朝起きるのが辛い・・・

ここ二週間ほど、朝起きるのが辛くて辛くて・・・
目覚ましが鳴るのが恨めしく思うほど。

やっと体を起こしてリビングに下りてきても、
以前のようにサクサク体が動かず、重い体を引きずって雨戸を開け、カーテンを開け、お湯を沸かし、炊きあがったご飯を天地返しし・・・

たったこれだけの朝の家事をするのに一苦労。
ご飯を天地返しするあたりでやっと、鈍いエンジンがかかる、という感じです。

エンジンがかかる、といっても、それはまるで冬場のそれ。
今にもエンストしそうな、心もとないエンジン音、ぶるっ、ぶるる・・・ぶるっ。

朝の喧騒が過ぎ去ってお昼が過ぎると今度は眠くて眠くて。
お腹いっぱいに食べちゃうと眠くなるのはわかっているので、
腹八分目にしているつもりなのに、それでも急激に眠気に襲われ。

夏休みが終わって、やらなきゃならないことが山積みなのに、
湿度も下がってこんなに快適な気候なのに、何が悲しくて昼寝しなきゃならないのか・・・

またしても自分を責める日々。

なんでこんなにだるくなっちゃったかな~
冷えとりを始めてから、朝は絶好調!・・・とは言わないまでも、
だるさもなくシャキシャキ動けるようになたのが嬉しかったのになぁ・・・

他の方のブログで
「朝起きられないのは秋のめんげん」
と書かれていたのを読んで、そうなの?と思いつつも、その根拠がわかるまで至らず。

もしこの眠さが秋のめんげんであるならば、
どこの内臓の毒だしなのか・・・?

と探していたところ、昨年の自分が書いたブログを発見。

だるさと眠さのめんげん、再び(いや、三度!?)

そっかぁ、前にも、いや三度も(笑) だるさと眠さが続いた日があったっけ。
以前は日中のだるさと眠さ、今回は朝起きられないのと日中の眠さ。
同じような症状です。

しかもブログの日付は 昨年の9月23日!

なんだ、「毎年恒例行事」 だったのですね

昨年のブログには

もしかしたら、「季節の変わり目」 というのが今回のキーワード?
確かに、前回も春から夏の変わり目、今回も夏から秋の変わり目・・・

とありました。

今もちょうど、夏から秋に変わっている最中です。

そっかぁ、私は季節の変わり目に体調を崩す傾向があるのかも。
そういえば子供の頃、手の皮がむけるのはいつも 季節の変わり目だったし。

それから、季節の変わり目を調べていたらこんな記述が見つかりました。

古来より季節の変わり目の秋を『肺の季節』と考え、この朝夕と日中の温度差によって、自律神経にもストレスがかかり、体調を崩して様々な症状が出易くなっています

ナルホド。
体調が変化したり、心が揺れやすくなるのは季節のせいもあるようですね。
特に春と秋は影響が強いそうな。

ここのところ心が揺さぶられることが多く、
「半身浴が足りてないのかな~」
とも思っていたのですが、そうではなく、自然の大きな流れに身をゆだねていた結果、体が素直に反応した、と言えそうです。

それにしても、こうしてブログに書き残しておくという事は、
自分の体を振り返るのにいいですね。

以前のことをすぐに忘れてしまう私にはピッタリ。
これからは、何かあったらブログ内を検索してみようっと(笑

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク