ストレスは生理も止める 気にしやすい性格の私がストレスをためないようにやっていること

シェアする

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

先日いただいたコメントで、「生理が遅れているので漢方の薬局に行ったところ、ストレスがないか聞かれた」とありました。(あきさん、いつもコメントをありがとうございます!)

確かに、私も強いストレスで生理が遅れることがよくありました。一番怖いのは、自分ではストレスだと思っていないけれど、実はかなりなストレスを背負っていた、というパターンですよね。

特に私は気にしやすい性格なので、常にストレスやプレッシャーを感じています。また、体のどこかに痛みがある時など、そのことばかり頭の中がいっぱいになり、日々の生活を楽しめないこともしばしば。

そんな時、私がやっている習慣があります。まだ最近始めたばかりですが、これがなんだかいい感じ♪ ストレスをすっかり忘れられる・・・というわけではありませんが、少なくとも辛い顔をしているよりはいいかなと。

簡単な方法ですが、私が習慣づけたいと思っているある方法を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

気づいた時に行う、それが大切!

ストレスやプレッシャーや辛さ・痛みを感じた時に行う方法、それは超がつくほど簡単。

にっこり笑う

です。
これに気づいたのは、ホットヨガを行っているときに先生が言った言葉でした。

「苦しいポーズの時はにっこり笑って。そうすると呼吸ができるようになって楽になります」

確かにヨガで苦しいポーズをしている時って、自分でも気づかないうちに息を止めていることが多いです。ヨガの時だけでなく、以前から考え事をしていたり、苦しいことがあると息を止めている自分に気づくことが良くありました。

ヨガをしているとよく言われることが「呼吸を止めないで!」ということです。
これはどういうことかというと、苦しくて呼吸を止めた時点で体はそれ以上伸びなくなってしまうのだとか。

例えば開脚前屈をしている時、太ももの裏が痛いのを我慢して前屈しようとすると、気づかないうちに息を止めてしまうことがあります。

そうすると、股関節はそれ以上緩まなくなってしまうのだそうです。

曲がらなくてもいいから、ゆったりした呼吸を続けることで、呼吸とともに関節は緩んでくるのだとか。そしてそれを繰り返していくうちに、いつか必ず前屈もできるようになる、とのこと。

体が硬い私にとってその道のりはかなり遠いものではありますが、先生の言葉を信じて呼吸を止めず、呼吸をするごとに体がどんどん前屈していくようなイメージを持ちながら行っています。

以来、ホットヨガの時だけですが辛いポーズをキープしているときなど、口角を上げてにっこりするように心がけていました。

不思議なことに、この癖がついてくると日常生活でも応用できるようになります。

家事をしていて、単純作業をしている時などつい不安なことを考えがちなのですが、そんな時は「にっこり」! だからといって不安が消えるわけでもないのですが、それでもにっこり。

「あぁ、今日は気が重い用事があるな・・・」 → はっ!にっこり
「子供の心配事は絶えないなぁ」 → 気にしても仕方ない!にっこり

こんな感じ。もちろん体の深刻な痛みなどはにっこりだけでは済まされないかもしれませんが、気にしすぎる私にはこれくらいがちょうどいいのです。
最初は「にっこり」に気づくことができなかったり、にっこりすることよりも辛さの方が勝ってしまってにっこりできなかったこともありました。でも今はにっこりが癖になってる!

自分の顔はいくらでも変えられる

私はアンチエイジングに興味はないし、年齢よりも若く見せようという気持ちが全くありません。内面も外見も、年相応の経験や人生がにじみ出ている女性になりたいと思っています。

ただ、顔に不安がへばりついているのはやっぱりちょっと嫌かな。自分の顔を鏡で見ていると、不安そうな顔をしているなぁと感じることがあります。

自分が写っている写真を見ても、楽しそうに笑ってはいるけれど、その奥に不安が見えるような気がするし、不安を笑顔で打ち消しているようにも見えます。

そうではなく、心の底からの笑顔になりたい。

そのためには、不安を感じるようなことがあったらにっこりと笑う。そうすればいつか笑った顔が私の顔に記憶されるはず。

そうなるのにはこれからずいぶん長くかかりそうですが、でも今の顔を作ってきたのは誰あろう自分です。不安が積もりに積もって「不安顔」になってしまったのであれば、これからは笑顔を重ねていって正真正銘の「笑顔」になろう。

癖や習慣は変えられます。なぜなら自分次第だから。一番簡単なことかもしれません。

ホットヨガを始めてから、いろいろな気づきがありました。内面を見つめなおすいい機会だったのかもしれませんね。

自分の顔、自分の人生は自分で選べる

「ここが頑張りどころ!」と思えばついいつもより無理をしてしまい、その結果知らず知らずのうちにストレスがたまり、やがて体に異変が起こる・・・

頑張るようなことでなくても、自分の考えすぎであれこれ気にしてしまい、強いストレスを受けることも私の場合はよくあります。

今の時代、ストレスは誰でも多かれ少なかれ感じているものだと思います。また、多少ストレスがあった方がやり遂げた時の達成感をより感じられると思う方もいるかもしれません。

いずれにせよ、ストレスをどう受け止めるかはその人次第。もっと言えば「その人の生き方があらわれる」のかもしれません。

私のストレスをためないようにする方法は、自分の性格と向き合って編み出したもの。誰にでも適応するとは限りませんが、仏頂面をしているよりも笑っている方がいいに決まってる!

その結果、顔から緊張がとれ、表情も体も緩んでいけたらいいなぁと思います。

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. avatar はなちゃん より:

    こんにちは。お久しぶりです(^-^)
    ストレスというわけではない?と思うのですが、
    先日、生理の症状が重くどうしようもなくて、急患で病院に行くほどだったので生理休暇を申請しておいたら、まさかの「過労」でした。抑うつ状態で安静と休養が必要と診断されてしまいました。
    めまい、吐き気は生理の症状じゃなかったようで、もらった漢方薬で少しは和らいだものの、ちょっと心のと不安定が続き、絶賛毒出し中のため理解してくれる旦那さんや友達に「毒だし中の私」をさらけ出して、
    あとは、体調を見ながら、趣味のクロスバイクを元気なときに乗り回してます(笑)。

    最近、小食になったため食べ過ぎのめんげんはないものの、眠い眠い…と、うとうとしてしまうけど、心地が良いです。
    クロスバイクのおかげで、10キロほど痩せてきて嬉しいこともあるので、もしクロスバイクがなかったら引きこもりになっていたかもなぁと思います。

    ストレスとか、過労とかいかにも現代社会だなぁとつくづく思いますf(^^;
    30代アナログ人間なために、現代っ子の思考が理解不能だし、真面目に仕事していることをバカにされ、この職場には向いていないけど、辞めたくらいなんてことないと前を向かなきゃね(*^^*)

    休養期間は冷えとり強化していこうと思います(^-^)/

    • avatar haco. より:

      はなちゃんさん、お久しぶりです!

      過労ですか・・・それは大変でしたね。
      めまいや吐き気はつらいですね。漢方で少しでも良くなればいいですが。

      そんな中、「毒出し」と受け止められるはなちゃんさんは強い!
      そんなはなちゃんだからこそ、今このタイミングでめんげんがやってきたのかもしれませんね。

      クロスバイクですか~。人気ですよね(^-^)
      はなちゃんさんにはクロスバイク、私にはヨガと、その人に合った運動がちゃんとやってきたのでしょうね。
      それも冷えとりをしたことで引き寄せたのかもしれませんね。

      休養期間中はぜひ自分を甘やかしてあげてくださいね!

  2. avatar あき より:

    haco.さん、取り上げていただいてありがとうございます(^_^)
    私も普段ヨガ教室の先生の言う事を思い出して、深い呼吸をしてみたりしてますがなかなかできていないのが現実です。
    でも、haco.さんの言うとおり「自分次第」ですよね!自分がしなきゃ変わらない!心地よくなりたいのなら尚更。
    ちょっとした事だけど続けていきたいです

    • avatar haco. より:

      あきさん、勝手にお名前を出してしまって気分を悪くされていたら・・・と思っていたので良かったです。

      そう!
      深い呼吸って案外できないものですよね。ただ深く呼吸するだけなのに。
      私なんて深く呼吸すると息苦しくなるという矛盾もあるし(笑)

      それでもヨガを続けてきて、肩が開けるようになり肩甲骨同士をくっつけられるようになってからは、
      胸に空気が入りやすくなってきたような気がするんです!

      これまでずっと猫背で固まっていたから、息がしづらくなっていたのかも?しれません。

      そんな風に気づいてあげることも大切だし、少しずつだけど前に進めていけたらいいですよね(^-^)