冷えとりって夏は暑い?

シェアする

冷えとり健康法をやってみたいなぁ~と思っても、
やり始めるきっかけや時期があるのかなぁと思います。

私の場合は 「猪突猛進型」なので、思いついたら即行動^^;
暑かろうが寒かろうが、懐が寒かろうが(!)関係ありません。
やりたい・始めたいという衝動を止めることができないのです・・・子供かっ^^;

私が冷えとりを始めたのは秋のこと。
偶然手にとった本・青木 美詠子さんの「ずぼらな青木さんの冷えとり毎日」との出会いでした。

言い方はなんですが・・・
「運命的な出会い」
でした。
読んだ瞬間に
「これ、私は一生やることになるだろう」
と思ったほど。

一生かどうかわかりませんが、今のところ飽きることなく(飽きるどころか益々好きになっていますが)続けています。
もう読んでいる時から、冷えとり健康法を始めたくて始めたくて、
とりあえず家にある靴下を重ね履きしました。
きつかったのですぐやめましたが^^;

その日のうちに通販で冷えとり専用の靴下を購入し、それが届くまでは半身浴をしていました。

季節は秋とはいえ、日中はまだまだ蒸し暑い日もありましたが、もともとやりたくて仕方なかったくらいなのですぐに冷えとり生活になじむことができました。

これがもし夏だったら・・・うーん、どうだったでしょう^^;
まぁ、多分私の場合は大丈夫だったと思います。
それくらい、「冷えとりLOVE」なので(笑

実際に 「冷えとりの夏」(キンチョーの夏みたいで可愛いw)を経験したのは翌年。
さすがに不安でした。
「本当に暑い夏を靴下の重ね履きで過ごせるのか」
と。

思い出してみてもその前年の夏、うだるような暑さのため、パソコンも熱暴走を起こしたほど。
私だって暴走したくなるほど、暑かったし!!

でも、やれるところまでやろう、暑くて我慢できなかったら靴下を脱げばいいのだし、
と、気楽な感じで夏に挑んだところ・・・

気付けば9月。
いつの間にか、盛夏は過ぎていました。
もちろん靴下はカバーソックスを含めて9枚の重ね履きのまま、です。

ただ、ひと夏を過ごしてみてわかったことがあります。
どうすれば 暑い夏に靴下の重ね履きを続けることができるのか。

それは何度もこのブログでも書いてきましたが
「バランス」
です。

普通に服を着て、靴下も重ね履きして・・・というのでは多分無理だったと思います。
夏を冷えとりしながら越せた一番の理由は、
上半身と下半身のバランスがとれたから
これに尽きると思います。

下半身は靴下の枚数を変えることなく、上半身の枚数を減らします。
全体を見て、下半身が温かく、上半身が涼しくなるようなバランスを考えればいいのです。

私の場合は、上半身はブラキャミ、もしくはノーブラで綿のタンクトップ一枚、
下半身はカバーソックスも含めて9枚の重ね履き。
これでバランスがとれ、暑い夏でも過ごすことができました。

夕方以降は家族のこともあるのでクーラーをつけますが、
日中、私一人の時なら うだるような暑さの中でも扇風機の風だけで過ごします。
上半身を薄くしていると、それが可能なのです。

これは家の中限定のスタイルではありますが、
外に出かける時は上着を羽織るし、クーラーが効いた場所に出向く時はその都度全体のバランスをとりながら整えました。

案外夏でも冷えとりってできちゃうものなのです♪

しかも今年(2013年)の夏は涼しい日が多いのも 冷えとりを始めるチャンスかもしれませんね。
どうですか~? 夏の冷えとり♪
「冷えとり、始めました」の夏もいかも! ですよんw

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク