冷えとりと怖い夢

シェアする

◆ 冷えとりと怖い夢

久しぶりに、怖い夢を見ました。
とてもとても、怖い夢。

夜中に目が覚めて、あまりに怖くて細部までリアルで、ストーリーがとても具体的で、
それらを鮮明に覚えていたので、恐ろしくて目が開けられなかったほど。

これまでも怖い夢を度々見ることはありましたが、
今回ほどの「大物」 は早々なかったなぁ・・・

たいがい、夕食にお肉を食べた時(それも牛肉をしっかりと)の晩に怖い夢を見ることが多かったのですが、
前日はお肉を食べていなかったし・・・

食べ物との関連性が見当たらなかったので、冷えとり的見地から怖い夢について考えてみました。

これはいくつか思いつくことがあります。

最近、忙しいのと 家族がお風呂に入る時間の関係で、
シャワーで済ませてしまうことがたびたびあり・・・

ほんの少しでもいいから、湯船に浸かろうと思うのですが、
眠くて疲れ切っていて、一秒でも早く布団に入りたいという欲求の方が強く。

そんなことが何度か続いた上、怖い夢を見たその夜は、
なんと靴下を重ね履きするのすら体がだるくて億劫になり、
絹の五本指靴下だけを履いて寝たのでした。

これが・・・関係あるのでしょうか?

特に足の冷たさも感じなかったし、
布団に入って、まさに「バタンキュー」と寝てしまい、オットが帰宅したのも全く気付かないほど爆睡していたのです。
普段から眠りが浅く、ちょっとした物音ですぐに目が覚めてしまうのに。

冷えと怖い夢って、何か関係があるのかと、興味本位で調べてみたところ、
気になる記述を見つけました。

・腎は恐怖と共鳴する
対人、潔癖、高所、スピード、暗闇…「○○恐怖症」であるひとは腎が弱い。
怖い夢を見て起きるのは、腎が弱っているとき。
怖い映画なども腎を弱らせる原因に。
腎が弱いと、消極的・決断力がない、人に決めてもらうのが好きな傾向に。

これ・・・怖い夢に限らず、まさに私がこれ。
恐怖症とまでいかないにしても、人と会うことに極端に緊張したり、
判断力がなく、いつも人にまかせるし。

腎は恐怖と共鳴する。

怖い夢は 「腎からの便り」 だったのでしょうか?

半身浴は「忙しいからできない」 ではなく、
「時間を見つけて作る」 ものなのかもしれないなぁ。

あんなに怖い夢、もう見たくないので、しっかり半身浴します・・・

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. avatar たじっこ より:

    こんばんは♪
    怖い映画、昔は好きでよく見てましたー!
    ホラーとかね。
    でも最近は見たくない~(>__<)
    すごく参考になりました♪

    • avatar haco. より:

      たじっこさん、お返事が遅くなってすいませんでした。

      ホラー映画、お好きだったのですね。
      最近は見たくないと思うのは、冷えとりの影響もあるのかしら・・・?

      冷えとりで心が穏やかになると、刺激を求めなくなるのかもしれませんね。
      私は・・・辛いものが大好きだけど^^;

  2. avatar みしみし より:

    ・腎は恐怖と共鳴する
    対人、潔癖、高所、スピード、暗闇…「○○恐怖症」であるひとは腎が弱い。
    怖い夢を見て起きるのは、腎が弱っているとき。
    怖い映画なども腎を弱らせる原因に。
    腎が弱いと、消極的・決断力がない、人に決めてもらうのが好きな傾向に。

    これ、すごく面白かったんですが
    どうやって検索したら出てくるのですかw
    他のも知りたくて。

    • avatar haco. より:

      みしみしさん、お返事が遅くなってごめんなさいね。

      すごく興味深いでしょ?
      是非リンクを貼りたいところなのですが、相手の方に承諾を得ていないので、
      「腎は恐怖と共鳴する」
      と検索してみてください。

      「望診法講座」というものの中でのお話だそうですよw

  3. avatar みしみし より:

    ありがとうございましたw
    さっそく見てきました!

    すごい・・・
    私そのものかも・・・とちょっと思いました。
    漢方内科でも、先生に、もともと腎が弱いんちゃうか?と言われていて。

    ミミタブもないです(爆
    たぶたぶしてないです。
    顔の輪郭にそのまま吸収されているというか。

    ちなみに、そこに書いてあった岡部賢二さん
    という人の本が図書館にあるみたいなので
    のちほど借りてみようかと。
    あと、似たようなテーマで
    三木成夫という人の本も見つけたんですけど
    「内蔵のはたらきと子どものこころ 」っていうやつです。

    最近、内臓の健康がテーマになりました(笑

    • avatar haco. より:

      おぉ、みしみしさん、大当たりでしたねw
      この「望診法講座」ですが、とても興味深いです。
      マクロビオティックも関連しているようなので、
      きっと今後も縁があると思われます♪

      内臓、綺麗にしたいですね。
      見えない部分にも気を使わないと!?