夏は汗という毒出しを

シェアする

夏は汗という毒出しを

まだまだ残暑が厳しいですが、
暦の上ではもう秋。

確かに、まだ日差しは厳しいですが、
真夏のそれとは少々違ってきたようにも思えます。

朝夕なども以前より涼しいことも多くなり、
季節は確実に秋に向かっているのですね。

とはいえ、日中はまだまだ暑い
室内でも熱中症の注意をしなければなりません。

ところでこの熱中症ですが、
これも冷えとりで防げることができるのだそうです。

そもそも熱中症は、
素足によって足元が冷え、知らぬ間に体の芯が冷え切ってしまうことが原因だとか。

発汗による体温調節ができないため、
上半身の熱がどんどん上がります

血液の温度が上がっていくと、脳にもダメージが与えられます。
脳細胞は40℃以上になると機能しなくなるため、
熱中症となって倒れてしまう・・・というわけなんですね。(「これが本当の「冷えとり」の手引書」 より)

だから、暑い夏こそ冷えとりで体をしっかり温め、
汗という形で毒素を少しでも多く出すのが効果的なのだとか。

夏は心臓の毒だしの季節だそう。

麦は体を冷やす食べ物ですが、
日本では昔から、夏に麦茶を飲む風習がありますね。

麦は心臓にとって親の関係である肝臓の薬になります。
肝臓の働きがよくなり心臓を助けることができるよう、
昔から生活に取り入れられているのだそうですよ。

・・・とまぁ、難しいことはおいといて

夏こそ冷えとり
これだけ覚えておけば十分かもw

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク