喉が乾いたらレモン炭酸水で水分とビタミンを補給


ビールやチューハイを飲む代わりに、シュワッとしたものとして炭酸水をよく飲んでいます。炭酸水を飲んでいるとよくわかるのが、
「なんだ、私はお酒が飲みたいのではなくて、シュワッとしたのど越しが楽しみたかっただけだったんだ」
ということ。

ここに気づくまでずいぶんと長い月日がかかってしまいました^^;

スポンサーリンク

汗で失われるビタミンをレモン炭酸水で

これまではずっと、普通の炭酸水を飲んでいました。ドライブ途中に寄ったコンビニで、味のついていない炭酸水を飲んだり、時には炭酸の強いウィルキンソンを楽しんだり。

ところがある時、「南アルプスの天然水スパークリング」を飲んで、その美味しさに開眼!

なんといえばいいのでしょう、元々のお水の味が自分に合っていたようで、飲んでいても
「本当に美味しい」
と思える炭酸水です。

これまで買ってきた炭酸水は、言ってしまえば
「炭酸が効いている」
と言うだけのものでしたが、南アルプス天然水スパークリングは水が柔らかく、炭酸なのに体にスーッと入っていく感じ。味もなんとなく丸くて無味の中にも甘味を感じるような、そういう炭酸水です。

これは単品だけ飲んでいるとわかりにくいですが、他のものと飲み比べるとその違いがよくわかります。
これを知って以来、スーパーへ買い物に行くたびに2本、3本と買って帰ってきていたのですが、今では箱買いです(笑)
私は喉が渇いた時やお風呂上がり・チューハイ代わりに、旦那さんは焼酎を割って、子供は梅エキスやカルピスを割って飲んでいるから、箱買いしてもあっという間になくなるほど。

そして、普通のものも十分美味しいですが、レモンフレーバーも香料臭くなくてとっても美味しい♪

さまざまなレモンフレーバーの炭酸水を試してみましたが、サントリーのレモンが一番美味しいと感じました。
そして私が飲んだ限りのレモンフレーバーの中で、唯一の果汁入り。しかも有機果汁使用という、嬉しいおまけつき♪
これでビタミンCを補おう・・・とは思いませんが、これだけ毎日暑いと、本物のレモンの香りが本当に美味しく感じます。

そして、少し前に今話題の新調味料・レモン塩を作った時に、レモンの香りがキッチンいっぱいに広がり、癒されたのなんのって。柑橘系の香りには、リラックスさせる効果もありますものね。

それでふと、
「いつも飲んでいる炭酸水に、レモンをひと絞りして飲んだら、それこそビタミンCが摂取できるじゃない♪」
と気づいたのです。

そこでレモンをくし形に切りタッパーウェアに入れておき、いつでもレモン果汁を使えるようにしておいたところ、気軽にレモンを使えるようになり、
「これまでにここまでレモン果汁を摂取したことがあるだろうか?」
と言うほど、こまめにレモン果汁を飲むようになったのです。

やはり、「手軽に使える」って重要ですね^^

しかも、最近私が気を付けている鉄分補給は、ビタミンCと一緒に摂ると吸収率がアップするそう。特に非ヘム鉄の植物性の鉄分は、普通に食べると吸収率が悪いけれど、ビタミンCと一緒に摂ることで、吸収率はググッと上がるのだそうですよ。

それにカットして置いておくと、炭酸水に絞るだけでなく、料理にも手軽に使えるようになりました。
揚げ物に添えるのはもちろん、あえ物やサラダに入れたり、酢の代わりに酸味の調味料としても使えます。カットすると途端に変色してしまうリンゴやアボカドにたっぷりレモン果汁をまぶしたところ、何時間経っても変色しなかったのには感動しました。

これまでもそういたことはあったけれど、あまり効果がないなぁと感じていたのは、もったいぶって(笑)ちょっとしかかけなかったからのようで、
レモン一個を8等分したものの一辺をたっぷりとかけたところ、まったく変色せず、アボカドはきれいな緑色を保ったままでした(^o^)丿

そしてなにより、レモン果汁をまぶしたリンゴの美味しさにはさらに感動!変色を防ぐ・・・というよりは、「リンゴとレモン果汁のあえ物」と言った方がいいほどかけたのですが、レモンの酸っぱさがリンゴの甘味で緩和され、まるで新しいフルーツのような美味しさ♪
これはしばらくハマりそうな予感Ww

こういうことは皆普通にやってきたことなのかもしれませんが、私はどうもビタミン・ミネラルなどの栄養素に関して意識が低かったようです。
あ、女子だったら当たり前のようにしてきたことをしてこなかった、という感じ?^^;

そして、玄米食等に傾倒したあまり、ローフードを嫌う傾向がありました。体を冷やす!という気持ちがとても強かったのです。
あまり摂り過ぎれば体を冷やすし、かといってとらなければ微量の栄養素ではあっても確実に体調は変化する・・・

食べ物って面白いし怖い!
そう思うと、家族の健康を預かるものとして、簡単に流行のダイエットに流されてはいけないし、バランスのいい献立作りをしなければ・・・と思いますね。

とはいえ、食は楽しみでもあるもの。あまり頭をカチカチにせず、ゆる~く楽しむようにしたいですね。

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク