冷えとりをアピールする絶好の機会

先日のこと。
普段なら冷えとり健康法のことを紹介するのは戸惑ってしまうのですが、
ここぞとばかりにアピールする絶好の機会(?)がありました

それは気軽に出かけた集まりの場だったのですが、
最近すっかり寒くなったこの頃、皆さんコートとまではいかなくても、
何枚か上着を重ね着していらしていました。

そんな中、長袖一枚でぷらんと出かけた私

少し前に風邪をひきそうにな寒気を感じた時以来、 
会う方会う方に半袖の言い訳をするのも面倒になったこともあり、
綿の長袖Tシャツを着るようになったのでした。

私の中では、つい最近までノースリーブでうろうろしていたのですから、
ずいぶんと秋らしいスタイルになったものだと思っていました。

が、周りの方はそうは思わないようで・・・

「そんな恰好で寒くないの!?」
「上着は着てないの!?」
と大層驚かれました・・・

また、ここにきて体調を崩している友人も多く、その時も
「ねぇねぇ、グリーンスムージーを飲むと体が冷えると思う
などと聞かれてしまいました(苦笑

普段なら冷えとりのことは今まで口にしないよう気を付けているのですが、
そこは気の置けない友達同士。
そして、冷えに悩んでいるとあれば、ここはスルーできない場面です!

そこで、私がどうして寒くないかを、ちょっとだけ話してみました。
すると・・・

「えっ! それはどういうものなの? 詳しく教えて!!」
「それ、どれくらい続けてるの? 本当に寒くなくなるの?」
「靴下はいくらくらいかかる? 飽きない?」

などなどなど、嬉しい質問攻め

食いついた・・・などと言うのは言い方が悪いですが、
同じような年齢同士、やはり体の不調の悩みは同じようでちょっと嬉しかったです。

私がこの時に力説したことは、靴下の重ね履きでも半身浴でも湯たんぽでもなく、
「体のバランスが整うと調子がいい」
ということ。

それは、下半身を温かく、上半身を涼しくするということ。

ただこのルールを守るだけで、私もずいぶんと快適に過ごせるようになったので、
自信をもって勧めることができます。

誰にでも靴下を何枚も重ね履きすることができる環境とは限らないので、
そのルールさえ頭の片隅に置いておけば、冷えに対して怖がらなくて済むような気がするのです。

例えば、ちょっと寒い日に出かけようという時に、
これまでだったら何の迷いもなく素足にバレエシューズを履いていた人が、
もしかしたらルールを思い出して、そこにレッグウォーマーを足してくれるかもしれないし。

そういうところから始まって、いつか自分で
「アレ? そういえば足を温めると体調がいいぞ?」
と気づいてくれたらもうこれ、最強ですよね

そうなった時に、そういえば前にhaco.ちゃんが何か言ってたな~と
思い出して聞いてくれたらホイホイ話すし、冷えとりの本なんかもプレゼントしちゃうし(笑

こんな風に冷えとりが広まっていくのが一番いいですね。

以前の私なら、
「こんなに素晴らしいこと、みんなに教えた~い!!」
と鼻息荒く(笑)まくし立てていたかもしれません。
(実際それに近いこともありましたっけ)

それ・・・ドン引きですよね

今の私なら、もう少し肩の力を抜いた冷えとりの普及ができるかとw

以前、
「私の重ね履きで象のような足を見て、気づいてくれる人がいれば・・・」
と書いたことがありますが、
そうではなく、
冷えとりをしている結果としてこんな風に薄着なんだよ
もしくは
冷えとりをしている結果、こんなに元気で体調がいいんだよ
という姿を見てもらうのが一番なのかもしれないな~と思ったのでした。

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. avatar りう より:

    haco.さん、こんにちは♪

    そんな風に自然に興味を持つ人が増えて
    冷えとりが広まるってイイですね☆

    冷えとりって自分ではいいと思ってるけど
    私みたいにまだまだ入り口でもぞもぞしてるようなのが勧めても
    きっとただ怪しいだけのナニかになってしまうんですよね。
    説明下手だから?って思ったりもしたけど
    たぶん問題はそこじゃないんだろうなと、私も薄々気づき始めました。。。

    私自身は本から興味を持ち始めて自分で調べましたが
    もし私が冷えとりのことを知らなくて、人から
    「靴下いっぱい履いて長めに半身浴して食べ過ぎないといい…らしいよ」
    (↑自分がやりそうな勧め方、しかも「らしい」って…)
    って言われたって、へー(めんどくさそう)って思って終わりかな(笑)

    私もhaco.さんのように、まずは自分の感じる心地よさを増やしていきたいです。

    • avatar haco. より:

      りうさん、コメントをありがとうございます^^

      冷えとりって、何一つ悪いことはないし、
      たいした費用がかかるわけでもないし、
      それなのにこんなに気持ちよくて体の調子がよくなって・・・

      と、はたから見たら本当に胡散臭いですよね^^;
      後からなにか高いものを売りつけられそうな・・・(苦笑

      最初の頃って、冷えとりに出会えたことが嬉しくて、
      とにかく人に伝えたくなりますよね。
      このブログもその熱に浮かされて立ち上げたようなものですが^^;

      でも、面と向かって興味のない知り合いにアツく語るのとは違い、
      ブログは興味がある方にだけ読んでもらえるのでいいなぁと思う今日この頃w

      今の私に冷えとりを広めるのは、こうしてせっせと冷えとり体験をつづることだけですが、
      それが誰かの参考になってくれれば、少しは貢献できているかな、とw

      良いものを伝えるって、結構難しいものですね^^;

  2. avatar 杉田美和 より:

    確かに「すごい、薄着だね」と言われます。(笑)

    • avatar haco. より:

      杉田さんも言われますか^^;

      最近では「寒くないよ」と言うのが面倒なので、
      外に出る時は一枚はおったりしています。
      それで相手が心配しないで済むならオールOKですものね^^

      私も大人になりました(笑)

  3. avatar とっくり より:

    こんばんは。
    男性で興味を持ってくれた方がいるのですが、本、どれをプレゼントしたらいいかなーと迷っています。
    けっこういろいろありますものね。それに女性向けが多いような気もします。
    その方はどうやら「毒(の正体?)」に興味があるそうで、毒について詳しくのっているものがあるといいのですけど・・・
    haco.さんだったらどの本をプレゼントされるのですか?

    • avatar haco. より:

      とっくりさん、こんにちは~^^

      男性で興味を持って下さる方がいるのですね!
      それはぜひとも、深みにはまっていただきたい・・・(笑

      とっくりさんがおっしゃるとおり、
      冷えとりの本って女性向けが多い気がしますね。

      だとしたら、進藤義晴先生の「万病を治す冷えとり健康法」はどうでしょうか?
      10年以上前に書かれた本だということ、
      近年は娘さんの幸恵さんと共著が多い中、この本は先生だけが書いたということ、
      そして、著者が男性だという単純な理由ではあるのですが・・・^^;

      シンプルな装丁も男性が抵抗なく読めるかな~と。

      冷えとり関係の本は進藤親子のもの以外あまり読まないので、
      ベタなものしか紹介できないのですが・・・
      参考になれば幸いです^^

  4. avatar とっくり より:

    haco.さん、こんばんは。
    ありがとうございます!
    私も進藤先生の本しか読んだことがなくて、
    しかも数冊、読んだだけなので、どんな本がいいか分からなかったので
    とても助かりました。ありがとうございます。
    さっそく私も読んでみます。
    それでプレゼントしたいと思います!

    知人男性は半身浴を始めて、ひえとり靴下も買ったそうです~
    奥さんに、いつまでお風呂入ってるの!と怒られたそうですが(苦笑)

    • avatar haco. より:

      とっくりさん、そういっていただけると嬉しいです。
      冷えとりっぽい本はいろいろあるのですが、
      やはり元祖である進藤先生が一番私には合っていますw

      それにしてもその男性、すごいですね~!
      本格的!!
      今や男性も冷えとりの時代ですかねw