冷えとりと二日酔いと私(笑

シェアする

冷えとりと二日酔いと私(笑

どこかで聞いた歌のタイトルのようですが・・・
最近、お酒を飲むと二日酔いをするようになって困ってます。

だったら飲むのをやめればいいじゃないの・・・という声が聞こえてきそうですが^^;
そうはいかないのが酒飲みの悲しい性(?)。

とはいえ、夜ごと飲み歩くわけでもなく、家のみでビールとワインをたしなむ程度。
決して 「ザル」 を豪語するわけでもありません。

普段はビール1本程度を楽しむくらいですが、週末になると気が緩むせいか、ついお酒がすすみます。
だからといって、1本が2本になるくらいだし、ワインが数杯になる程度。

これまではその位で二日酔いなんてありえませんでした。

冷えとりを始めたのは昨年の秋。
以来ずっとそのペースで家飲みを楽しんできましたが、二日酔いになったことはありません。

それがなぜかここにきて急に二日酔いするようになったんです。

以前も書きましたが、せっかく冷えとりをして、体から冷えを追い出そうとしているのに、
せっせと冷えたビールを流し込んでは意味がありません。
だから今まで何度か これを機会にやめようと思ったこともありました。

でも習慣って恐ろしい。

夕方になると、ビール心が騒いでくるのですよ・・・^^;

これまでのそれに抗うことなく(笑)素直に心のままに飲んでいましたが、
ある時フト、
「本当にお酒が飲みたいの? シュワッとした感覚を味わいたいだけじゃ?」
と自問自答してみました。

確かに、あののど越しのシュワ~ッ! はある意味「クセ」ですよね。

そこで、お酒を飲むのは週末にして、平日はペリエを飲むことに。
すると、先ほどの仮説は確信に変わりました。

あぁ、アルコールが欲しいのではなく、このシュワシュワ感が好きなのだと。

以来、ペリエを楽しみつつ、夕飯のメニューによってはビールを1本飲む・・・というスタイルに。
そこで週末に本数を増やすと、途端に二日酔いになるわけです。

これは冷えとりとは関係なく、ただ単に飲む量と習慣に関係しそうです。
ただ冷えとり的に見るとしたら、
「今まで出なかった毒が、冷えとりによって二日酔いという形で現れた」
ということになるのでしょうか。

・・・私は迷わず前者を選択しますが(苦笑

でも結果的に見て、お酒を飲む量が減ってきているのは事実ですから、
やっぱり 「冷えとりブラボー!!」 なのでしょうねw

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク