上半身と下半身のバランスを上手にとって夏を乗り越える

昨日、関東甲信では梅雨があけました。
平年より15日早い、例年より19日も早い梅雨明けでした。

ここのところ不安定な天気が続き、
雨がやんだと思うと 温度が上昇しものすごい湿気に。
一体いつまでこんな暑い梅雨が続くのか・・・とうんざりしていた時の 思いがけない梅雨明けの発表でした。

さすがにこの暑さだと、自分の中で 「クーラーGO」サインが出ます。
最近では家の中でも熱中症になることも多いそうなので、子供に何かあったら後悔することになるので・・・

ただ、冷えとりを始めてからというもの、クーラーをつけるのに全く抵抗がなくなりました。
それまでは、主人がつける夜のクーラーに目くじらを立てていたものですが。
今ではむしろ、
「暑い? クーラーかける?」
などと、こちらから誘って?しまうほど。

昨日もまだ日が高いうちからクーラーをかけ、ホッと一息ついていたのですが、
自分の体に集中してみると、上半身と下半身のバランスが、驚くほどとれていることを感じます。

クーラーをつける前は上半身、特に頭が火照って、ちょっとしたことでイラッとすることもあるのですが、
クーラーをつけた途端、頭がスーッとクールダウンして、足元がポカポカしているのがわかるのです。

こんな時、妊娠中の出来事を思い出します。

初めての妊娠で、頭はカチカチ、あれはやっちゃいけない、これはよくない、と
ルールにがんじがらめになっていました。

そんな年の盛夏に風邪をひきました。

当然のことながら妊娠中なので薬は飲めません。
病院で点滴をするも、なかなか熱は下がらず。
2週間ほどうんうんうなって、苦しい毎日を過ごしていました。

ある日の夜、心配した友達がかけつけてくれました。
ぐったりと横たわる私を見て、友達が一言、
「クーラーつけた方がいいよ」
と。

えっ? えっ?
そんなことできるわけない!
クーラーなんて、体が冷えちゃうもの!!

ただでさえクーラーの寒さが苦手だったのに、妊娠中に体が冷えたら大変です。
どんなに暑くても、クーラーをつけずに扇風機がかきまわす生暖かい風で我慢していました。

でもさすがに2週間も続いていた熱に体力がすっかり落ちていて、
その時は目先の涼しさだけ求めてクーラーをつけたのです。
すると・・・

あっという間に熱は下がりました。
あれだけ毎日点滴を打ちに行っても治らなかったのに、クーラーをつけたら一発で(苦笑

まるでキツネにつままれたような気分でしたが、
今ならそれがわかる気がします。

以来、無理をせずに暑い時にはクーラーをつけるようにはしましたが、
冷えとりを始めてからつけるクーラーほど、心地よく感じることはありません。

クーラーをつけた室内で、上半身は半袖・下半身は真冬のような厚着、重ね履き(笑
これが・・・なんともいい感じのバランスを保ってくれます。

寝る時も、普段なら暑くて蹴飛ばしてしまう布団をぴっちりかけて、涼しく熟睡できるのも嬉しいところ。
冷えとりを始めて以来、真夏の夜は朝までぐっすり眠れる事が多くなりました。

バランスって本当に大切です。
そしてそのバランスが整った時、本当に心地がいい事に気付きます。

これからやってくる暑い暑い夏を、上手に乗り越えたいですね。

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. avatar ハル より:

    こんばんは、初めまして。
    ハルと申します。

    ブログランキングから引き込まれて、おじゃましました。

    冷えは僕も含め、僕の奥さんや周りの人にも多い人が多く、
    何か改善策がないか研究中です。

    バランス、お風呂、呼吸など、大事ですよね!!

    また勉強させにこさせてください(^_^)

    応援ぽち。

    • avatar haco. より:

      ハルさん、コメントをありがとうございます。

      冷えとりをしていくと、いろいろなことが見えてくる気がします。
      体のバランス・呼吸、それに気付けて良かったなと思いますw