カヌーサンダル、サイズ選びに悩みまくっています

シェアする

以前、冷えとり靴として購入した 「カヌーサンダル」。
その時の記事はこちら。

新しい冷えとり靴を注文♪
カヌー(Canoe)購入レポート

あれから冷えとりファッションでも とんとご無沙汰なのはもうお気づきかもしれませんが・・・^^;
それには理由が。

スポンサーリンク

カヌーサンダル、サイズ選びの難しさ

履き心地も良さそうで、私が好んで着る服に割と合うデザインだったため、
手元に届くのを楽しみにしていたのですが・・・

以前のブログにも書いた通り、返品不可能な状態になってしまい、おそらく足に合っていないと思われるサイズを手元に置くことにしたのですが・・・

やはり大き過ぎました。

これまで冷えとり靴を選んでみて、S・M・Lサイズの場合は迷わず 「LL」 サイズを選んでいて間違いはありませんでした。むしろ履く靴下の枚数によっては入らない靴もあったことも。
センチで選べばそういうことはないのですが、通販なので 「可愛い♪」 と思った靴は意外にSMLサイズが多いのです。

ただ、靴が小さければ靴下を数枚脱げばいいだけで、手間とはいえ、買った靴が無駄にはなりませんでした。

が、カヌーはその逆で大き過ぎ^^;
大きければ靴下を何枚重ねばきしても履くことができますが、それでも限度というものがあり。
LLサイズのカヌーは、当時靴下8枚重ねばきをもってしても大きかったのです。

履くのは楽でいいのですが、歩いているうちにどんどんつま先の方につまっていき、かかとの方はかなり余ってしまうし、車の運転をしていても、ヒヤッとすることはないですが、いつもより慎重にアクセルとブレーキを踏んでいたりするし。

とはいいつつも、散歩の時に履いてみようとか、自分が運転をしない時に履こうと自分を納得させていたのですが、自然と靴入れの中からカヌーを選ばなくなっていたのです。

旦那さんにあげようかと思ったのですが、旦那さんはこういうサボを好むタイプではないし、それに旦那さんの足をもってしても、カヌーのLLサイズは大きかったのです・・・まぁ、旦那さんの足が男性にしては小さいということもありますが。

自然とお蔵入りになっていた、可愛いカヌーのサボ。
でもここにきて光が差しました(笑)

というのも、ここのところの雨で、スーパーに行っても駐車場は水たまりだらけ!
その間を縫うように、靴が濡れないように歩いている時に、
「やっぱりレインブーツを履かなきゃダメだな・・・」
と思ったのですが、そこまでガッツリ雨用が必要というわけでもないわけで。

汚れても気楽なクロックスですが、穴があいているため靴下が濡れることもあり。
それが苦手なのです・・・

そこでフト、
「そういえば、カヌーなら雨の日に履いても靴下が塗れないかも?」
と気づいたのです。

サボだから足先は覆われているし、素材も合成皮革だから雨の心配もいらないし

早速の雨上がりに久しぶりのカヌーを履いてみたのですが、これが驚くほど履きやすかった

大きさはもう仕方ないのですが、指先が広がっているデザインなので窮屈ではないし、その窮屈ではないせいか、履いているうちに足先がポカポカしてきたのです。
アレ~、やっぱりカヌーいいよ~

これが足に合ったサイズならなぁ・・・もし今度カヌーを買うとしたら、赤が欲しいなぁ・・・

な~んて思い、サイトを覗いていたらもう俄然欲しくなってしまい(笑)
欲しいデザインのものも決まったので、あとはサイズを選ぶだけ♪

キャンバス地のワインレッドが可愛いw

だったのですが・・・これが難しい(;´Д`)

以前失敗しているだけに、とても慎重になってしまいます。
欲しいのはMサイズ。
でも、足のサイズを計ってみるとLサイズがちょうどいいような気がする・・・

でもでも、LLサイズはかかとが2センチくらい余っているし、LLからLにサイズダウンして、届いたらLLサイズとさほど変わらなかった・・・というのでは泣くに泣けません。

ただ、カヌーサンダルはサイズ選びが難しいということで、「安心交換サービス」 というのがあるそうなのです。
これは 「GJShop さんのオリジナルサービス」 だそうで、
返送料のみの負担で交換してくれるというもの!

ありがたいですね~^^
だけど、交換しないで済むならそれにこしたことはないわけで。

う~ん、迷ってます迷ってます(*_*)
もう少し、いろいろな人のレビューを参考にさせてもらいながら考えてみることにします・・・

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク