冷えとりファッションで大人エレガンス

冷えとりファッションで大人エレガンス

冷えとりを始める前から、
好みのファッションの傾向はナチュラル系でした。

元々そんなにおしゃれにこだわりがあるわけでもないし、
出先で気に入ったものを買って集まってきたワードローブ。

それでも、素材だけにはなぜかこだわっていました。

好きな素材は 綿・麻。
そういった服たちは、色味がだいたいベージュやアイボリーが多く、
たいして頭を悩ませなくても、手持ちの服で簡単に組み合わせることができました。

冷えとりを始めてからも、そのチョイスの仕方は変わっていません。
肌に直接触れるものはなるべく天然素材のもの、
夏などは自然と麻になってきます。

これも私の好みの服装がナチュラル系だったからよかったですが、
モード系とか、きれい目ファッション(っていうのかな?^^;)が好みだと、
冷えとりファッションに戸惑うかもしれませんね~。

YAHOO!知恵袋にもそんな悩みがありました。

相談者さんは 好みの問題だけでなく、
仕事の都合上、万人受けする清潔感のある服装が必須だそう。

確かに、私が好んでしている冷えとりファッションは、
場所やシチュエーションが特定しれますね^^;

冷えとりといえば 靴下の重ね履き。
OLさんのような服装では、そこがまず一番のネックでしょうか。

オフィスではレッグウォーマーをしてみるとか、
レギンスは無理でも、腹巻をしてみるとか、
方法はないわけではないと思います。

私のように、
ずっと家にいて、自由な服装ができて冷えとり三昧ができる場合、
100%に近い理想の冷えとりができることは確かです。

ただ、せっかく冷えとりを知っていただけたのなら、
「出来ないからやらない」
ではなく、ぜひ
「出来る範囲でやってみる」
という方法をチョイスしていただければなぁと。

だって、全くやらないのと、少しだけでもやってみるのでは大きな差がありますものね。

それに、冷えとりは靴下の重ね履きのイメージが強いですが、
本来はお湯につかる半身浴が一番デトックス効果が高いのです。

だから、日中仕事で冷えとりができなかったり、
冷えとりファッションが好みでなかったとしても、
冷えとり生活は案外できるものだと思っています^^

食生活の面でも、
玄米を取り入れてみたりとか、
冷たい飲み物を控えて白湯を飲んでみるとか、
冷えないようにする生活の手段はいくらでもありますw

冷えとりファッションと言われている服装ができない・好みでないというだけで
冷えとり健康法を諦めてしまうのはもったいない!!

自分のできる範囲の冷えとり生活を、
ぜひ見つけてほしいです

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク