あて布補修した靴下は断然もちがいい!

シェアする

あて布補修した靴下は断然もちがいい!

冷えとり健康法を始めると、
靴下にポコポコと穴が開いて結構大変

「やった~! めんげんで穴が開いた~!」
と喜べるのは最初のうちで、そのうちどんどん
「また開いちゃったよ・・・
と思うようになったり。

毒が出ているのだから 穴あきウェルカムw と思うでしょうが、
開いた穴はふさがなければなりません。

これが・・・結構面倒

最初はね、これまた楽しいんです。
でももともと裁縫が苦手なものだから、すぐに「面倒な作業」に変わっていきました。

冷えとり靴下の穴の補修方法で、一番簡単なのは
「つまんで縫い合わせる」
だと思います。

少々靴下が小さくはなりますが、
もともと冷えとり靴下は余裕のある大きさなので、
数か所破れを縫い合わせても普通に履けます。

ただ、欠点は
「またすぐに開く」
ということ。

穴が開いた場所付近は、広範囲に渡り生地が薄くなっているため、
そこをつまんで縫い合わせても、またすぐに穴が開いてしまうのです。

そこで、ひと手間かけた 「あて布補修」 をしてみたのですが・・・

その時のブログ記事はこちら
冷えとり 靴下 の 穴を あて布で補修
あて布をして繕った冷えとり靴下のその後

あれから四か月、
さすがにところどころ穴は開いてきましたが かなり丈夫!!
これはひと手間かける価値がありますw

あれだけザクザクで縫っただけなのに、
こんなにもったとは驚きです。

それに何が嬉しいって、
補修も無理になった靴下を再利用できること。

これは嬉しいですね。

ぼろぼろになって最後の最後、
仲間の靴下のための あて布のいう最後のひと働きをしてもらい、
靴下人生を終えてもらう・・(笑

ここまで使えば心も痛みませんw

せっかく足元を温めてくれた靴下ですから、
最後まで使い切りたいですもんね。

(本音をいえば、決して安いものではなかったから
ただ捨てるのはもったいなくて・・・というところですが

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク