冷えとりファッション春 ドライブは上半身を軽めにが鉄則


久しぶりにちょっと遠くまでドライブに出かけた日の冷えとりファッション。
長時間車に乗る時には
「上半身は軽く」
が私の場合の鉄則です。

スポンサーリンク

あえて腕の部分はインナーのみ おかげで車中は快適

20150308

インナー / ホットコット
デニムチュニック
スキニー / ユニクロ
内絹外綿レギンス / 841
内絹外ウール靴下重ね履きセット / くらしきぬ 

冷えとりを始めてから、長年苦しめられていた車酔いから解放されたわけですが、それでもやはり車に長時間乗っているのは苦しくなることがあります。

それは、
「空気が流れない狭い車内」ということと、
「車内の温度を自由に設定できない」
ということ。

今の季節、窓を開けて走ることはないので、どうしても車内の空気のよどみが気になります。私一人なら、エアコンの吹き出し口から「送風」にして風を出し、空気の流れを作ることができますが、同乗者が寒がるのでそれもできず。

また、乗っている人の体温とエンジンの温度が伝わって、車内は比較的暖かくなっていると感じるのですが、それは私だけのようでみな
「寒い! 暖房を強くして!」
と訴えられます^^;

だから、私ができる自己防衛としては、
「薄着になること」
くらいしかありません。

さすがに半袖になることはためらいますが、この日はホットコットのインナーに半袖のチュニックを重ね着。腕の部分はインナーのみ★
でも、足元には上着をかけてひざ掛け代わりにしているので(車に乗る時はいつもこうする)、
「下半身はあったか、上半身は涼しく」
という冷えとりができるのです。
20150308_1

これは別に冷えとりをしているわけではなく、こうした方が心地いいのが以前からわかっていたから。冷えとりを始めてから、それが理にかなっていたことを知ったのです。

おかげで長時間のドライブものぼせることなく快適に過ごせました。
そして時折、ドライブインで休憩して外の空気を吸うのが最高のリフレッシュ♪ 顔が冷えると上半身の熱が冷めやすくてとっても気持ちいいのです。

トイレ休憩ならぬ、のぼせ休憩(笑)

子どもの頃からドライブは苦手でしたが、こういう自分なりのコツみたいなものをつかんでしまえば楽しく過ごせますね^^

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク