シルクふぁみりぃさんのブログで紹介してもらいました!ドキドキして手に汗かいた~!!

シェアする

コメントにて、
「シルクふぁみりぃさんのブログで紹介されていますよ」
と教えていただき、ブログに遊びに行かせていただきました。

すると先日の「冷えとりを続けるときくち体操に辿り着く?シルクふぁみりぃさんのブログを見つけて嬉しい」の記事を紹介していただいていました!

ありがとうございます(^-^)
読んでいて、あのシルクふぁみりぃさんに紹介していただけるなんて・・・と思ったらもうドキドキしてきてしまって、手にびっしょり汗をかいてしまいました(笑)

スポンサーリンク

一生続けられるのがきくち体操

紹介していただいたのはこちらの記事です。

今回のブログからも、シルクふぁみりぃさんのきくち体操に対する思いが伝わってきて嬉しくなりました。

読みながら
「そう! そう!! 私もそう思います!!」
と大きく頷きながら(笑)

実は私、当初きくち体操のDVDを買うのに少々悩んでいたのです。
というのも、あるDVDのレビューに、
「先生の甲高い声に耐えきれなくなり消音で聞いている」
「先生の教え方が威圧的」
とあったから。

これ・・・とてもよくわかります。私もこれまで購入した運動のDVDで、講師の先生の話し方やクセなどが気になってしまい、結局それが理由で続けられなくなったものもあるので。

ましてや80歳になる菊池先生ですから、大方の生徒さんよりも年齢は上だろうし、自身が築きあげてきた「きくち体操」というものに自信をもっていらっしゃるはず。

それがもしかしたら威圧的に感じるのではないだろうか、そしてそれは私が一番苦手なものではないだろうか・・・

そう思ってDVDを購入するのを躊躇していたのですが、もしダメだったら私も「消音」にすればいいと思い、購入に至ったのです。

ところが、予想を良い意味で裏切ってもらいました。
私、菊池和子先生の話し方、大好きかもw

なんというか、自分が実践して、多くの実績を残しているという裏付けからでしょうか、おっしゃることの全てに真実味があるのです。
言葉に愛が宿っている、と感じます。

菊池先生がDVDの中で何度も何度もおっしゃっていること、それらはスーッと頭の中に入ってきて、いつしか意識の中に定着しています。

何気なく立っている時でも
「ただ立っているだけじゃダメなのよ。考えて!」
「太ももに力を入れて!膝をぐっと押し込んで!お尻をきゅっとしめて!」
「肩を上げないで!肩甲骨を下げてみて。それだけで全然違うから」
と、DVDの中の菊池先生の声が聞こえてくるのです。

この「意識する」というのもとても重要で、意識した場所がどんどん変化していくのが自分でもよくわかります。私、きくち体操を始めてから確実に背筋が伸びています(^-^)

座っている時も、以前なら骨盤が倒れて猫背になっている方が楽だったのに、今は骨盤を立てていないと逆に疲れると感じるようになったほどです。

一つ意識をしたことで、こんなにも変わってくるのですね。まさに菊池先生がおっしゃる
「全部繋がっている」
ということなのだとハッとさせられます。

シルクふぁみりぃさんは、
「数日ごとに20~40分」
「少し時間があったら体操タイム」
というふうにきくち体操を実践していらっしゃるそうです。

私の持っているDVDは、15分バージョンと60分バージョンがありますが、それを見ながらやる時もあれば、生活の中に動きを組み入れているから常に運動している、とも言えます。

これこそが一番大切なのではないかなぁと思うのです。
しっかり時間を取ってDVDを見ながらやるのも、自己流にならないために定期的に見なければいけないし、時間がないからできなかった・・・ではなく、普段の動きの中に十分取り込めるものだし。

どれも手軽にできる動きばかりだから、「少し時間があったら体操タイム」というように、まさに一生続けられる運動だと思います。

いろいろな運動を試してきましたが、どれもこれもピンと来なかったり続けられなかったり。
しかしやっと
「自分にあっていて、しかもずっと続けられる運動!」
と思えるものに出会うことができました。

年齢層は高めの運動ですが、若い人が日常生活において取り込んでも良いストレッチになると思います。激しい運動が苦手な方には本当におススメです。

私の冷えとり生活も、靴下の重ね履き・半身浴・ウォーキング・きくち体操、となんとなく見えてきたような気がします。あとは筋トレかな?

それもダンベルだけでなくいろいろやってみて、その中から「一生続けられるもの」を見つけていきたいと思います。楽しみ♪

シルクふぁみりぃさん、これからもきくち体操の素晴らしさを発信していってくださいね!私も及ばずながらお手伝いさせていただきます(^-^)

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク