首のかぶれ、今はこんな感じです

連日お伝えしている首のかぶれですが、
大分良くなってきました。

馬油をたっぷり塗っているので患部が赤く見えますが、
馬油が乾いた状態だと、赤黒・茶色になっていますし、
もっと目立たないです、素の方が

一番ひどかった状態を写真に収めていないし(そんな心境ではなかったのです)、
比べられないことにはわからないと思うのですが、
ピークの時は、点々ではなく面でかぶれていたので、
かなり目立つ状態でした。

そしてこのかぶれの最大の特徴は、
「カサカサして、象の肌のようにざらざらになっている」
ということ。

これまでかぶれることすらなかっので、大変戸惑いましたし、
時折写真で見た事のあるアトピーと言われる状態に似ていたため、
とても動揺しました。

ただ、なんとなくですが、
「保護膜がなくなって(痒みのため掻いたので)露出している」
という気がしたので馬油を皮膚の代わりになるよう置くように塗ったところ、
痒みも減り、患部も 面から点になってきた・・・という感じです。

お風呂に入って体が温まったからといって痒くなるわけではなく、
不定期にむしょうに痒くなりますが、
今はそれもだんだんおさまってきたし、痒みも我慢できる程度になりました。

ただ、やはりまだ外出するのは戸惑います^^;
今のところ、どうしても外出しなければならない用事が幸いないので、
ひたすらかぶれが治るのを待つだけですが、
明日はどうしても外出しなければならないので、少し気が重いです。

冷えとり生活を始めてから、
あれだけあったストールを大分処分しました。

冷えとりでは、首は出しておいた方がいいからです。

数少なくなったストールの中から、患部にあたっても痒くならなそうな素材を選び、
合成洗剤ではなく粉石けんで洗っておきました。

少しでも刺激が少ない方がいいと思ったので。

明日はこれを巻いてかぶれた部分を隠すつもりですが、
せっかくここまで治ってきているので、ストールを巻いたことによってまた悪化したら・・・
と少し不安です

と、こういう不安が心の冷えに繋がりますからね、
久しぶりの外出を楽しんで来ようと思います。

ここのところネガティブなブログばかりお送りしていてごめんなさい。
今後また悪化したり、きれいに完治した時にまたこの件に関しては触れたいと思います。

明日からは少しでも明るい話題を提供できればなぁ・・・と思うのですが・・・
がっ、顔晴ります

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. avatar じゅんこ より:

    こんにちは
    いつも楽しく拝見させて頂いております。

    首、首まわりのめんげんは、性器の毒だしと聞いたような・・・。
    きっと生理では出し切れなかった毒が出てくれたのではないでしょうか?

    私は去年の冬に首が大変でしたが、
    「まあ、どうせストールで隠せるからいいや♪」と、バリバリ掻きました(笑)
    絹の黒い靴下を巻いてから、ストールやマフラーとか、
    絹の黒い靴下を巻いて、トックリの洋服、髪を下ろすなどして普通に外出してました。
    保湿も考えたのですが、日常靴下を首に巻いておけば、乾燥しないんですよね。
    絹が毒をすってくれますし、絹にふれさせていると肌がつるつるになりますし。

    今年の冬は、肩、ワキまわり、腕がかゆいのですが、
    (洋服で隠せる)今がチャーンス!とばかりに、おもいっきりバリバリ掻いてます。

    それにしましても、いまの時期に出てラッキーでしたね!
    夏でしたら、暑くて、ストール巻いていられません。
    たとえクーラーの下であっても地獄だったと思います。><

    • avatar haco. より:

      じゅんこさん、いつも読んでくださりありがとうございますw

      そうなのですね、首のまわりは性器の毒だしですか・・・(汗
      それではバンバン出てもらわなければなりませんね!

      それにしてもじゅんこさんの心の柔軟さは見習いたいです!
      >まあ、どうせストールで隠せるからいいや
      そうですよね、冬だからこそありがたかったのですよね。
      これが夏だったら…と思うとぞっとしますが、
      いいタイミングで毒だししてくれていたのですね。

      感謝する気持ち、キューッと狭くなっている心にはなかなか気づけないですね^^;

      じゅんこさん、ありがとうございましたw

  2. avatar 杉田美和 より:

    はじめまして。
    一か月ほど前から冷え取りをはじめました。

    現在、右足首の痒みと右ひじの皮膚がぱりぱり剥けて
    まさに象の皮膚のようになっています。
    やはり、めんげんなんですね。安心しました。。

    • avatar haco. より:

      杉田さん、コメントをありがとうございます。

      一ヶ月前から冷えとりを始めたのですね^^
      それでこの同じようなめんげんを体験されたのですね・・・
      さぞかし驚いたことでしょうに、
      冷静に対応しれていることに反省させられました。

      なかなか、これはめんげん!と思いたくても、
      心が狭くなっている時って届かないですね。
      これは本当に自分でも反省です。

      じゅんこさんのように、大きく構えたいです^^
      じゅんこさん、ありがとうございますw

  3. avatar なつめぐ より:

    首のかぶれ、早く良くなりますように〜

    ところで冷えとりでは、首は出していた方がいいのですか?
    わたくし、まだまだ冷えとり初心者なので、初耳でした。
    この数年というもの、冬はユニクロのタートルのヒートテックを愛用しており、
    今年も一つ追加購入したものですから、ちょっとびっくり。
    首は暖めるものだと思い込んでいました。
    考え直した方がいいのでしょうかね。

    • avatar haco. より:

      なつめぐさん、ありがとうございます。

      そう、冷えとりでは首を出した方がよいとされているのですよね。
      その理由としては、上半身は熱を放出するのが理想的とされているので、
      閉じずに解放するのがいいそうなのです。

      私は冷えとりをするまでは
      「首がつく部分は温めた方がいい」
      と言われていたので、首も手首も意識して温めていたので、
      冷えとりでは真逆のことを推奨していたので戸惑いました。

      だから、それまで集めていたストールも愛用していたタートルも、
      昨年の夏は一度も使いませんでした^^;

      それでも寒いとは思わなかったので、冷えとりの考えが私にはあっているようです
      実際にやってみて、自分にあうかあわないか、試してみるのもいいかもしれないですね。