くるぶしの痒みのめんげんがとうとう・・・

シェアする

おととしもこの時期に始まった 「足の痒み」というめんげん。

以前のブログにも書きましたが、
同じように、「この季節にいつもこのめんげんが出る」と書いていらっしゃる方もいたので、
ちょっと安心してたりして。

前回同様、膝下が痒くて痒くてたまらず、
前回はそれを掻き過ぎて掻き壊してしまったわけですが、
なぜか今回はいくら掻いてもひどいことにならず。

最初は恐る恐る掻いていましたが、
今ではもう、ぼりぼりと、そりゃもう激しく痒みが治まるまで掻いていました。

お風呂に浸かるとその痒みが増すので、
左足の爪で右足を掻き、右足で左足を掻き・・・と、
読書をしつつ半身浴をしながら、お湯の中では気持ちよく掻きまくっていました。

それがいつの頃だったでしょうか・・・
膝下全体の痒みが、いつしか 「くるぶし付近の痒み」に変わってきました。

最初は、膝下全体が痒い + くるぶしもさらに痒い、という感じだったのが、
今では 「くるぶしオンリー」になり。

平らな部分ではないだけに、掻く角度が結構大変で、
逆の足の爪で掻く・・・というわけにはいかなくなり、
最近では半身浴中の読書をやめ、両手でくるぶしを掻いて過ごすことが多くなったほど。

そして・・・・
とうとう「傷」ができてしまいました・・・

あれだけ強く掻いたにも関わらず、これっぽっちも傷つかなかった膝下にに対し、
くるぶしはあっという間にひっかき傷が

場所は外側のくるぶしの下あたり。両足です。
なかでも左足のくるぶしがひどく、靴下を脱ぐたびに、「ぺりっ」

これが毎回、ドキドキの種となっております・・・

これ以上ひどくならないことを願いつつ、
「毒よ出ていけ~」
と都合のいいことを考えているという

以前にも書いたかと思いますが、
出産のような痛みには耐えられたのに対し、こういった切り傷程度のもので大騒ぎしてしまいます^^;

痛みに強いのだか弱いのだか(苦笑

前回ほどひどく深い傷にはならなそうなので少し安心ですが、
次から次にまぁ、いろいろなめんげんが出てくるものですね

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. avatar じゅんこ より:

    こんにちは
    いつも楽しく拝見させて頂いております。

    くるぶしの下って、「子宮」のツボらしいので、いい毒が出ているかもですね~!
    ついこの間、知ったのですが、人によっては、軽くマッサージするだけで、
    めっちゃ痛い、激痛の場所らしいですよ。(その方は、子宮内膜症でした)

    わたしも、とうとう脚のすねに、かゆみが出てきました。もう、ガッツポーズです。
    すごいですね~脚。全然治らない(笑)
    毎日、血と体液がたっぷり出てくれて、本当に嬉しいです。
    あて布しても、汁が突き抜けてきて、とってもいい感じです。

    • avatar haco. より:

      じゅんこさん、いつもありがとうございますw

      えぇっ! そうなんですか!?
      子宮かぁ・・・思い当たる節が^^;
      だから納得です!!

      きっと毒が出てますねw
      そして、昨年は出せなかったのに、今年は出せたってことですよね^^
      嬉しい!進歩してるわ~♪

      すねに出ましたか~!
      脅すわけではありませんが、もうしばらく続くと思いますよ~。
      でもピタッと終わると思うのでご安心を♪
      それまで一緒に出しましょう!!