心の毒は体の4900倍!!

ここ一週間、首のかぶれに翻弄されていましたが、
先が見えた今、やっと元の生活に戻れたような気がします

さて、そんな先が見えない真っ最中だった頃、
何度か怖い夢を見ました・・・

以前にも書きましたが、
冷えとりをする前から、定期的に(?)怖い夢を見ていました。

たいがい、
「扉(窓・ドア)を閉めようとした瞬間、あちら側から強い力で引っ張られる」
というもの。

要するに、
玄関のドアを閉めようとしたら、閉まる瞬間にがっと向こう側から引っ張られるとか、
窓を閉めようとして、あと2センチで閉まるという時に外側からがっと開けられるとか。

これ・・・夢判断したら何か診断が下されそうですね

とにかく怖くて怖くて、
目が覚めた時には涙が頬を伝っていたなんてことはしょっちゅう。
時には 「キャーッ!!」 と声をあげてしまい、主人を夜中に驚かせたことも数回

以前は食事療法や玄米菜食に傾倒していて、
「肉を食べた時に怖い夢を見ることがある」
と聞いていたのですが、
確かに、焼き肉をガツンと食べた夜(しかも必ず牛肉)に怖い夢を見ることもあれば、
特に食生活に思い当たるふしもなく怖い夢を見ることもあり。

ところが冷えとりを始めると、怖い夢を見ることが全くなくなったのです。

一度だけ、冷えとりを始めてから怖い夢を見たことがあるのですが、
こちらのブログにも書いた通り 、思い当たることがありました。

その時に、怖い夢と腎臓の関係について初めて知りました。

・腎は恐怖と共鳴する
対人、潔癖、高所、スピード、暗闇…「○○恐怖症」であるひとは腎が弱い。
怖い夢を見て起きるのは、腎が弱っているとき。
怖い映画なども腎を弱らせる原因に。

腎が弱いと、消極的・決断力がない、人に決めてもらうのが好きな傾向に。

あぁ、「決断力がない」「人に決めてもらうのが好き」って・・・
自分では 「自我を消し、周囲とうまく調和している」 ぐらいに思っていましたが・・・

ついでに、怖い夢とは関係ないですが 841さんの「めんげん辞典」 を読み返してみたところ、
心の毒は体の4900倍
とありました

ひえ~・・・

今回の首のかぶれは、
体の冷えよりも、心の毒(くよくよ悩む)で爆発したのかも・・・

悩みや苦しみって、心を冷やしますということ、
身をもって知りました。

ここのところ外気の温度も下がり、
半身浴をしていても、お湯がぬるく感じることが多くなりました。

いよいよ、秋も終わりに近づき、冬に変わっていくのですね。
そろそろ半身浴の設定温度も 「冬支度」 しなければなりませんねw

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. avatar 匿名 より:

    こんにちは。
    いつも楽しくブログ拝見させていただいてます。

    首のめんげんで翻弄されてるようなので、僭越ながらコメントさせていただきます。
    私のコメントで傷つきませんように…。

    確か、冷えとりをはじめて、1年くらいっていつかのブログで書かれてあったような?
    ようやく、めんげんが出る準備が、体の方で整ったため、首に湿疹が出てきたのではないでしょうか?

    めんげんは、数日前の食べ過ぎなど、最近関係あるものもでますが、何年も前に対する、体の奥の毒が出る事もあります。
    なので、憶測されても、たぶんわからないと思うので、一喜一憂なさらないように。

    後、気になったのが、住んでる都道府県にもよりますが、秋に入っても半袖で快適という記事がありました。
    えっ?まだ半袖なの?大丈夫?と思ったものです。
    冷えとりもブログの題名から、ゆるゆるとあるので、まだ早いのではと。

    涼しくなって、半袖でいるのは、何年も冷えとりをして、身体が出来上がった人でないと、出来ないと、どこかで読んだ事があります。
    人間の体の細胞は約7年で全て生まれ変わるそうです。
    事実、進藤幸恵さんが冷えとりはじめて7年?経って、ものすごいめんげんが出はじめたというのは、有名な話です。
    たぶん、ようやくめんげんに耐えれる体になり、めんげんが出たのだと思います。

    冷えとりは、その人に耐えられないめんげんは出ないそうです。
    なので、めんげんでちゃったーという位の気持ちと感謝の気持ちで。

    偉そうなコメントに取れたら、ゴメンなさいね。

    • avatar haco. より:

      匿名さん、コメントをありがとうございます。
      そして優しいお気遣い、本当にありがとうございます。

      >めんげんが出る準備が、体の方で整ったため、首に湿疹が出てきたのではないでしょうか
      そう言っていただけると嬉しいですね。
      確かに進藤幸恵さんでさえ7年かかったのですよね。
      その第一歩としてのめんげんであれば、喜んで受け止めなければいけませんね。
      ・・・とはいえ、真っ只中にいた時はとてもそう思えなかったのですが・・・^^;

      また
      >憶測されても、たぶんわからないと思うので、一喜一憂なさらないように
      あぁ、これもその通りですね。
      最初は「ゆるゆる」で過ごしていたのに、
      そのうちついつい、一つの出来事に流されやすくなったように思います。

      少し前に寒気を感じ、風邪をひきそうだった時に長袖にして以来、
      今はもう半袖ではないのですが、
      時々、
      「まだまだだな・・・」
      と自分を情けなく思うことがあります。

      でも、まだまだで当然ですよね^^;
      まだ冷えとりを始めて一年ですものねw

      首のかぶれが出て何週間か、
      かなり心が冷えていたと思います。
      寝ても覚めてもこのことしか考えられなかったので・・・
      「出てくれたことへの感謝」
      なんて、その時には思えませんでしたが、
      こうして治りかけた今ならそう思えます。
      ちょっと遅すぎですが^^;

      悩んでも答えは出ない、
      だから一喜一憂せずに感謝の気持ちで。

      これ、今後の課題になりそうです。

      匿名さん、気づかせていただいてありがとうございます。
      優しいお気持ち、今の私にはしかと届きました。
      感謝!ですw