冷えとり健康法 靴下に依存しない健康生活って?

シェアする


冷えとり健康法を始めてこの秋で4年目に入りますが、いつも心がけているのは 【依存し過ぎないようにすること】 です。
ん? 冷えとり健康法をしているのに、冷えとりに依存し過ぎないようにって、なんか矛盾してる?

スポンサーリンク

冷えとりに限らず「依存し過ぎない」ことは大切かも

A Cactus Flower for Capt. Suresh
A Cactus Flower for Capt. Suresh / Koshyk

これは、自分の性格やこれまでの経験上、冷えとりに限らずすべてのことに対してそんな風に接しています。私の特徴でもあるかも。
人づきあいもそうだし、思春期に入った子供や、元は他人である旦那さんに対してもそう。

一見冷たいように思われるかもしれませんが、少し離れたところから自分を見ることで、何に対しても冷静になれる気がするのです。
そう、ちょうど物事を鳥瞰図で見ているようなイメージでしょうか。

そして、こんな質問を見かけました。

なかなか気持ちが良いので、今後は職場や外出時でも着用できるよう、靴や洋服を揃えたいと思っております。
問題は上級者になると靴下の枚数がさらに増えるなど、冷えとりファッションがエスカレートするという話が多々見受けられる点です。
本音を言えば、靴下に依存しなくても健康に暮らせる生活を目指したいですし、スカートとハイヒールといったおしゃれもしたいのです。

このような私が冷えとり健康法を試すのは間違っているのでしょうか?
それとも同時に並行して運動や食事で靴下依存は改善できるのでしょうか?
体験者の方、詳しい方がいらしゃれば教えて下さ。

「発言小町」より

これ、とてもよくわかります。
質問は2013年9月のものなので、質問者さんがその後どんなふうに冷えとり健康法をとらえたか結果はわかりませんが、この質問を読んで私も、「そうだよね~」と思うことがあったので取り上げてみました。

冷えとり健康法を始めてから少し経った頃、確かに私ものめり込んでいた時期がありました。 靴下も
「10枚履かなきゃ冷えとりじゃない!!」
な~んてうっすら思っていたこともあったし、10枚履けていない自分を残念に思っていたし。

ただ、質問者さんがおっしゃられている
「冷えとりファッションがエスカレート」
という部分、よーーくわかるのです。

冷えとりはしたい、だけど、靴下を10枚前後重ねばきした場合、どうしても冷えとりファッションに何らかの支障が出てきます。
靴もそうだし、もっさりしてしまった足元を隠したくなるようなボトムスを探してしまうし。

それらを個性的に着こなせるファッション能力があれば別ですが、私などがチャレンジしたところで、どうもちぐはぐなファッションになってしまいます。
そしてそこでまた自己嫌悪^^;

この冷えとりをしてきた3年半は、ずっとそんなことで悩んできました。

そして、漠然としたこの不安。
「私は一生、冷えとり健康法に依存していかなくてはならないのだろうか?」

いえ、一生冷えとりをしていくのはいいんです。 それは自分が靴下を重ね履きしていて気持ちいいから続けていることだし、半身浴だって汗をかく最適なツールだと思うし。
ただやっぱり、一般的な許容範囲を超える枚数の靴下を履くことを、ずっと続けられるかどうかと言えば・・・わかりません。

そう考えていくと、私には靴下4枚の重ねばきがちょうどいいのでは?と思いはじめ、それを3月から実践・検証した結果、
「靴下の重ねばきは4枚、あとは体調や気温を考えて臨機応変に」
というところに落ち着きました。

そして、靴下の重ね履きだけに依存しないで済むように、踏み台昇降をしたりスロージョギングをしたり するようになったのです。

冷えとり健康法と言えば、靴下の重ね履きということばかりがクローズアップされがちですが、進藤先生の著書にも、「食事」「運動」も大事だとちゃんと書かれています。
私も冷えとりを始めてからなかなか運動で冷えとりをするという気持ちになれなかったのですが、「靴下だけに依存したくない」 という気持ちの変化から、流れ流れて自然な形で運動に辿り着けたのです。

今は運動をして汗をかくのが気持ちいいし、お風呂上がりにさっぱりとした洗い立ての靴下を4枚重ね履きするのも気持ちいいし、靴下4枚程度なら、周りから見てもさほど違和感がないと思うし、なんだかすべてがま~るく納まったような気がしています。

多分、今の時点ではこれが私にとっての一番ベストな冷えとり健康法なのでしょうね。
依存した時期があったからこそ、少し離れた視線で自分を見つめなおすことができた、という感じ。

そう思うと、まずはのめり込んでみることも大切なのかもしれませんね。
そこから気づく何かがきっとあるはず!

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. avatar ゆも より:

    はじめまして!
    冷えとり歴1年の、ゆもといいます。

    1年間冷えとりをしてきて、今まさに「靴下に依存」することを疑問に思い始めたところでした。
    いや、この暑さに負けてるだけかもしれませんが(笑)

    私も女性らしい足元でかわいい服が着たい。
    でも冷房の中で、靴下を履いている安心感や心地よさはやめられない。
    どうしたものか…と思っていたところにブログを拝見して共感し、思わずコメントさせてもらってます。

    私も、臨機応変でいいんじゃないか、と最近やっと思えるようになりました。
    ただ靴下を重ねるより、自分の心や体の感覚に、素直に従ってみようかなぁ…と。
    裸足が気持ち良ければそれでよし、靴下を重ねる時があってもよし。
    靴下だけに依存するより、運動して体を温める方がいいんじゃないか?と、始めたばかりですがヨガをゆるゆるとやってます。

    いいとこ取りの方が、ずっと続けられるから良いですよね!

    長いコメント、失礼しました。
    また遊びに来ますね!

    • avatar haco. より:

      ゆもさん、コメントをありがとうございます^^

      ゆもさんも同じところに辿り着きましたか~。
      一生冷えとりを続けることには変わりはないのですが、依存度を変えて見ようと思ったのです。
      冷えとり靴下に依存する割合と、自力の発熱の割合とのバランスを、自力の発熱に比重を置いてみようかと。

      そうすることで、自然に運動するクセのようなものがついて、あらら?一石二鳥?と嬉しい手応えも感じているこの頃です。

      自分の心や体の声に従うというのは大切なことだと思います。
      どうしても
      「本にはこう書いてあったから」
      と、自分の気持ちや感覚を後回しにすることを続けてきたので、それはもうそろそろ辞めようと。
      もっといい意味でわがままになりたいな~と思ったのです。
      同じように思っていただけて嬉しいです!

      これからも一緒にゆるゆるっと冷えとりを続けていきましょうね^^

  2. avatar sayurin より:

    こんにちは!

    以前こっとんままというHNでコメントしてましたので
    2回目のコメントです^^

    わたしは冷えとりを始めて丸8年。
    6月で9年目に突入しました。

    この春から、ガッツリ靴下履いたファッションが急に嫌になり 笑
    かわいいワンピース着て、素足でバレエシューズ履きたいと思い始めて
    自分でもこの心境の変化に驚いてました。

    だからと言って冷えとりやめたいわけじゃなく
    身体の声を聞きながら、靴下の枚数減らしたり増やしたりしてます。

    haco.さんがおっしゃるように、依存しすぎないってこと大切ですよね。
    自分の身体の事は自分にしか分からないから
    その時々でベストな冷えとりしていきたいです。

    • avatar haco. より:

      sayuriさん、こんにちは!

      冷えとりに依存し過ぎないという心境に至ったのが、ちょうど同じような時期だったのですね!
      sayuriさんがおっしゃりたいこと、よくわかります。

      私もサンダルを履きたい時などは、たった数時間だから履くのもいいと思うのです。
      その分、帰って来てからしっかり暖めればいいいことですしね。

      なんていうのでしょう・・・ガッツリ冷えとりのファッションに、自分の中で限界が見え始めたのです。
      それと同時に、「もう少し、冷えとりとは離れても好きなファッションがしたい!」という気持ちが強くなってきたのです。

      一生続けていくつもりの冷えとりなので、「抜き加減」を大切にしたいですよね^^

  3. avatar yurinyan より:

    初めてコメントさせていただきます。私も冷えとりを始めて5年ほど経ちますが、なぜだか最近、急に冷えとりに疑問を感じたというか…やはり、頑なに冷えとりに縛られて病院や薬を避けてみたり、理解してくれない人や裸足で上半身厚着の人を批判的に見てしまったり…していましたが、自分がやっていることが無意味に思え、冷えとりの考え方にも少し納得がいかないこともあったり。冷えとりしていても、イラつきや怒りなど爆発してしまうこともあり、心の冷えは全然とれてないなーとか…もう冷えとりをやめようかと思って、そのような記事を読んでいて、このサイトに出会いました。疑問もあるけど、靴下の重ね履きや、天然素材の服は気持ちがいいと思っていることも事実。
    hacoさんの記事を読んで、私も悩んでいないで、心のままにやりたいことをやればいいいと思うことができました。ありがとうございます。

    • avatar haco. より:

      yurinyanさん、お返事が遅くなり大変申し訳ありませんでした。

      yurinyanさんがおっしゃる通りなんです!
      冷えとりを忠実にやることはもちろん悪いことではないけれど、
      そこに縛られ過ぎてしまうと、大切なことを見落としてしまったり、健康のために始めたのにストレスを溜めこんでしまったり・・・

      いっそのこと冷えとりをやめようかとも思ったこともありましたが、
      そうではなく、「自分に都合よく付き合えばいい」と思えるようになりました。

      これも心の冷えが冷えとりによって取れたおかげかな~と思ったり^-^
      私には私らしい冷えとりの効果があったのだな、と改めて思います♪