湯たんぽでかかとを低温火傷?

実は今、非常にショックなことがあるのです・・・

タイトルにもあるとおり、どうやら 湯たんぽで かかとを 低温火傷したようなのです

そのことに気付いたのは 一週間ほど前の事。
気持ちよく半身浴をしている最中に、湯船に足を延ばしていたところ、
何やら 右の足のかかとに違和感が。

その感じとしては、
感覚が遠いというような、しびれているような?

でもその時は あまり深く気にも留めずそのままでした。

次にそのことに気付いたのが、次の日の半身浴中。
昨日のことで意識が自然とかかとにいったのか、やはりまだ しびれているような感覚が治っておらず、
そこで初めて、
「これは・・・どうしちゃったんだろ
と焦ったわけです。

その時は、糖尿病だとか、そっち方面が頭に浮かんで、暗~い気持ちになってしまい・・・
それでも もう少し様子を見てみようと、その後も放置。

それが低温火傷の可能性があると気づいたのは・・・それからしばらく経ってから。
何をきっかけに そのことに気付いたのかは忘れてしまいましたが、低温火傷というキーワードを思いついて、
「そうだよ、これしか理由はないじゃない・・・」
と、すべてのピースがピタッとはまった気持ちになりました。
私は現在、日中のパソコン作業中と 就寝時に湯たんぽを使っています。

日中は寝袋の中に湯たんぽを入れ、その上に足を乗せたり 湯たんぽのすぐ脇に足を置いたり。
就寝中は、足元から少し離れたところに置いてあります。

まず、最初の 「湯たんぽの上に足を乗せたり」 というのはアウトです^^;
これは 湯たんぽの使用方法にも やってはいけないことと書いてあると思います。

でも・・・
私の足の冷えはかなり頑固だし、冷えとり靴下を何枚も重ねて履いていると、湯たんぽの暖かさが遠く感じてしまうというか・・・

靴下の重ね履きがちょうどいい断熱効果?となり、湯たんぽの上に足を乗せるのが一番気持ちよかったのです、いけないと知りつつも。

そして就寝時の湯たんぽ。
こちらは寝るまでの間は 横になって足先がある付近に湯たんぽを置いて温めておき、
寝る時には そこから少し位置を下げています。

ただ、ベッドから落ちて割れたらどうしよう・・・という思いに常にさらされており、
また、寒い夜が続いたこともあって、これまた日中と同じように、湯たんぽの上に足を乗せていたこともありました。

日中、座って作業をしている間は、 足の裏全体を湯たんぽにくっつけて温めているわけですが、
寝ている時といったら当然あおむけの姿勢になっているわけで、
その体勢で湯たんぽに足をくっつけようとすると、かかとが直接つくことになります。

そう、原因は多分これ

日中であれば、熱くなれば足から湯たんぽを外すし、調節ができますが、
寝ている間ではどうでしょう・・・

子供ではないので熱ければ寝返りを打つなどして 直接的な火傷を防げるでしょうが、
ひどいやけどほどにはならない、じんわりと、でも確実に火傷の症状になってしまう低温火傷なら、
寝ている間に自然になってしまっても納得がいきます。

実際に調べてみると 湯たんぽでかかとやすねを低温火傷する人はとても多いようです。
多分、かかとを低温火傷するのは 私とほぼ同じ理由かと思われます・・・

特に腫れもなく、水疱にもなっていないし赤くなっているわけでもありません。
が、かかと部分の、感覚が遠い感じは未だ続いています。

低温火傷をどう直せばいいのか、検索してみたのですが、
なんというか・・・とっても恐ろしい結果になった人もいるよう?で、怖くて読み進められません・・・

まだ学生の頃の話ですが、
私の席の真横にヒーターが設置されており、その温風が常にあたっていたせいで、
膝の脇が見事に低温火傷になってしまった経験があります。

今のかかとは まさにその時と同じ感覚

あの時は、ヒーターを使用しない季節になったら自然に治っていましたが・・・

気になり始めると気になって気になって仕方がありません。
冷えとりガールの皆さん、湯たんぽによる低温火傷の経験はありますか?
私が言っても説得力がありませんが、
どうぞみなさん、低温火傷には十分お気を付け下さいね!!

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. haco.さんはじめまして^^
    こっとんままと申します。
    冷えとりを始めて6月で7年目突入です。

    湯たんぽで低温やけどしちゃうんですね!
    初夏から真夏以外に寝る時使用していますが
    経験ないですね。

    実は、先週こちらのブログに出会って
    まだ気になるタイトルの記事しか読んでいないのですが
    冷えとりに対しての理解の深さには
    本当に感心してしまいましたよ。

    私なんてただしてるだけで、何回本読んでも分かってない部分がいっぱい。

    だからランキング1位に納得です^^

    糖尿病とかが浮かんで暗い気持ちになったというところを読んだ時
    すごく共感してしまいました(^_^;)

    私めっちゃくちゃビビりで、何か症状が出るともう動揺しまくり
    冷えとりだけでどうにかしようと思えない時も多々あります。
    そんな感じで心の冷えを溜めまくってます^^;

    低温火傷に関しては全くわからないので
    何も言ってあげられなくてごめんなさいね。

    私も他人事と思わず気をつけます。
    どうぞお大事になさってください。

    • avatar haco. より:

      こっとんままさん、こんにちは~^^

      すごい! 7年目突入の年ですか~!!
      私もまだまだ先は長いですが、冷えとりをやめることはないと思うので、
      いずれ通る道かも♪ですw

      低温火傷の経験、ないですか・・・
      というか、私の使い方ミスなのですが^^;
      こういう時、「初心に戻らなければ!」と思いますね。
      もう一度、冷えとり手引書を読み返します!

      そう、私、めちゃくちゃビビりなんです^^;
      だから、悪い考えが浮かぶと、ものすごいところまで想像しちゃって(笑
      今回は糖尿病でした^^;
      小心者は冷えとりでは治らないかしら!?

      私もこっとんままさんを追いかけて頑張ります♪

  2. avatar 天卜占(あうら) より:

    はじめまして。
    いろいろと、こちらの記事から冷えとりの参考にさせていただいている者です。
    いつもありがとうございます。

    自分の体験ではないのですが、一昨年、冷えとり初心者の仲間が陶器の湯たんぽで足の甲が
    低温やけどになり、しばらく自然療法の皮膚科に通院していました。
    出典は忘れましたが、どうも冷えとりのめんげんらしいとのことでした。
    それで、昨年からは彼女とやわらか湯たんぽを購入して、布団の中では3個で足を囲むように
    置いて使用しています。(私は、やわらか湯たんぽ小さめを3個のみです。)
    やわらか湯たんぽって、ふしぎな感じで心地よいですねえ。
    温まって穏やかになれば、小心者から脱皮できるかと密かに期待しております。(笑)
      
    気張りすぎずに、がんばりましょうね。どうぞ、お大事になさってください。

    • avatar haco. より:

      天卜占(あうら)さん、いつもお読みいただきありがとうございますw

      足の甲の低温火傷ですか・・・!!
      それはお仲間さんも大変だったでしょうね。
      皮膚の薄い場所だから、水ぶくれなども出来たのでないでしょうか。

      そっか、冷えとりで起きた事だから、それもめんげんと捉えるのですね。
      でもその感覚、なんとなくわかるきがします。
      心の油断というか、隙間にするりと入り込まれた的な?^^;

      でも確かに、油断が招いた結果だと自分でも思っているので、
      これを機会にもう一度、基本に帰ってみようかなと思いますw

      私もビクビク小心者生活から脱皮したいなぁ^^;
      まだまだ、心の揺らぎに疲れてしまうことがあります・・・

      天卜占(あうら)さん、ありがとうございます!
      肩に力が入り過ぎていたみたいです。
      ぶらんぶらん体操(?)をして、体を緩めたいと思います♪

  3. avatar 都わすれ より:

    初めまして。
    かかとの低温やけど
    もうかなり月日が経っているので治られたのかなと思うのですが。。
    違和感、どうなりましたか?
    実は私、10日位前に電気ストーブの前に足を投げ出し
    2時間程度、寝てしまい寝ながらも足の指先が熱いなーと思いつつも
    睡魔が勝ってしまいて・・・見た目なんともないのですが、
    10日も経って今頃、両足指先が痺れているような?
    なんだか違和感がありまして
    同じような体験の記事をお見かけしたのでお聞きしたく・・・

    最近、更年期の為か、顔は火照るのに足の指先は冷たい
    それが辛いです。冷えとりにも興味を持ちました。
    参考に実行させて頂きたいと思っています。

    • avatar haco. より:

      都わすれさん、コメントをありがとうございます。

      足の違和感、心配ですよね。
      私も低温やけどをしてしまった時は、誰にも言えないくらいに不安に押しつぶされそうでした。
      旦那さんにも相談できず、ただじっと痛みが改善されるのを待つ・・・というのはとても苦しかったです。

      幸い、想像していたようなひどいことにならず済んだのですが、
      実はまだ・・・完全ではないのです・・・

      あの時ほどの強い違和感はなくなったものの、今でもかかとの感覚がうっすらと遠いというか、
      布が一枚はさまっている、そんなイメージでしょうか。

      その事に触れる度、
      「なんて馬鹿なことをしてしまったんだ・・・」
      と思うのですが、それもあとの祭りですね。

      痛い経験ではありましたが、今後注意していくしかありません。
      そして自分のしでかしたことをシェアしていくことで、どなたかの参考になれば・・・と思っていました。

      都わすれさんの違和感が私のものと比べてどの位差があるのかわかりませんが、参考にしていただければ・・・と思います。
      何事もなく治ればいいですね。

      更年期ですが、私はもう少し先になるでしょうが、冷えを取るのは今からでも早いということはないと思っています。
      そして更年期の真っただ中でも、冷えを取ることで改善する症状がきっとあると思います。

      気軽にできることからぜひ始めて見てくださいね!