ある日の冷えとりファッション

ある日の冷えとりファッション20111101
まだまだ始めたばかりの冷えとり生活。
冷えとりガールのスタイルブック (ナチュリラ別冊)」 を参考にして、手持ちの服でコーディネートしてみました。

まず、煙突をイメージして 上半身は薄着 で。
胸が開いた服
喉が弱い私は、通常ならこの季節、タートルを着るのが定番でしたが、
頭や首元は熱を逃がすために開けておいた方がよい そうなので、
胸元があいた羽織りものをチョイス。
素材は綿です。
中に着たキャミは、ユニクロのカップ付き。
早く絹のキャミソールが欲しいところです。
バッグは STUDIO CLIP のもの。
ボトムは 麻のカーゴパンツ。
麻のカーゴパンツ
洗ってしわくしゃです、お恥ずかしいw
これは随分前に通販で買ったもの。
多分・・・ニッセン?
薄手のカーゴパンツなので、
この下には綿のレギンスを履いています。
足元はもちろん 靴下4枚履き。

実はこの日、草津温泉までドライブしたのですが、
車の中では ウールのカバーソックスを着用。

車中では 外気の気温によって温度が上がったり下がったりしたので、
キャミソール一枚になって(!)調節をしたりもしました!
とにかく、
「下半身の温度より 上半身が上がってはいけない」
らしいので。
温泉地は時折小雨も降るあいにくの天気。
すれ違う人はみな冬の装いです。
なのに、私一人 夏の恰好(苦笑
自分的には全然寒くなくて快適だったのですが、
やはり人の目というものがあるので・・・
今後はもう少し色目を変えていこうと思います。
見ての通り、上着は七分袖。
でも、下半身が暖かいと 寒さって意外なほど感じないものなんですね~(驚き)w
「あぁ、ひんやりしてるな」
と思うくらいで、とにかく快適に過ごせました。
しばらくはこんな風に、
手持ちの服で 冷えとりファッションを楽しもうと思います!

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク