔は体温を上げる

ん?笑顔が、ですか?
それで体温が上がったら・・・私のこれまでの苦労は?(笑

ところがこれ、まんざらでもないみたいなのですよね~

体温の高い人、低い人には、それぞれ特徴があるようです。
まず、平熱の高い人には、笑顔の人、温厚な人、プラス思考の人、活発な人…などが多いようです。
次に、平熱の低い人には、暗い人、冷たい人、マイナス思考の人、無気力な人などが多いといいます。

体温を上げたいなら、笑顔を作って見ましょう。そうすることで、何事もやる気がみなぎり、体温が上がる…はず。

うん、ちょっと納得?
自分や周りの人に当てはめてみると、一概には言えませんが、そういう傾向はあるような気が・・・します

あ、私はもちろん 「暗い人=平熱の低い人」です(笑

先日のブログにも書いたことですが、
「ねばならない」という気持ちが冷えを作るというのは、体験的にわかっています。

それをちょっと目先を変えてみたことが、この「平熱の高い人・低い人」にも言える気がします。

くよくよ思い悩まずに、パ~ッと気分転換に散歩でもすれば、体力的にも熱量が増すでしょうし、
外の空気や自然に触れたことで精神的な安定にもつながります。

それによって、くよくよ悩まなくなり、プラス思考になり、気がつけば笑顔で過ごす時間が増えていく、
そんなことの積み重ねが結果的に平熱を上げる原因の一つになるかも? しれませんね。

長い期間は必要そうですが^^;

プラス思考やマイナス思考が、直接的に平熱の高い低いに影響があるのかどうか、医学的見地からみてどうなのかはわかりませんが、
くよくよしているよりも、前向きに明るくとらえられた方が自分も楽ですよね。

それだけでも、笑顔でいる意味はあると思います。

年々下がりつつ口角をあげるためにも・・・(笑
気付いたら笑顔! を心がけたいと思います

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. avatar その子 より:

    はじめまして、その子と言います。

    笑顔が体温をあげるのは知りませんでしたー。
    ガンとかにも良いんですよね。

    笑って過ごせるようにしたいです。

    • avatar haco. より:

      その子さん、初めまして~^^

      笑うって大切ですよね。
      冷えとりだけでなく、その子さんのおっしゃる通り、病気治しにも効果があるようですし。

      笑って過ごして冷えを取るのが先か、
      冷えがとれるから笑って過ごせるのか?

      どちらが先かわかりませんが^^;

      いつも笑って、楽しく過ごしたいですよね。

  2. avatar toke_mayu より:

    こんにちは~

    最近、基礎体温を付け始めたのですが、

    ・・・低いです

    低くなった、とでもいいましょうか
    (たまたまかも、ですが)

    体調不良もあったのですが、見知らぬ土地で、
    ほとんど一日中家にいて、誰とも話をしない状態にあるので、
    下がったのかも?と思いました
    (記事読ませ頂いて)

    あまり話をしないと、実際人と会ったとき、
    話って出来にくいんですよね
    単語が出てこなかったり、どもったり・・・

    病は気から

    そうですね、心も温まらないと体も温まらないのですね

    • avatar haco. より:

      ブログを読ませていただきました。
      慣れない土地での不安、さぞかし心細いでしょうね。
      冷えを作る要素は十分あるかと思います。

      でも・・・近くにある新宿御苑、素敵じゃないですか^^
      それに、どこにでも歩いて行くうちに、筋肉がついて基礎代謝が上がりそう!?

      辛いこともたくさんあるでしょうが、新緑の新宿御苑が何かを教えてくれるかもしれませんよw