2016年1月現在の重ね履き状況

シェアする

kermit

靴下やレギンスの重ね履きは季節やその時の気持ちの移り変わりによって変わってきました。
一番大きな変化は、冷えとりを始めた当初から徐々に増えて行った重ね履きの枚数を一気に減らした時でした。

冷えとりを始めて4年、現在の重ね履きの枚数を覚え書きとして残しておきます。

スポンサーリンク

この冬はこの重ね履きで万全!

まずはお馴染みの くらしきぬさんのはらぱん。

はらぱん くらしきぬさんの「腹巻き+ぱんつ」 一度履いたらもう脱げません
「はらぱん」。なんとも可愛らしい名前です。字を見ているだけでほっこり(*^-^*) でもこの子、可愛い顔(?)してすごいんです! ...

下着の上にこのはらぱんを履きます。
「腹巻き+毛糸のパンツ」なので、腰回りだけでなくお腹も上の方までぬくぬくw

一枚しか持っていないので、洗って履けない時はお腹がスース―するようになりました・・・
やっぱりもう一枚買い足したいところ(>_<)

そしてその上にシルクふぁみりいさんのウールスパッツ。

シルクふぁみりぃの期間限定ウールスパッツを履いたらもう手放せない!
先日のブログにもちょこっと書いていた、 「シルクふぁみりぃさんで頼んでおいたもの」 が届きました。それは「期間限定ウール...

このツートップでこの冬の寒さ対策は万全と感じています。
日中、ウォーキングをする時にはこの二枚を脱いでいるのですが、ウォーキングを終え帰って来て、再びこのツートップを履いた時のあのホッとした感じといったら・・・!!

ところでなぜウォーキング中にこの二枚を脱ぐのかといえば、まず歩いているとかなり暑くなるということ。ウールは通気性がいいので蒸れることはありませんが、運動中なので脱いでいます。

それから、暖かい上に通気性がいいのがウールの特性ですが、ネックは強度が弱いという事。
せっかくのはらぱんとウールスパッツ、大事に大事に履きたいので運動する時以外だけで履いています。

そして足元ですが、くらしきぬさんの内絹外ウール靴下です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

二枚重ね履きですが内絹外ウールなので4枚重ね履きの効果があるとされています。
地が厚いので底当たりもなくしっかりしていてフワフワの履き心地♪

見た目大きい靴でなくても履ける・・・というのは、冷えとりを始めたいけれど大きいサイズの靴を履くのはちょっと・・・という方にはいいかもしれません。

ここにきてぐっと冬らしい気温になってきましたが、この重ね履きで今年の冬を越せそう!

ちなみに・・・
夜寝る時ですが、以前は「はらぱん+ウールのスパッツ+ウールのズボン下+パジャマ」という重ね履きで寝ていました。

婦人用純毛 毛糸の下着 #42 スラックス下 ( ズボン下 ) Lサイズ

ウールのズボン下、届きました!履きました!
少し前に 「ウールのズボン下を注文しました 」というブログ記事を書きました。 私の発注ミスで時間がかかってしまいました...

しかしさすがにそれでは暑かったようで、夜中に気付くと布団から足を出して寝ていることが多くなり(笑)

以来、ウールのスパッツは日中だけにして、「はらぱん+ウールのズボン下+パジャマ」
にしたところちょうど良く眠れるようになりました。

あ、もちろん寝る時に湯たんぽも使っています~(^^)/

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク