冷えとりと貧血

昨年の夏、体の不調が続き、
「これもめんげん」
と自分を無理矢理納得させて過ごしてきましたが、
秋も終わるころにフト、
「この体のだるさ、もしかしたら貧血かも・・・?」
とピンときたことがありました。

その時にいろいろ調べた結果、
食べ物から鉄分を摂取するのはもちろんですが、
薬の力にも頼ってみよう、と決めました。

なにせ、「ゆるゆる冷えとり」 なので^^;

漢方とか、冷えとりを強化するとか、いろいろ方法はあるのかもしれませんが、
生活に支障をきたしてまで、また、疲れている母親の姿を子供に見せてまで、
自分の健康法を貫く・・・というほど、私は強くないのです。

その時には、「マスチゲンS錠」 という薬にお世話になりましたが、
時期的に汗もかかない季節になっていたせいか、
いつの間にか体調もよくなり、気づいたら飲むのを忘れていた・・・という^^;

でも、飲まずに回復したのならそれでよし!
と、そのままになっていました。

そして今回、どうにも体がだるくて、寝ても寝ても眠くて・・・という日々が続いて、
かれこれもう二ヵ月。

なんで自分はこんなに無精者なのか、と我ながら呆れながらも、
「体が睡眠を必要としてるんだ」
と都合のいい解釈をして、午後の1時間を「シエスタ」 と可愛く決め込んで(笑)いました^^;

いつもならこういうことが少し続いただけでまた回復するのですが、
今回はなぜかいつまでたっても回復せず。

いよいよ、
「どこか体が悪いのか?」
などと、悪い妄想ばかりしてしまったり・・・

これまでも、必ず抜ける時がくる、今はトンネルの中にいるだけ、と、
振り返った時に感じたことを思いだしてしのいできたのですが、
今回はあまりにも期間が長すぎます。

そんな時、たまたま息子が疲れやすく、原因は何だろうと調べているうちに、
またしてもたどり着いた「貧血」!!

もしかしたら息子も貧血気味なのかもしれない(旦那さんは子供の頃、貧血の薬を飲んでいたそうなのです)、
そして私も今の体がだるい状態は貧血なのかもしれない。

思えば、食事に関しても自分を大切にしていなかったなぁと。

例えば魚を買う時に、家族の人数分買わずに
「私はいいから子供と旦那さんにだけ」
と、節約を優先させることが多かったり。

多かったり・・・というか、いつも ^^;

お肉をジャッと炒める系は別ですが、
それがヒレカツになったりすると枚数があるので自分は食べなかったり、
海老だって、自分が食べるなら子供にあげようと思ったり。

そうすることを自分で辛いとかは思ったことがないし、
それを母性だと自分に酔っていたのかもしれないし。

いずれにせよ、そういう生活を長く続けていて、
カロリーは十分摂取していても、栄養という点では失調気味になっていたのかもしれません。

子供の頃から貧血になったことはないし、
「朝礼の時間に、バタバタ倒れる」中の一人になったこともないし。
そういう経験から、貧血に対して
「自分は大丈夫」
という、根拠のない自信があったのかも。

若い頃はそれでよくても、体は老いに向かい始めているわけだし、
欠乏する栄養素もあっても不思議ではありません。

そう思ったらなんとなくホッとしたというか・・・
「これだ」 という原因がわからないと不安になるので。

とりあえず、また鉄分の薬を飲んで様子を見たいと思います。
あわせて冷えとりも強化!!

・・・というか、ボチボチやっていきたいと思います(笑)

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. avatar とっくり より:

    こんにちは。
    冷えとり歴1年半ほどですが
    私も2月くらいから寝ても寝ても眠くてだるい日が多いです。
    このところは気持ちの落ち込みやイライラも続いていて、
    もしや更年期?!とびくびくしています。(今年40になります)
    献血に行って調べてもらったけど、血は濃かったので貧血ではないようです。
    ホルモンバランスか、めんげんなのか、わかりませんが
    何であれ、外に出ることはいいことですよね?
    気持ちの落ち込みやイライラも蓋をしてしまっておくよりは
    しっかりと感じたほうがいいですよね?(人にはあまり迷惑をかけないように^^;)
    だるいのも眠いのも同じと思って、眠いときは無理せず眠る、
    だるいときは早く帰る、なんとか日々をやり過ごしています。
    春は肝臓の季節でしたっけ。
    血液検査はされてみないのですか?
    献血に行くと、すぐわかりますよー。(無料だし。笑)

    • avatar haco. より:

      とっくりさん、こんにちは。

      更年期の症状が出るのは人それぞれのようなので、
      症状全てが「更年期だから」 で処理しないほうがいいそうですね。

      というのも、今日偶然、とっくりさんがおっしゃっていることと同じことが書いてある本を読んだばかりで、
      コメントを読ませていただいて驚きました。

      献血、してないなぁ・・・^^;
      むか~し、低血圧で献血が出来ないことが続き、
      しかもあの太い献血の管を見て卒倒しそうになり^^;
      以来献血から遠ざかっていましたが・・・
      今度挑戦してみようと思います!!

      読んだ本に関してはまたブログ記事にしますね!