真向法体操が出来な過ぎて悲しい

シェアする

makkoho

「真向法」というものをご存知でしょうか?
最初にこの名前を聞いた時、「怪しい宗教・・・?」と思ってしまいました。冷えとりに真向法、これ以上周りに心配をかけてはいけない!と一瞬思ってしまいましたが・・・

安心してください、冷えとりも真向法も宗教じゃないですよ(笑)

スポンサーリンク

ライフワークとして続けてみたい

その真向法体操とはどんなものなのか?ではまずこの動画をご覧ください。

シンプルな動画ですが、やっていることもいたってシンプルです。
動きはたったの4ポーズ。しかしこの4ポーズをやれば健康でいられるとされています。

最初に私が真向法を知ったのは、何かに「きくち体操は真向法の真似」と書かれているのを見たから。

それは聞き捨てならないと真向法体操を調べてみたのですが、真似というか、健康法の根っこや考え方は目的がおのずと同じになり、似たような動きになるのでは?と思いました。

きくち体操では、両足をまっすぐに伸ばし、膝の裏を床につけ腰を直角に伸ばすなど、股関節を意識する運動が多いです。

かたや真向法も見ての通り、足を伸ばして前屈する運動もあり、こちらも股関節を意識する運動ですね。そして私が近年意識しているのもこの股関節だったのです。

元々体の硬さは人一倍で、もう笑えるほど前屈が出来ないのですが、それでも股関節の重要性を知ってから、出来ないながらも意識はするようにしています。

そして早速真向法にトライしてみたのですが・・・もう想像以上に出来ないです。本当に笑えるほどです、その姿は。

まず両足の裏をピタリとつけるところで初日はやっと。それから前屈するなんて・・・人間技とは思えません(>_<)

動画ではいとも簡単に行っていますが、ああなるのには一体どれくらいの年月がかかるのか・・・と思うとやる気も失せます。

がしかし、ここで諦めてしまっては、せっかく真向法と縁があったのにもったいないです。
出来ないながらも少しずつ続けていけば、きっとできるようになる日がくるはず!

真向法でも
「無理をしてはいけない」
「毎日一ミリでもいいから」
というように、長い年月をかけて習得することを勧めていました。

そもそもこんなにカチカチな身体を作ってしまったのは誰あろう自分です。それをたった何日かでできるようになると思うところがまず私の間違い!

これから長い時間をかけて、でも着実に進んで行けたらなぁと思っています。
気持ちがいいでしょうね、動画の様にピタッと体が床に着いたら!それを想像して頑張りたいと思います。

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. avatar おんた より:

    はじめまして。いつもブログ楽しみに読ませていただいています。
    妊娠をきっかけに冷えとりを始めて4年になります。
    45歳という超高齢出産だったので、未だに身体がガタガタです(泣)
    以前は野口体操をやってまして、真向法の話題でついコメントしたくなってしまいました。
    でも今は無理でも少しずつ身体を動かしていきたいものです。

    • avatar haco. より:

      おんたさん、いつも読んでくださってありがとうございます。

      野口体操、初めて聞きました!
      早速調べてみたのですが、体をゆるゆると緩めるような動きをする体操のことでいいのでしょうか?

      詳しくはよくわかりませんが、とても良い運動だなぁと思いました!
      フト思い出した時に体を緩める動きをするだけで身体に良いような気がします。

      こちらもまた図書館で本を見つけてこようかな~^^
      おんたさん、良い情報を教えてくださってありがとうございますw

  2. avatar Kuni より:

    haco.さん、こんにちは
    私も本を買って、真向法やりましたが
    やはり全然出来なくて、そのまま放置でした。
    ブログ拝見して、私もまたやろうかなと
    思いました(^^)
    身体にとても良さそうなんですよね〜
    ブログで経過楽しみにしてます。

    • avatar haco. より:

      kuniさん、こんにちは!
      kuniさんも出来ませんでしたか~。

      出来なくてもいいから毎日少しずつやればいいのはわかっているのですが、
      あまりのできなさに自分が情けなくなってしまって。
      心が折れる方が先でした(笑)

      でも10年後にできればいいやくらいな気持ちで少しずつやっていきたいです(^-^)