今年の夏は一度もクーラーを使わずに就寝

シェアする

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

日が暮れるのも早くなり、日に日に秋が深まっているのを感じています。
それでも、例年であればまだまだ日中は残暑が厳しい今の時期、私の住む地域では残暑もほとんどないという!

体にはありがたいけれど、四季がだんだん崩れていくような気がして心配でなりません。

スポンサーリンク

就寝時に一度もクーラーを使わなかった夏

この夏も暑い日はたくさんありました。

私は扇風機の風で過ごせるものの、家族は・・・特に男性というのは暑がりなのでしょうか、毎日冷房をつけて過ごしていました。

特に子供から
「暑くて勉強ができない」
なんて言われると私としてはとても弱い(>_<)

夏休みなどは、午前中はなんとかやり過ごさせお昼から寝るまでずっとつけっぱなし・・・という毎日でした。

当然のことながらその状況は私には少々厳しいものがありまして。冷気は下の方にたまるので、冷えとりをしていても足は冷えてしまいます。

だからレギンスを履くなどして下半身の温めにいつも以上に気を使いました。

「夏だからショートパンツ」は私にはありえないので(笑)、以前ウォーキング用に購入したユニクロの綿のジャージ(ウェストゴム)を常に履いていました。

そして就寝時ですが、寝苦しい夜ももちろんあったものの、例年に比べたらなんとかなる暑さだったというか。

ただ、そのまま寝るには暑いので今年もアイスノンが大活躍★
関連記事 冷えとりの夏はアイスノンと共に

冷えとり的には夏、冷房をきかせて涼しい中で湯たんぽをするというのが良いようですが、私は冷房が効いた部屋で眠ると喉をやられてしまうことが多くちょっと怖くて。

でもアイスノンを使えば頭寒足熱の状態が保てるし、なにより思っている以上に涼しくなるのです。クーラーで部屋を涼しくしなくてもアイスノンで十分乗り切れます。

もちろん、室温に応じて就寝中も冷房をかけるつもりでいたのですが、結局この夏は一度もかけずに終わってしまいました。

日中の冷房と就寝時の冷房とでは、動いている分日中の冷房の方が体に優しいような気がします。この秋は夏の冷房疲れとは縁がなく過ごせるかも。

夜は鈴虫の声を聞きながら、布団をぴっちりかけて眠る・・・落ち着いた秋です。そろそろ足元の湯たんぽも復活させようかな♪

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク