冷えとりをしていると暑さを感じない!?

冷えとりをしていると暑さを感じない!?

いよいよ、冷えとり健康法を実践して、初めての夏を迎えています。
もう夏本番! ・・・と言っていいですよね

夏前は、
「例年のあの暑さの中、靴下の重ね履きができるのだろうか」
と かなり不安になりました。

結構、そのことを心配されている方が多いようですね。
そりゃぁ心配になります。

年々、ヒートアイランド化しつつあるこの国、
その暑さは 「夏だから」 では片づけられなくなってきているという事実。

そんな中、まるで真冬のような足元で乗りきれるのか?

私も実際に夏を迎えるまでは、正直どうなるかわかりませんでした。

ただ、
「今日までは春の陽気、明日からは夏日」
というわけではなく、気温はじりっじりっと上がってきます。

それに体は慣れることができますよね。

だから、梅雨が明け、じっとりとした暑さの中でも、
さほど暑さを感じずに過ごすことができました。

ところが、です。

ある日、寒がりの息子が
「あづい~! 今日の暑さは異常だね」
と言います。

う~ん、そりゃ確かに暑いけど、
別に今日が特に暑いわけではなく、いつも通りの暑さのような・・・

そこで部屋の温度を見てみると、驚きの35度!!
そりゃ暑いわ~ 

ただ不思議なことに、私は全然暑くないんですよ・・・
いえ、暑いけど、そこまでの暑さとは感じないというか。

その時の靴下は、カバーソックスも入れて10枚。
その日レギンスは洗っていたので履いていませんでしたが、
靴下の枚数は まだまだ増やせるほどの快適さ。

以前から何度か感じていたのですが、
レギンスは暑いと感じることはあっても、靴下の重ね履きが暑いと感じたことは一度もないのです。

これ・・・考えたら 冷えとりをしている方が よくおっしゃることですよね~

本当でした、冷えとりをしていると、暑さを感じないって

これってやはり、
「上半身と下半身のバランスがとれている」
からだと思います。

人間の体を煙突に例えると、
重ね履きして下半身を温め、その熱を頭から放出している
のではないかしら?

熱効率がいいというか、
熱がうまく循環しているような気がします。

朝の暑さでレギンスは脱ぎ履きして調節していますが、
靴下は冬場と同じ枚数。

いまのところ、ハーフ丈のもをを履くこともなく、
ゆったりしたパンツや タイパンツなど、いずれもくるぶしまであるズボンを履いているので、
冷えとり対策は万全かと思われます。

夏の冷えとり、意外に(笑) イケますよ~

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク