久しぶりに履いた内絹外綿レギンスの温かさ

ここのところずっと、冷えとりを始めた頃から愛用していた、冷えとりショップ841さんの内絹外綿レギンスを履いていませんでした。

なぜなら、修復不可能なくらいに穴が広がってしまったから(>_<)

値段も安いものではないだけにショックで、穴が開いても履き続けていましたが、やはり限界だったよう。足を入れようとすると穴に入れてしまう・・・なんてこともあり!

泣く泣く履くのを諦めたのでした。
その後、新しいレギンスを購入しなければと思っていたのですが、せっかくなら内絹外ウールのものを、でもお値段が・・・と思い購入できないままになっていました。

その代わりに履いていた綿のレギンスがあります。キルティングになっていて見るからに暖かそうなものなのですが、洗っている時に穴の開いた内絹外綿レギンスを出してきて履いたところ、その温かさの違いにビックリしてしまいました!

スポンサーリンク

やっぱり違う?内絹外綿レギンス

leggings

内絹外綿レギンスの代わりに購入したのが、グンゼのもの。

パッと見は股引のようで見栄えが悪いですが、私が購入したのは「ローズグレー」なのでもう少し可愛らしい?です^^;

こういったものですら今は化繊が混じったものが増えてきてしまい、綿100%のものを探すのも一苦労。

綿は使って行くうちに硬く締まってきますが、最初のうちはふっくらと柔らか。それでいて肌に密着するので、内絹外綿レギンスのようなたるんだ感じがないものを欲していました。

履き心地が悪くなってきたら消耗品と諦められる価格ということと、商品説明が魅力的だったこともあってポチリ。

綿100%(本体)でしっかり暖かいインナー。
肌にあたる部分がやわらかい裏起毛になっており、ふんわりとした暖かさをキープ。
ガーゼ素材なので肌あたりもやさしく、冬のお肌にもソフトにフィット。
冷えを感じやすい腰とひざ部分は当て布付。当て布部分は生地が二重になるので、暖かい空気がたまりやわらかく身体を包み込んでくれる。
マチ付きなので脚さばきも良く動きやすい仕様。

説明の通り、ふっくらと厚みがある感じなのと、ガーゼのような柔らかい素材が嬉しくて
「これからはずっとこれでいいかも」
と思ったほど。

たるんでくるあの嫌な感じもなく、かといって血流が滞るほど密着するわけでもなく、程よいフィット感がとても気に入りました。

これを履いてもう一ヵ月くらい経つでしょうか。
洗った時はウール100%のレギンスを履いてしのぎ、乾いたらまた履いて・・・を繰り返してきました。

ただその日、洗ってしまったものの外出する予定があり、さすがにあの厚みがあるウールのレギンスを履いて行くわけにはいかず。

ましてや寒くなってきたので何も着用しないわけにもいかず、今回だけと思って穴の開いた内絹外綿レギンスを引っ張り出して履いてみました。

すると・・・
もう購入してからずいぶん経ち、何度も洗って品物としては劣化しているはずなのに、履いた瞬間にふわっと暖かかったのには驚きました!

特に暖かく感じたのが膝下です。
グンゼのものはピッタリ密着したタイプ、でも内絹外綿レギンスはゆる~く膝下はレギンスが密着していないにも関わらず、こちらの方が断然暖かいのです。

暖かい空気の層をまとっている、まさにそういう感じ。
なぜグンゼの方が肌に密着しているにも関わらず寒く感じるのかはわかりませんが、内絹外綿レギンスの底力を見せつけられた形になりました。

うーん、やっぱり良い物には訳がある、ということですね。
やっぱり内絹外綿レギンスを買い足した方が良さそうです。元々「冷えとりは医療費代と思えば安い物」と思って始めたのですから、レギンスだいなんて安いものかもしれません。

とはいえ、以前と違い内絹外綿レギンスはいろいろなメーカーさんから出ているのですね。
しばらく買うことがなかったので久しぶりにチェックして驚きました。

せっかくだから内絹外ウールがいいかなぁと思いつつ、お気に入りの一枚を探しています。
良いレギンスに出会えるといいなぁ(^-^)

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。