冷えとりは男性に評判が悪い?

冷えとりは男性に評判が悪い?

昨日、ヤフーニュースでこんな記事を見かけました。

“冷えとりーな”にご用心!? 泣かされる男たちの悲劇 (週刊SPA!より)

ふふふっ・・・記事を読む前から、なんとな~く内容が想像できて思わず苦笑してしまいます^^;
記事の内容はこんな感じ。

・同棲中の彼女が二年前から冷えとりにはまり迷惑している
・靴下やレギンスの重ね履きのおかげで、たんすにあふれかえっている
・靴下が破れると「めんげんが出た」と言って喜んでいる(実際には破れた靴下ばかり)
・靴下代がばかにならない

むむむ^^;
耳が痛い話ばかりですな(苦笑

さらに同居者の訴えは続きます。

・夏場も靴下とレギンスの重ね履きをするから、湿疹と水虫がすごい
・でも彼女曰く「これもめんげんの一種」と言う
・靴下が足りなくなり同居人の靴下を履くため、水虫をうつされてしまった

むむむむっ
夏場の冷えとりには危険がいっぱい!?

確かに私も冷えとりをしていて、
「目を覚ますべきところは覚ました方がいいな」
と思うことはあるんです。

例えば、この間も書いた外耳炎の件
そもそも、心配があるなら素人の自己判断ではなく、きちんとした判断を仰ぐべき。
これはもう当然です。

ではなぜ私が耳鼻科を受診しなかったかといえば、
「病院で治療するレベルの痛みではないと判断したから」
です。

私はもともと痛みに強いところがあり、それに流されないよう(体からの重要なサインを見落とさないよう)
常日頃気を付けています。

そんな中で、先日の外耳炎(かもしれない)の痛みは
「様子見レベル」
だったわけで。

それが私の中の基準を超えたらすぐに耳鼻科に駆け込むつもりでしたし、
全てを自然治癒とか、冷えとりで治そうなどというおごりはないつもりではいます。

常に疑ってかかってますしね(それはどうかと・苦笑)。

幸い、うちの主人は私の冷えとりに対しては静観してくれています。
ありがたいことですね。

ただそれだって、私も一応 「度を越さないよう」 に気をつけてはいるのです。
はたから見て、あまりに異常に見えることであれば、対処をしなければならないと思っています。

だから冷えとりーなさんも、同居人を心配させてしまったのがまずかったのかもしれませんね。
冷えとりの事が全く理解できない・する気もないというのは、冷えとりをしている私ですらわかります。
私も毎日、「どうなの?」と思うことばかり。

それじゃぁなぜ冷えとりを続けているかと言えば、
「心地いいから」
それにつきます。

今まで冷たかった足先が、靴下の重ね履きや湯たんぽや半身浴で 気持ちよく暖かくなるから続けているだけ。
それで病気まで治そうとまでは正直思ってはいないんです。

ただ、冷えとりを気持ちよく続けていくうちに、
例えば免疫力があがったりだとか、例えば冷え性が緩和されただとか、
そうなったらラッキー★ という程度に思っています。

もし、体中が湿疹だらけになったりでもしたら、きっとすぐに病院に駆け込むでしょう。
ステロイドを使って治すと思います。

でも、それがおさまったら、また冷えとりはすると思います。
なぜなら、心地いいから。

臨機応変に、全てを頼りにせず続けて行けば、冷えとりはこれ以上ないくらい気持ちいい健康法だと思うのですが・・・
どうでしょうね?

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. avatar きちり より:

    こんばんは。
    冷えとりって、なんていうか、どういう方向性にしても「私はこうなんだ」って言いたくなる感じがあるって思います
    「私がガッツリやっているんだ」というのは当然としても、逆に「私はそんなにこだわっていない」ということも、ちょっと、主張したくなるような感じというか・・・
    「いろんなことを考えたくなる」っていうんでしょうか?
    「自分」へ振り向けるある種の感情が増える感じで、自分と向き合う、みたいなところがあるなーって思うんです
    私も相当ゆるゆるですけど、冷えとりやって、なんかいろいろ考えたりすることは増えました
    ガッツリでもゆるゆるでも、「私と冷えとり」の距離感みたいなものは、皆さんそれぞれで、そこへ到達するまでの、自分との問答?みたいなものも、意外と大事なのかなーって思ったりします

    • avatar haco. より:

      きちりさん、コメントをありがとうございますw

      冷えとりをしていると、本当にいろんなことを考えますよね。
      長時間半身浴をしていたりするから、普段より自分に向き合うことが増えたのでしょうか?

      冷えとりが浸透してきたとはいえ、まだまだ認知されてはいないから、
      誰に相談できるものではないっていうところが禅問答みたいな感覚なのかなぁと思ったりもしています。

      あまりマニュアルに頼らず、自分の感覚を信じてみるのもまた必要かな~と最近は思ってます。

  2. avatar みか より:

    初めまして。みかと良います。
    こちらのブログでヤフーニュースの事を知りました。
    確かに冷えとり健康法を知らない方達からしたら靴下の重ねばきって異様ですよね 笑
    私も先日、友達夫婦宅にお邪魔した時に靴下8枚を旦那様に爆笑されました・・・。

    私がこの記事を見て感じたのは「冷えとりもメジャーになったんだねぇ」と言う事でした。
    5年程前に冷えとり健康法を知った時は、私の周りでは誰も知らなかったです。

    情報の上澄みだけをすくって発信されて、冷えとりの事を勘違いされる方がいると残念に思います。
    冷えとり健康法は【自分の体と向き合う】という意味でも私には大きな影響でした。
    靴下やレギンスも慣れると本当手放せないんですけどね〜。

    • avatar haco. より:

      みかさん、コメントをありがとうございますw

      みかさんは5年も前から冷えとりをしてらっしゃるのですね!
      その頃は本当に認知度は低かったでしょうね。
      さぞかし生きづらい(苦笑)毎日だったかと思います。

      冷えとりはその手軽さゆえに、見よう見まねで始める方もきっと多いでしょうし、
      始める時期などによっては それこそ水虫ができたりすることもあるかと思います。
      そういうことで冷えとりを色眼鏡で見られてしまうのは悲しいですね。

      みかさんのおっしゃる通り、ただ気持ちいいから・手放せないからという理由で冷えとりを続けている方は多いと思います。
      むしろ、長く冷えとりを続けてらっしゃる方ほどそういう単純な理由であって、
      体中にできた湿疹を我慢して冷え取りしてる! なんて方は稀かと思います。

      いずれにせよ、そういう付け焼刃的に始めた方はすぐに冷えとりから去って行くでしょうし、
      今は周辺が騒がしくなっても、そのうちまたきっと静かになるのかな~なんて思ってます、ハイ。

  3. avatar AA より:

    3年と半年くらい、靴下を10枚は重ねています
    何とか健康になりたくて、靴下を重ねるだけならとはじめました。
    当然、母など家族は唖然としています。自分でも、病気でなかったら出来ないだろうと思っています、治療なんだと思ってがんばっています。
    男性だけでなく、この格好は女性から見てもびっくりですよね、、、

    水虫ですが、、あれは汗をかくからなるのではなく、移るものだと聞きました、なった人はプールや温泉などの足を拭く場所で菌を拾ったんじゃないでしょうか、
    それか、めいげんで以前かかっていた病気が出たとか、、、
    よく分かりませんが、とにかく正しく履いていれば大丈夫だと思います。

    最初、家族は水虫だらけになるよって、笑っていましたが、、私は一度も、本当に一度もできていません。真夏でも足の指はさらさらです。こんなに重ねているのに、絹の力ってすごいと思いました。
    この前も素足を見せたら、母は非常に驚いていました。私の健康な足の指にびっくりしていました。この健康法はすごいと思っています。

    • avatar haco. より:

      AAさん、コメントをありがとうございますw
      3年半の冷えとり歴ですか~ww 先輩~♪^^

      コメントから察するに、AAさんは病気治しが目的で冷えとりを始められたのですね?
      私は特にこれと言った病気があるわけでもないのですが、年齢的にいろいろと出てくるので^^;
      未病のうちに防げればなぁという思いもありました。

      主人と子供は呆れながらも静観してくれているのでありがたいですが、
      冷静に見ればすごいですよね^^;
      語れば語るほど、怪しい何かになってしまうのもわかります。

      私も最初は 「冬場はいいといしても夏場は蒸れるんじゃ・・」 と思いましたが、
      その心配は無用でした。
      本当に絹(私の場合はウールもw)の力ってすごいですよねw

      >この前も素足を見せたら、母は非常に驚いていました。私の健康な足の指にびっくりしていました
      冷えとりをよさを人に伝えるのって、まさにそれだと思っています。
      話して伝わるものじゃないから、健康な自分を見てもらうしかないんですよね。

      私もAAさんのように3年後も、周りの人がいい意味で驚いてくれるように続けますね~♪