真向法 気づいた時にちょこちょこと

P1080269-01-530

先日のブログに書いた「真向法体操」。

「真向法」というものをご存知でしょうか? 最初にこの名前を聞いた時、「怪しい宗教・・・?」と思ってしまいました。冷えとりに真向法、...

相変わらず出来な過ぎて泣けてきますが(笑)、それでも気づいた時にやるようにしています。

スポンサーリンク

生活の中に取り入れることが長く続けられる秘訣

きくち体操もそうですが、真向法も
「よし、やるぞ!」
と思ってやろうとすると長続きしないように思います。

とにかくストレッチ系の運動も筋トレ系の運動も、痛かったり思った以上に伸びなかったりしてやっていて楽しくないので、どうしても何かと言い訳をつけてしまう癖があるのです。

「あとでちゃんと時間をとってしっかりとやろう」
「ここは狭いからあとでテーブルを寄せてやろう」
「昨日やったから今日はやらなくていいかな」

一つ目と二つ目の理由は別として、三つ目のやらない理由は我ながら情けないですね(笑)
でも、しっかりとやった次の日などはついこんな風にサボリ癖が発動してしまいます。

そこで、真向法体操もきくち体操も、わざわざ時間を作ってやるのではなく、気付いた時にサッとやるという方法に替えてみました。

例えばテレビを見ている時など、第一体操と呼ばれる「足の裏を合わせる」ポーズにすると、股関節が少しでも柔らかくなるというか、真向法に慣れるのではないかなぁと。

最初はギシギシしていた股関節も、しばらくすると大分落ち着いてくるので、その時点でちょっと前屈してみるとか。

冷えとりの半身浴をする時も、足をまっすぐ伸ばし腰を立てて座れば、真向法の第二体操のポーズになるし、きくち体操の要素も含むことになりますね。

さらにその後、足首を回したり足指握手をすれば立派なきくち体操!

しかもこれらは、「体操の時間」と時間を割いてやるのではなく、生活の中で気づいたら何度もなっているので、時間を割くよりもトータルははるかに長い時間やっている事になります。

家事をしている時、お湯を沸かしている間に立位体前屈をすれば第二体操やきくち体操のポーズに似たものになるし、座ってやるよりも簡単です。

よし、やるぞ!と意気込んでやるよりも、こんな風に「ながら体操」として取り入れた方が、私には合っているようです。

それにしても・・・真向法。あの通りにできたら本当に気持ちがいいでしょうねぇ。
ああなりたいな、いつかきっと♪

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. avatar マチルダ より:

    真向法ができるようになると腰痛知らずになれると聞きました‼私も以前挑戦しましたが挫折。今は真向法の本も手放してしまったので、きくち体操を少しずつやりはじめています。

    Haco.さんのブログを見ると私もやろうって気になります。ありがとうございます。

    • avatar haco. より:

      少しずつでいいのですよね。
      私はすぐに完成形を求めてしまう癖があるので、代えていきたいという事も含めて続けていきたいと思っています。
      一緒にゆるゆると続けていきましょう!

      • avatar マチルダ より:

        私がカラーコーディネートのスクールに通っていた時に、先生が「1日の進歩は紙1枚の厚さです。でも紙1枚を毎日積み重ねてしばらくしたらすごく厚くなっていますよね」というお話をしていただいたことがありました。今思い出しました(笑)。

        • avatar haco. より:

          あぁ、良い言葉ですね!
          日々のコツコツをおろそかにしてはいけないとよくわかる言葉です。

          毎日紙一枚分でもいいから完成形に近づけるようにがんばろうっと♪