せっかくの秋なのに、甘いものが食べたくならな~い!!

以前も書きましたが、
無類の甘いもの好きでした。

それは
「女子はみ~んな甘いもの好き~
なんていうレベルではなく、病的なほど好きというか、
ほとんど依存に近い状態だったと思います。

20代の頃なんて お菓子を主食にしていた時期もあったし、
今考えると本当に恐ろしいです・・・

さすがにそんなのはほんと一時期で、
よくないということは自分でもわかっていたことだったので、
普通の食生活に戻りましたが、それほどまでにはないにしても、甘いもの好きには変わりありませんでした。

子供を完全母乳で育てたので(桶谷式母乳育児)、
経験した方はわかると思いますが、かなりストイックな食生活を強いられます。

中でもやはり、甘いものには注意をされました。
どうしても甘味が欲しければ、ドライフルーツにしなさいと。

でも、砂糖中毒がドライフルーツのような穏やかな甘さで満足できるハズがありません。
子供のために我慢はしたものの、「我慢」以外のなにものでもなく、
「母乳が終わったら 思いっきりお菓子を食べまくる!!」
ということだけを心の支えにして過ごしました。

母乳終了後から、昨年冷えとりを始めるまでずっと、
こんな風に甘いお菓子と付き合ってきました。

食べたいけど、ダイエット中だからやめておこう。
毎日なんて食費を考えたら恐ろしい・・・
体にいいハズないから我慢しよう・・・

そこに共通するのは 「我慢」。
我慢して甘いものを食べない、もしくは量を減らすというものでした。

それがどうでしょう。
あれほど砂糖依存に近いほどの私が 冷えとりを始めた今、
「甘いものを食べたいと思わない」
のですから不思議です

よく、冷えとりをしていると
「食べる量が自然に減って適量になり、結果ダイエットになる」
という話を聞きますが、
私も常日頃から食べ過ぎることが気になっていたので、
そうなればいいなぁと思って過ごしてきました。

でも冷えとりを始めて1年経った今でも食べる量は相変わらず。
ついつい、本能にまかせて食べ過ぎてしまい、結果 自己嫌悪・・・

ところがその陰で、自分では気づかないうちに 「砂糖中毒」 はすっかり治ってしまっていたのです

よく、
「甘いものを食べたいという気持ちにならない」
と言う女子がいますが、私にはそれが到底理解できないでいました。

どうしてこんなに美味しそうなケーキを目の前にして、
おせんべいに手が伸ばせるの? (笑

本当に不思議でしたが、なんと自分もそういう女子になってしまった

いやはや、
なんとも興味深い経験でした。

これらのことをあえて 「冷えとり的」 に考えてみると、
私に早急に必要だったのは、食べる量を減らすという前に、まずは砂糖摂取量を適正量にしなければならない
ということだったのでしょうか・・・?

真相はわかりませんが^^;
こんな風にこじつけてみるのも 自分を納得させるにはいいかもしれませんねw

さぁ、となると次に必要なのは、 食事の適正量!?

冷えとりさん、よろしくお願いします・・・

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. avatar せいこ より:

    haco.さん、こんにちは。
    甘いものが欲しくなくなったってすごいですねー!私は冷えとり初めて五ヶ月ほどですが前にも増してお菓子が食べたい波がきて食べちゃいます(^_^;)自分に大甘です。
    「食べちゃダメ!」と思うと余計に衝動が…
    自然と興味がなくなるってストレスもないし1番いいですね!
    私も地道に冷えとり続けてその域にまでなれるといいなぁε-(´∀`; )

    • avatar haco. より:

      せいこさん、こんにちは~^^

      冷えとりで甘いものがセーブできるって、予備知識がなかったので
      「どうして食欲がおさまらないの~!?」
      とばかり考えてきました。

      まず私に必要なのは、砂糖を減らすことだったようです。

      でもこの季節、チョコレートの新製品が出るじゃないですか~!
      モンブランはケーキの中で2番目に好きだし(1番目はイチゴのショートケーキw)

      頭では食べたいのに、気持ちが食べたいという・・・
      不思議な感じです^^;