クラウン ジャズ レースアップシューズを注文

シェアする

crown_jazz

冷えとりを始めて今年の秋で5年になります(!)。
冷えとりを始めたばかりの頃は何かと買いそろえるものが多かったのですが、今は必要なものは揃い、めんげんによる靴下の穴開きもほとんどなくなったため購入するものもなくなりました。

ただこの数年の間に好みの変化もあり、また年齢を重ねるごとにこれまで好きだったものが子供っぽく見えてしまうようになったアイテムも増えてきてしまったのは事実。

こういう機会が手持ちの服を処分するきっかけと割り切り、より今の気持ちに合うものを厳選していく良いタイミングだと思っています。

スポンサーリンク

カジュアル過ぎるスニーカー

普段からカジュアルな服ばかりで過ごせることもあり、足元は冷えとりを始める以前からスニーカーやサボばかり履いていました。

冷えとりを始めて最初に困るのは、手持ちの靴がアウトになってしまうこと(>_<)

最初は痛い出費でしたが、今はどんなシーンにもマッチする冷えとり靴が揃ったので、冷えとりを我慢することがなくなりました。

しかし予定外だったのは好みの変化。そして年を重ねたことによる違和感。

特にこれまで好きだったボーダーの服がに合わなくなってきたなぁと感じる寂しいこの頃。

ナチュリラやリンネルなどを見ていると、年齢を重ねても素敵にボーダーを着こなしている方も多く、決して「ボーダー=若い人のアイテム」ではないことはよくわかっています。

が、実際には鏡に映った自分とどうもしっくり来ず、引き出しに戻すことが多くなりました。

きっとボーダーの幅や色、もっと細かく言えば首元の出具合など、年齢に合ったボーダーがあるのでしょうが・・・ とういことでいったんボーダー服は仕舞い込んでいます。

それから靴。
困った時にはスニーカーを履いていましたが、どうもそれも似合わないなと感じるようになってしまったのです。

冷えとりだけでなく、先ほどのナチュラルっぽい服を好む方の中には素敵にコンバースを履きこなしてらっしゃるし、菊池京子さんのコーデにもコンバースは必須アイテムです。

若い頃に持っていたコンバースの白を冷えとり靴にもぜひ取り入れたい!と思っていましたが、いざお店で履いてみるとどうも足元だけ浮いて見えるようになってしまいました。

悲しい(>_<)

致し方ないことではなりますが、今の自分にあう、コンバース感覚で履けるカジュアルな靴がきっとあるはず。

そう思っていたのですが、ついに「これだ!」という靴を見つけました。
それはクラウンジャズシューズ

元々レースアップの靴が一つあってもいいなぁと思っていたのですが、カッチリし過ぎて手持ちの服に合わないのでは?となかなか手が出ませんでした。

そんな時に偶然見かけたレペット

元々、雅姫さんや内田彩仍さんがレペットを愛用されていたので素敵だなぁとは思っていたのですが、バレエシューズは冷えとりには難しいし、何でも靴づれが出来てしまう私の足は痛くなりそうだし・・・と敬遠していました。

そんなレペットだったのでレースアップシューズもあるのね!とワクワクしたのですが、やはり値段を考えると相応に履きこなせるとは思えず断念。

でも似たようなデザインで値段も比較的安価、何より冷えとりをしている方の中にも愛用者が多いということが決め手となりました。

底が薄い・皮が薄いなどなどさまざまな意見はレビューを読んで了解済み。実際に自分の目で見て触ってみた感想はまた後日レビューしたいと思います。

楽しみだ♪

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク