冷えとりファッション番外編 ウォーキングファッション

シェアする

冷えとりの要素はだいぶ薄いですが、毎日歩いている時の服はこんな感じ。

スポンサーリンク

化繊は苦手だけど運動の時にはピッタリだということを実感

20150621

UV防止パーカー / ユニクロ
ジャージ / ユニクロ
冷えとり靴下五本指
カバーソックス

えー、この日は冷えとり的にはよろしくない、化繊100%のパーカーです^^;

ただ、もう一着綿のパーカーも持っているのですが、暑い中一時間半を歩いていると、さすがに汗びっしょりになり、綿のパーカーはその汗がいつまでも乾かず、そのうちヒンヤリとしてきて不快(>_<)

でもこちらの化繊のパーカーは、どこに汗をかいたのか認識できないほどの速乾力!

肌には優しい綿素材ですが、たくさんの汗をかくスポーツ時にはむいていないようですね。とにかく、汗が冷えて体が冷えるのがとても気になるのです。

その点、化繊のパーカーは肌に良くないと思いつつも、速乾性があって結果的に汗で体が冷えることがないので快適。
適材適所とはまさにこのことかもしれません。

ジャージですがこちらは綿のもの。ただ、上半身と違いさほど汗をかかないようで、生地が濡れて冷える、ということはなく心地いいです。

ウォーキング時の靴下ですが、昔の冷えとり靴下五本指を履き、その上に厚手のカバーソックスを履いています。

今のところこの組み合わせで足の裏が痛くなったことはないです。
が、やっぱりベストは くらしきぬさんの内絹外ウール靴下重ね履きセット とカバーソックス、計3枚の重ね履きなのよね~。

歩いていて、
「痛くなるかも?」
という心配がないというのも大きな要素です。

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク