子宮筋腫になったらどんな冷えとりをする?

昨日、若杉ばあちゃんの 「子宮を温める健康法」 という本に触れましたが、
子宮筋腫に悩まれて冷えとり健康法にたどり着いた方も多いのでしょうね。

以前、冷えとりショップの841店長が、こんなことをブログに書いてらっしゃいました。

・靴下15~20枚
・24時間半身浴
・とにかく少食
・湯たんぽ6個
・ひたすら感謝、笑顔

子宮筋腫は食べ過ぎの毒出しなのでとにかく少食。
食事制限でギチギチは良くないですが、重篤な症状がある場合はしばらくしっかりやった方が良いと思います。
私なら無理ない程度で絶食するかも。
【参照元】もし自分が子宮筋腫になったらどんな冷えとりする?

簡単そうですが、なかなか決意が必要なことだと思います。
ただ、もし私がそうなったら・・・
やはり841さんがおっしゃったことをそっくり実践すると思います。

ガッツリ冷えとりが大変そう・・・というよりも、
手術を回避する希望があるなら何の迷いもなく冷えとりを選択する、という感じです。
(もちろんその時のケースバイケースだと思っています。医療の手にゆだねるべきだと思えばそちらを選択します)

進藤先生の共著・「これが本当の「冷えとり」手引書」にも事例があります。

赤ん坊の頭より大きな子宮筋腫ができた女性がいて、手術をしなさいと言われた時に冷えとりを教えられたそうです。始めたとたん大出血があり、介護用紙おむつでもあふれるくらいだった。ところがこの女性は、「子宮筋腫の毒が溶けて出ていく、これはいいことだ」と思って続けたのです。4・5日すると筋腫は小さくなり、出血は15日でピタッと止まりました

これは賛否両論がありそうですが、進藤先生に言わせると
「それは当たり前」
だそう。

逆にそういかないのは冷えとりのやり方が悪いのだと本書の中に書かれています。

さきほどの841さんのブログのコメントにもありますが、
「筋腫は食事よ、食事。筋腫っていわれてるけど、あれは脂肪のかたまりですから」
という一文、重みがあります。

まさにそうだと思います。
乳癌だって、食べ物が西洋化されてから日本人にも多くなってきたというし。

若杉ばあちゃんが推奨する食生活の真逆にありますね。

そして841店長がやることの中に気になる一言が。
それは
「ひたすら感謝、笑顔」。

やはり、ここなんですよね。

私もつい先日、心の冷えが体の冷えを作るという事を身をもって知りました。
そしてそれがどんなにか根深い冷えなのかという事もよくわかりました。

いろいろなストレスが重なり、心配事が冷え、
心に溜まっているとそれが体の冷えの原因となり、その冷えが病気を招く・・・

あながち大きく間違っていない気がします。

そしてやはり、ここでも「小食」 が出てきましたね^^;
食べ物は食べ方や量によって、薬にもなるし毒にもなるということでしょうか。

進藤先生に言わせれば、私が冷えとりを始めても食欲が治まらないのは
「やり方が間違っている」
のかもしれません

それにしても久しぶりに841店長の記事を読み返してみて、
喝を入れられた気分です。

私も「ゆるゆる冷えとり~^^」 なんて悠長なことは言わず、
ガツガツ冷えとりしようかしら(笑

なぜなら・・・
「ピンピンコロリ」
を目指しているので (笑

そのためにも、若杉ばあちゃんお教えや、進藤先生に時々カツを入れてもらうことにします♪

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. avatar maca より:

    haco.さん、こんにちは。

    小食のキーワード・・・私も耳が痛いです。

    先日、進藤先生の本を買って読みましたが、「つい食べてしまうという人がいるが、つい生きていると同じことで、つい生きるなんて生き方をして欲しくない」といった一節(文面かなり違うと思いますが、私にはこう伝わってきました)があり、凹みました。

    ですが、やっぱりつい食べちゃうんです・・・なんて私は強欲なんだろうと。

    冷えとり始めて本やネットから、「こころの冷え」もあるということにもびっくりしつつ、この健康法は、いき方を教えてくれているのかもしれないなーと思うようになっています。

    haco.さんのいう「ぴんぴんコロリ」を私も目指しています・笑。

    そうそう、haco.さんのブログきっかけで、布ナプに興味を持ち、とりあえずおりものライナーから始めています。気持ちいいですね!
    きっかけをありがとうございます。
    (布ナプは・・・ちょっと勇気がいるかも。会社で・・・とかいろいろ考えると、躊躇しちゃってます)

    • avatar haco. より:

      macaさんもそうでしたか~^^;
      いろいろなことは我慢出来たりするのですが、
      こと食欲に関してはなかなか難しいですね~。

      私も「食べ方は生き方」という言葉を聞いた時、恥ずかしい気持ちになりました。
      そういう食べ方(生き方)、したいなぁ・・・

      このブログがきっかけで布ナプキンに興味を持っていただけて嬉しいです!
      それこそ私が目指していたことなのでw
      おりものライナーから始めるのは一番いいかもしれませんね。
      生理中に会社で使うのは、慣れて来てからの方が安心だと思います。
      一番大事なのは「気持ち」なので、おっかなびっくり布ナプキンを使うのは精神的によくないかと思うんです。
      これでこの気持ちよさをもっと!!と思ったらもう一歩先に進むのもいいですねw

      理想的な布ナプの入り方をされましたねw

  2. avatar 冷えとり初心者 より:

    子宮筋腫があります。
    10年ほど前に手術しましたが、複数再発しています。
    今はまだ経過観察中です。
    冷えとりを昨年秋から始めてまだ数か月ですが冷えとりで少しでも改善したら…
    と思っています。

    この記事の中で「24時間半身浴」とありますが、自分にはとても無理です。
    以前にヤヨイのブログでこの記事を見た時も「無理…」と悩みましたが、
    今回も同じ思いです。
    子供もいますし仕事もあるので、一番多くて2時間が限界です。
    朝、晩と分けても3時間でしょう。

    私がまだまだ初心者なのでこんな風に思ってしまうのでしょうか。
    工夫をすれば、可能なことなのでしょうか?
    仕事中は箱に入れた湯たんぽに足を乗せて温めるなどの工夫は自分なりにしています。

    • avatar haco. より:

      冷えとり初心者さん、コメントをありがとうございます。
      今現在も子宮筋腫で頑張ってらっしゃるのですね。

      もし私の書いたことが軽率で、気分を害してしまっていたなら申し訳ありません。
      ちょっと賛否両論がありそうな書き方をしてしまったかもしれませんね。

      私は今のところ子宮筋腫の傾向はないので、あくまでも
      「もしなったら」
      と想像してみました。
      とはいえ、うまく想像がつかないので841さんの言葉もお借りしました。

      私は仕事をしていないで一日家にいられるので、大げさに言えば24時間お風呂に入りっぱなしも可能だと思います。
      出来るかできないかはまた別としてですが・・・・

      過去の経験ですが、「こうするといい」という助言を素直にやり通した経験もあり、
      切羽詰まっていれば自分ならやりかねないだろうなぁということもあります。

      それよりももしかしたら、あっさりと医療の手にゆだねてしまうかもしれないし。
      結局、その時になってみないとわからない・・・ということかもしれませんね。

      実は私は、841さんがおっしゃった中で一番重要だと思っているのが
      「笑顔でいること。感謝をすること」
      だと思うのです。

      なんだか宗教チックかもしれませんが^^;

      でも今年の始め、精神的にどん底に落ちた時、
      結局自分を救えたのは気持ちの切り替えだったんです。
      長時間半身浴しようが、靴下を何枚重ねようが、
      もちろんそれらも助けになったとは思いますが、決定的に変わったのは自分の気持ち、心だったなぁと。

      かといってそれで実際に起こっている病気が治るとは言えませんが、
      心の落ち込みやマイナスな考えは、本当に体を冷やすと身をもって知ったのです。

      私もまだまだ初心者ですし、実際に子宮筋腫を経験したわけでもないので言葉に重みはないかとは思いますが、
      結果的に手術をするかしないかは別として、
      今やれていることを肯定してみてはいかがでしょうか。

      だって、お子さんがいらっしゃるのに2時間も半身浴できるなんてすごいです!
      私だってなかなかやれません。
      お仕事中に湯たんぽを使っているのだってすごいです。

      私から見たら、十分頑張ってらっしゃると思いますよ。

      もし経過観察中なのであれば、是非自分を認めてあげて欲しいです。
      本当によくやってらっしゃいます。
      楽しんで冷えとりを続けてみてはいかがでしょうか。

      生意気なことを言って申し訳ありません。
      冷えとり初心者さんがよい方向に向かわれることをお祈りしております。

  3. avatar toke_mayu より:

    こんばんは~

    私も、目指すは、ぴんぴんころり、です(^^)

    • avatar haco. より:

      わお~!
      toke_mayuさんも目指しているのですねw

      自分も楽だし、周囲にも迷惑をかけないで済みそうですものねw

  4. avatar 冷えとり初心者 より:

    丁寧なお返事ありがとうございます。
    私のコメントはキツイ言い方になってしまってますね。
    あらためて読んで反省してます。
    自分が患っている病のことだったので、つい冷静でなくなっていました。

    多分、私と管理人さんとは子宮筋腫に対する認識が違うと思います。
    私は妊娠でトラブルがあったので手術をしましたが、
    筋腫発見、即手術!ということはごく稀で、たいていが気長に経過観察だと思います。
    定期的に健康診断を受けていれば、発見時にかなり大きくなってるということは
    ないと思います。
    たとえ大きくても、痛みがある、貧血がひどいなどがなければすぐに切ることはないでしょう。
    筋腫といえども摘出して検査してみたら悪性だった…ということがゼロではないらしいですが、
    まず命に別状はないと判断されて、MRI検査や手術もかなりの順番待ちだったりします。
    やはり悪性の方が優先されるようです(私のかかった病院ではそうでした)。

    冷えとりと強化して短期決戦でやっつけれたら一番いいですが、
    筋腫との付き合いは長期戦になると思います。
    なので「24時間半身浴」という極端に思える書き方に反応してしまいました。
    とはいえ、半身浴が良いことはわかっているので、自分もできる限り実践していきたいと思っています。

    10年前の私は冷えとりもしていなかったので、手術後3か月でもう再発していました。
    ところが、出産後の授乳時期だけはその再発した筋腫がエコーで確認できないほどに
    小さくなっていたんです。
    二人出産して二人に授乳しましたが、どちらの時もです。
    そういうケースは多いそうです。
    お医者さんに聞くと「ホルモンのバランスが…」みたいなことを言ってました。
    詳しいことはわかりませんが、授乳期はたいへん痩せてしまっていました。
    それが良かったと思うと「とにかく小食」は効き目あると思います。

    管理人さんの言われるように「冷えとり」を楽しみつつ気長にやっていきますね。

    • avatar haco. より:

      冷えとり初心者さん、キツイ言い方だなんてそんなそんな!
      それにしても子宮筋腫にまつわるいろいろなこと(経過観察・手術・順番待ち等)、
      いろいろ勉強になりました。

      私自身も私の周りにも、子宮筋腫になった方が少なくて、
      詳しい事はネットで調べた程度の情報しか知りませんでした。

      唯一、ご近所の方が出産後に手術をされ、
      その後二人目を妊娠して、その時にまた筋腫が出来ていた・・・という話を聞いたのですが、
      「あれからどうした?」
      と聞くわけにも行かないのでどうなったのかはわかりません。
      ただその時に、
      「あぁ、筋腫って、切ってもまたなる場合もあるのだなぁ」
      と初めて知りました。

      よく、年齢によって閉経まで待つとか、閉経状態にさせて筋腫を小さくするとか聞きますが、
      やはりホルモンバランスに大きく左右されるのですね。

      小食というキーワードは私も耳が痛いです^^;
      でも昔から言われていることなので、それにはちゃんと理由があるのでしょうね。

      小食したり冷えとりをしたり、
      楽しみながら続けているうちに、気になることがいつの間にかなくなっていた・・・
      な~んてなれたら理想的ですねw