冷えとりファッション初夏 日焼けに注意★ 首元をストールでふんわり保護

ちょっと炎天下の下にいなければならない用事が
冷えとりは首元を開け、体の熱を放出させるのがいいとされていますが、
日焼けを考えたら守るところは守らないと!

薄手のストールで、ふんわりと巻いて隠しました。

20140601

デニム地チュニック / 生協
パンツ / ユニクロ
ストール / 無印良品 麻
内絹外綿レギンス / 841
冷えとり靴下4枚 / FDS

サンダル / ビルケンシュトックベチュラ  38 (24.5cm)

薄手のストールは無印良品のもの。
麻素材なのでストールといっても涼しくて、夏の定番でした。

20140601_1

ここ数年、冷えとりを始めてからはすっかり出番がなくなりましたが、
冷えとりのセオリーと日焼け、どっちをとるか・・・と考えたところ、
日焼け止めを塗るのが苦手な自分にとっては、多少セオリーから外れても、
首元を隠した方がいいと思ったので。

この辺りの考え方の変化も、こだわりを手放せるようになったあらわれでしょうね。

チュニックの中は、ブラキャミ一枚なので、見た目より涼しいです。
薄い生地のデニム地なので、下着が透けて見えないところもいいですね。

アームカバーは、半袖の必須アイテム~^^

20140601_2

熱中症にはお気を付けくださいね!

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク