泣いて毒だし

久しぶりに泣きました。
それもかなり激しく。

その日一日、楽しく過ごすはずだったのに、
小さな小さな出来事が、心の中にオリのように溜まってしまい。

気にしないように、見ないように、
平静を装って過ごしていたのですが、
最後の最後にそのオリを大きく揺さぶられてしまい・・・

その場で泣き出さなかった自分、エライ。

でもその反動か、家に帰れるのが嬉しくて気が緩んだのか、
家に着いた途端、涙がボロボロ落ちてきて、
とてもじゃないけれど家族の前に顔を出せず。

そのままお風呂に直行、
気の済むまで泣きました。

一旦、「泣くこと」 を自分に許すと、
悲しみは雪だるまみたいにどんどんどんどん大きくなって、
弱い心に襲い掛かってきました。

そのうち、声を抑えることもできなくなって、
お~いおいおいって、漫画みたいに泣きました。

きっと家族がいる場所まで届いてしまっただろうけれど、
どうにも止めることができなかったし、泣きながら
「心に溜まった毒を出しているのだから、ここで出しきらないとダメ」
と、意外に冷静に、でも号泣しました。

ただこの心の毒、どうやら私の中のかなり大きいものだったようで、
その日の心のオリなど、導入部分に過ぎなかったよう。

ひとしきり泣いて、涙がこぼれないようになったのでお風呂から出ましたが、
残りは布団で毒だし!! と、さっさと寝てしまいました。

何も聞かないでくれた家族に感謝。

次の日、心の整理をつけようと、ノートに綴ってみました。
何が一体そんなに心の琴線に触れたのか?
何がこんなに悲しい気持ちにさせるのか?
自分の何が原因で、こういうことが起きるのか?

3ページに渡って書きだしてみましたが、
未だに心がすっきりしていません。

まだ本当のところの毒が出きっていないよう。

相変わらず心はモヤモヤしたままで、このままでは相手を恨んでしまいそう。
そうならないよう、まずは自分の心を冷えを取り除かねば・・・

そうわかってはいるのですが、
なかなか心の毒は消えてくれません。

嫌だなぁ、この執念深い性格。

多分生理が近いこともあるのでしょう、
この自分でも把握できない心の揺れ。

今日はいい天気だし、窓越しの日差しは気持ちいいし。
お天道様の力をちょっとだけ貸してもらって、心を浄化しなければ・・・ね。

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. avatar ゆみりん より:

    こんばんは。
    泣くとすっきりしますね。

    私は、今は結婚して夫と2人暮らしですが
    実家で両親と暮らしていたころは(27歳まで親と同居でした)しょっちゅう
    「お風呂で泣く」「頭から布団をかぶって泣く」っていうのをしてました。

    まぁ、とにかく家族仲が悪い家でしたので、家にいるだけで
    心に毒がたまるような環境だった、というのが一番の原因ですが。

    今思えば、泣いて毒出ししてたんだな、と思えます。
    (それでも出し切れないほど日々毒がたまり続けていたので、
    実家暮らしのときはいつも体調悪かったですけど)

    心の毒は体の4900倍って、冷えとりの本にも書いてあったような気がしますし。
    この機会にたくさん出しちゃいましょう^^

    • avatar haco. より:

      ゆみりんさん、ありがとうございます

      今はやすらげる環境にいらっしゃるようでよかったですね。
      泣くって本当にスッキリしますよね。
      だから今回、まだ心に少しわだかまりが残っているのを感じて、
      いかに根深い毒だったのかと少し驚いています。

      案外、泣こうと思っても涙って出てこなくて、
      今は心にわだかまりはあっても、涙が出るに至りません。

      ということは今後きっと、また「きっかけ」が訪れるのでしょうね。
      その時はまた思う存分泣きたいと思います。

      ゆみりんさん、ありがとうございますw