夏の冷えとりのヒント

シェアする

夏の冷えとりですが、よく
「暑くて無理だった」とか
「気付いたら寝ている間に暑くて靴下を脱いでた・・・」
という話を聞きます。

私はそういうことが一度もないので、そうならない対処法がわからないのですが、
やはりバランスなのかなぁとも思います。

何度も書いていますが、夏はとにかく上半身を薄く薄く。
そうすれば、下半身や足元がガッチリ温められていても、案外バランスがとれて普通にしていられます。

ここのところ熱帯夜が続いているのでクーラーをかけていますが、
下半身は靴下を8枚重ね履きして布団をお腹までかけ、
上半身のパジャマは半袖の部分をめくりあげてノースリーブのようにしています(笑

こうすると、湯たんぽを使えるほど、上半身と下半身のバランスがとれるな~と感じます。

もし、夏の冷えとりが暑くて無理~と靴下を脱ぎたくなったら、
是非その前に上着を一枚脱いでみてください。

私は日中はブラキャミ一枚で過ごしていますよ~(*^.^*)

それから暑い時はプールで思いきり楽しむのもいいかなと思うのです。
私は行くことはありませんが、想像しているほど体を冷やすことはないと思うし、
例え冷やしたとしても家に帰ってきたら冷えとりをすればいいだけのこと。

長いスパンで考えたら、どう考えてもプールに浸かって体を冷やしている方が短いはずですものね。
夏にしかできない楽しみはどんどんした方がいいかな~と思うのです。

浴衣だって、夏にしか着られないのだからどんどん着るべき!
裸足が気になるなら足袋を履けばいいし、五本指靴下を履いて下駄を履いてもいいかも・・・?

冷えとりで一番大敵なのは 「ストレスをためること」。
これはもう、身をもって知りました。

だから冷えとりをすることで 「できなくなった」「やれなくなった」と嘆くよりも、
やってしまって、そのあとしっかり冷えとり♪と置き換えると気が楽になると思います。

夏に夏の冷えとり、ストレスレスで楽しみましょう!

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク