冷えとり 靴下 の 穴を あて布で補修

冷えとりを始めて少し経つと、「靴下に穴が開いた~♪」という経験をする方も多いかと思います。

私は一ヶ月たった頃に穴が開きましたが、時期は人それぞれだし、例え穴が開かなくても そう深く考えることはないかなぁとも思います。

ところで、皆さんは冷えとりで開いた靴下の穴をどうされているでしょう?

スポンサーリンク

冷えとり 靴下 の 穴を あて布で補修

私は小さな穴なら、例えばそれが足の裏側に開いたとしたら、開いた面を足の甲の方に回して履くという、なんとも大雑把な性格(^_^;)

本当はその時点で縫えばいいのでしょうが、とにかく 「裁縫」 と名のつくものは苦手なもので・・・

で、どうしようもなく開いてきたら縫うわけですが、いつもは穴の開いたところをつまんで縫うだけ。とっても簡単♪

ただ、穴があっちにもこっちにも開いてくると、その方法だと靴下がどんどん小さくなっていくんですよね

冷えとり用のゆるゆる靴下なのに、ピチピチの 普通の靴下になっちゃうという(笑)

そこで「あて布で補修」という、私にとってはとてもハードルの高い方法で補修に挑戦してみました。

今回修理するのは、先日の熱の後に開いた靴下

今はさらに穴が増えました

これを、初代・穴開きまくり靴下のこれら、

この靴下のきれいな部分を切り取って あて布補修したいと思います。

とはいえ、いくらもう履けない靴下とはいえ、ハサミを入れるのはちょっと勇気がいりますね。

「ありがとうね」 と心の中でつぶやきつつチョキチョキ。

靴下の穴よりも大きめに切ります。
想像していたよりも、切った端がボロボロしてこないのは意外でした。

穴の開いた靴下を裏返し、あて布も裏返しにして充てます。
そして、縫う!

大雑把な性格丸出しで、ザクザク縫う(苦笑

縫い終わり裏返すとこんな感じ。

案外しっかりと縫い付けられていて、がっちり補修された感じがします。

同じように、穴の開いた部分をあて布で補修しますが、
私は大雑把なうえに粗忽ものなので、必ずと言っていいほど後ろの布と縫い合わせてしまうタイプ。

なので 内側に厚手の紙をはさんだり、

空き瓶に靴下をかぶせて縫ったりしました。固定もできて縫いやすいです。

そして出来上がりはこちら♪

黒い糸は二本どりで縫ったので、かなり丈夫です。
ただ、糸をたくさん使いましたが。

白い糸は一本どりですが、思ったほど弱いかんじではないです。

強度は今後履いてみて洗濯をしてからですが、二本どりで縫ったほうが見た目もいい感じだし、刺し子刺繍みたいで楽しいです。

糸もせっかくなので絹を使えば一番いいのでしょうが、そこまでせずに家にあった木綿糸を使いました。

今回は穴も大きかったので あて布での補修をしてみましたが、一番楽な補修方法は断然「つまんで縫う」です。

だから穴の大きさによって、つまんで縫ったり、あて布をあてたりと変えてみたらいいかなと思います。

これでしばらく靴下を買わないで済むし、履けなくなった靴下の再利用が決まって一件落着です♪

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク