体の痒みはめんげん?それとも加齢によるもの?

昨日(9月25日)の NHK「あさイチ!」 にて、気になる話題がありました。

【40~50代に人気!敏感肌用下着】
40代から50代の女性を対象にした、敏感肌用の下着が人気を集めている。
レースなど肌に当たってかぶれてしまう部分を極力排したシンプルなデザインで、やや効果にもかかわらず人気が強いのだという。
皮膚科医の吉木伸子によると、40代になると女性ホルモンが減り、肌を守るコラーゲンや水分が減少するため、肌が敏感になる傾向にあるのだという。

敏感肌用下着に関してスタジオでトーク。
肌が敏感になる理由が女性ホルモンの現象だと知らない女性もいて、皮膚科医から理由を告げられショックを受けている女性も多いと話した。

肌の痒み。
それはまさに、私も夏からずっと続いていること。

私はこれまで
「冷えとりで出ためんげん」
と解釈してきましたが・・・

え? これって加齢による肌の変化なの

番組の中でも皮膚科医の話として、
「更年期に出やすい症状として、汗が出るというのは皆さんご存じでも、敏感肌になるというのを知っている人は少ない」
とおしゃっていました。

まさに、私も初めて聞くことでした。

更年期と言えばホットフラッシュ・倦怠感・気分の浮き沈み、そして閉経などは知っていましたが、
肌が敏感肌になるとは・・・
ちょっと驚きました。

そしてそれらは全て 「女性ホルモンが関係している」とのこと。
先生もおっしゃっていたことで印象的だったのが、
「誰でもみな順番になっていくことです。 自分がそうなっても悲しむことはありません。順番が来たと思えばいいのです」
ということ。

これ・・・よーく覚えておこうと思います
きっとこの言葉を覚えているか覚えていないかで、実際にさまざまな変化が起こった時の受け止め方が違うと思います。

そして、肌に変化が起こってきたら、
肌は 手で泡立てた石鹸で洗い、タオル洗いは一週間に一度程度 でいいのだそう。
それから、お風呂上りに 尿素入りのクリームで補えばいいそうですよ。

起きたことをマイナスに捉えずに、「足りなかったら補う」という捉え方はいいですね
ゲストコメンテーターの室井佑月さんも、
「コラーゲンが減ったら摂ればいいのよ」
と、心強いコメントをされていました。

と、ここで自分の話に戻りますが、
そうなると私の体の痒み、めんげんではなくて年齢による肌質の変化

いやいやいや^^;
そう捉えたら元も子もない

ここはせっかく冷えとり生活3年目に突入するわけですから、
「冷えとりによるめんげん」
と思っていた方が、今後のモチベーションも上がるかな(笑

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. avatar とっくり より:

    こんにちは。

    「女性ホルモンの低下」が「めんげん」なんだっていうとらえ方もありなんじゃないかと思いました。都合よすぎでしょうか^^;

    ひえとり始めて1年経ちました。
    これといっためんげんもなく過ごしてきましたが、最近生まれて初めて腰痛になりました。痛みがひどくて半身浴も毎日1時間以上していますがなかなかよくなりません。涙。
    これもめんげんだと思って病院にも行かず気楽に構えてはいるのですが、痛いものは痛いです。苦笑。

    • avatar haco. より:

      とっくりさん、コメントをありがとうございますw
      ナルホド~、女性ホルモンの低下もめんげん、ですか~!

      私はどうしても、まずは悪い方に悪い方にと考えてしまう癖があって、
      未だに「めんげんだ」と気づくのが遅くなるのですよね~^^;

      >都合よすぎでしょうか^^;
      いいえ~、むしろそれでいいのかな~とも思うのです。
      そもそも、本当にめんげんなのか、本当は体の不調なのかなんてあいまいですものね。
      重病ならまだしも、普段生活している中でのちょっとした不調など、ついついそのままにしているうちに
      なんとな~く治ってしまう事が多かったり。

      だとしたら、「これはめんげん」と思って過ごした方が精神的にも冷えを作らないで済んでいいですよね。

      痛いものは痛い、わかります^^;
      痒いものは痒いです~(笑