弥満丈欅窯(やまじょうけやきがま)400年以上続く窯元が作る陶器の湯たんぽ

シェアする


以前、湯たんぽを作った窯元さんからの手紙 を紹介しましたが、その窯元さんは
「弥満丈欅窯(やまじょうけやきがま)」
という400年以上も続く窯元さんだということがわかりました。

スポンサーリンク

購入履歴を見て意外な事実を発見

多治見市高田町で400年以上続く窯元、弥満丈欅窯(やまじょうけやきがま)。
戦前から湯たんぽを製作し、今も変わらぬ製法で作っているのは、13代目の加藤徹氏。
使用している土は、地元高田地区でとれる陶器土と磁器土のちょうど中間の「炻器土(せっきつち)」という土。
その土を石膏の型に流し込み、形を作る「いこみ」という作業を行い、天日干しをする。

その後、上薬を塗って素焼。これらの作業をすべて1人で行うため、製作できる数は1日100個ほど。
こうして出来上がった湯たんぽは、艶のある色とりどりのものや、かわいい動物のかたちをしたものなど、使う人に温もりと楽しみを与えてくれる。

お手紙をくださった加藤徹さんは、ナント13代目でらっしゃったのですね!
そして、「日本一アツい多治見動画」というサイトの中に、加藤さんが登場している動画がありました。

何気なくネットで買っている湯たんぽも、こうして作り手の顔が見えると益々愛着がわくというものですね。
この動画を見て、
「もし次に陶器の湯たんぽを買うことがあれば、絶対に加藤さんの作った湯たんぽを買おう」
と心に決めました。

私はこれまで陶器の湯たんぽを二つ買いました。一つは割ってしまいましたが、買い直した湯たんぽは今でも大事に使っています。

そういえば私が買った湯たんぽの産地はどこだっただろう、
フトそう思い立ち、楽天の買い物履歴を頼りに、購入サイトに飛んでみました。
すると・・・

あれっ!
私が買った陶器の湯たんぽも「弥満丈製陶所」と、「弥満丈」がついていることを発見!
これは・・・加藤さんが作ったものなの? それとも・・・?

意外や意外、全く関係ないと思っていたうちの湯たんぽが、まさか加藤さんに近づいていた(?)とは(*^-^*)
それともその地域で作られたものは皆この名前がつくのか・・・?

いずれにせよ、今手元にある湯たんぽが、工場のラインで作られたのではなく、職人さんが一つ一つ作っているのだと思うと、ますます愛おしくなりましたw

これからも大事に使わせてもらいますね!

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. avatar あおさ より:

    暑くなってきて、戸外を歩く時は、強い日差しに肌が日焼けしますよね。
    日焼けって、炎症を起こしているのと同じだから、ぐったりしますよね。
    北欧とか、カナダは白人はメラニンが少ないので、水着姿で公園で太陽の光を浴びるそうです。ウツにならないため、室内にこだわったり、こっちはバイキング民族か、マイペースで人生をエンジョイするラテン、フランス系、日差しを避けている日本人には奇異に映りますが、ビタミンDは良質の筋肉を作り、婦人系、妊娠力にもいいそうです。
    スペインでは、日中は太陽が差さないように薄暗くして、夕方に戸外に出てくるそうです。陽と陰のコントラストが激しいらしいです。

    汗をかくと身体が冷えますので、汗をかかない程度に、おそらく35℃ぐらいの熱くないお湯を入れ、足元でなく一番冷たいお尻ともものあたりに、夏は入れています。いっぱいお湯を入れていないので、重くない。

    なぜなら、脚のむくみがスッキリするからです。エステの下半身やせと同じだと思い、羽毛布団ではなく、綿やシルク混合毛布を重ねています。分厚い綿100%のタオルケットもかけます。シルクなのは、通気性に期待かな?ニトリで買ったので、100%天然でないと思いますが、セーター洗いで洗濯もして、普段は室内に広げて天日にあてるようにしています。気持ちよく寝るためです。
    脚がむくまないためにやっているのですが、まだまだ代謝が悪いのか、温度を低くしているのか、腰あたりは湯たんぽをいれても大丈夫です。

    やまじょうさんの記事をありがとうございました!一人で一日に100個も。びっくりしました。窯が高温で暑そう。焼くまでは形が変になりやすそうで、綿菓子を扱うようだけど、腕力が必要。重いなんて、言っていられない(笑)

    • avatar haco. より:

      毎日ウォーキングをするようになり、外に出て運動をするということが、健康面だけでなく、どれだけ体にとって良い事なのかということがよくわかるようになりました。
      今は紫外線の影響や有害物質などで、昔のように「日光浴が良い」とは言い切れないのでしょうが、それでもやはり、体が太陽を求めている分部もありますよね。

      あの動画は良いものを紹介してくれていますよね。
      ああいう技術は今後も長く続いて行って欲しいと思います。

  2. avatar あおさ より:

    やまんじょうの窯元からの直接配送でしたので、住所が書かれた紙が入っていて、そこに加藤様の名前があったんです。
    やまんじょう 加藤と自筆の返事が来たので、加藤様本人が作られたものだと思います。

    ただ、開け口の陶器部分が丸いのが格安でネットにありますよね。

    開け口に改良を加えたり、キーッと音がしにくいように、パッチを変えたり、表面をザラザラになるものへ塗るのを変えたり、シラス台地の身体にいいのを使ったり、
    ツルツルだと滑りますよね。赤はツルツルで滑りやすそう。見た感じ。

    そういうのかな?よくわからないけど、レビューを見ると、
    多分、最新のものが届いたのかな?

    • avatar haco. より:

      そうそう、きーっと言う音がしますよね^^;
      うちの湯たんぽの場合、キチンと閉まっていないと(並行にねじ込んでいないと)鳴るような気がします。

      一度割ってしまったことがあるので慎重に扱っているつもりではいますが、
      作り手の思いをこれからも大事に受け止めて使わせていただこうと思いますw