夏の半身浴は冬よりも気持ちいい!低い温度で長い時間入っていられる♪


冷えとり健康法において「半身浴」は毒だし効果が高い重要なアイテムの一つですが、忙しさにかまけてついついおろそかになりがちです。

靴下を履いているからいいや、日中に湯たんぽを使っているからいいや・・・と、何かと理由をつけて半身浴をさぼりがちです。

でも夏の半身浴は低い温度でも上半身が寒くなくて、冬の半身浴よりも快適!長い時間入っていられるのも嬉しいですね。

スポンサーリンク

夏の半身浴 時間はお好きなだけ

Street of Dreams 2011 Tigard Bathtub
Street of Dreams 2011 Tigard Bathtub / Mike Rohrig

冬の冷えとり半身浴は、冷えた体を心地よく温めてくれ、身体だけでなく心もほぐしてくれます。私も冬場は寒さ対策に積極的に半身浴をするのですが、夏は半身浴で温まらなくても身体は暑いため、どうしても億劫になってしまう傾向があります。

ただ、冬場と違い、夏の半身浴はぬるい温度でもお湯が冷めるのが遅いし、浴室内も寒くないので上半身は快適♪ 冬の半身浴よりも夏の方がずっとお手軽なのですよね。

冷えとりの半身浴は、最低20分から好きなだけ入ってOK。体がお湯に浸かっている状態が毒を出しやすくするので、時間が許す限りいつまでも入っていていいそうです。

これは夏の半身浴も同じで、気持ちがいいと感じるならば何時間でも入っていてかまわないのです。

夏の半身浴 お湯の温度は?

冷えとりの半身浴では、お湯の温度は38度くらいが良しとされています。が、住んでいる環境はそれぞれだし、あくまでも目安ということだそうです。

経験から言えば、冬の38度は無理です^^;
いくら長い間お湯に浸かろうと、汗が出てくるどころか体の芯から冷えてきます。もちろんこれには住んでいる地域も関係するでしょうが、温度はあくまでも目安としてとらえるのがいいでしょう。

ちなみに我が家では、今のお湯張りの温度は39度に設定されています。私がお風呂に入れるのは家族が全員入り終ってからなので、きっと36~7度に下がっていると思われます。

冬場なら飛び上がるくらいに冷たい温度でしょうが、夏場はこれがいい感じ^^
いくらでも半身浴ができます。

しかも、こんなに低い温度なのに、しばらく入っていると汗はダラダラ状態!いつもタオルで拭き拭きしながらお湯につかっています。

これを考えると、夏の半身浴の方が案外体に良いのかもしれません。冬場の半身浴では、これほど汗がかけないことが多いので。

今はちょうど読みたい本や調べたいことがたくさんあるので資料が山積み!それらをお湯に浸かりながら片っ端から読み進めています。気が付くと汗がダラダラ(笑)

お風呂から上がって着替えるのも寒くないし、夏の半身浴はいいことづくめですね♪

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク