靴下を減らして困ったこと②

シェアする

冷えとり靴下の枚数を、8枚から4枚に減らしてみて、
困ったことの二つ目。

それは、
何枚も重ねることを想定して作られた841さんの靴下では大きすぎる
ということ。

冷えとり靴下を何枚の重ねばきをすれば、当然のことながら足を圧迫します。
冷えとりを始めるにあたって、手持ちの靴下で試される方もいるかと思いますが、普通の靴下ではそう何枚も重ねばきできないと思います。

それは当然のことながら、重ねばきするように想定されていないから。
ずり下がらないよう、ぴっちりと、時にはゴムも入れて作っているはずです。

ところが冷えとり靴下は、何枚も重ねばきするように作られている靴下。
特に841さんのお店は、本格的に冷えとりをする方が多く愛用されているように感じます。

スタッフのみなさんも10枚・12枚の重ねばきをされているようだし、
店長の841さんは、この靴 を作ってから、なんと22枚の重ねばきをしているそう!!

それだけ重ねても、圧迫感のない靴下なのですね。

そして、重ねるということは、靴下が下がってこない ということでもあります。
全体的には下に下がりはしますが、靴下が緩すぎて脱げてくるということはまずありません。

ところが、たくさん重ねて履けるようにゆるく作ってある靴下ですから、
4枚くらいだとどうしてもずり落ちてきます。
たまに脱げることもあります

これは多分、使用している靴下が、長年愛用しているため、劣化してきている?せいもあると思います。
841さんのお店で売っている、初心者向け4枚セット も、私が履いている靴下と同じものなので、
4枚履きにも対応されているようですし。

私も、特に靴下が大きすぎて困ることはないし、慣れてしまえばなんてことないですが、
あえて 「靴下の枚数を減らして困ったことは?」と聞かれれば、この件になる、ということです。

さて、ここ数日は靴下の枚数を減らしたことについて書いてきましたが、
ただ靴下を減らしただけではなく、靴下を減らしたのをきっかけに始めたこともあります。

明日からはそれを書いてみようと思います。

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク