ピラティスが楽しい!骨盤矯正効果で足がポカポカに

私が通っているスタジオには、ホットプログラムがいくつかあります。
ヨガは初心者レベルのものから運動量の多いものまであるし、それ以外にも骨盤を調整するプログラムもあります。

今はいろいろなプログラムに参加して自分にあうものを見つけている最中なのですが、自分が行ける時間帯と、試してみたいプログラムの時間帯が合わないことも。

仕方がないので、初心者向きではないレベルのヨガのクラスに出なければならないこともあり、そうなると苦しくてついていくのがやっとで、とてもじゃないけれど
「ヨガって楽しい!!」
とは思えないのです。

そんな中、以前からずっと興味があったピラティスのクラスに出てみたのですが、これがもうすっごく楽しい!辛いけど楽しい♪

もしかしたら・・・ヨガよりもピラティスが好きかも(^-^)

スポンサーリンク

ピラティスとヨガの違いは

ヨガの種類によっても違うのでしょうが、私がこれまで参加したヨガは結構ハードなものが多く(私にとっては)、終わったあとは爽快感というよりもどっと疲れが出てしまう感じ。

ところがピラティスを試してみたところ、こちらも決して楽な運動ではないけれど、どっちの苦しさを耐えられるかと言ったら、断然ピラティスの方が私には楽。

終わった後、
「楽し過ぎる!もっとやりたい!!」
と思ったのはピラティスでした。基本的にはヨガがメインのスタジオなので、ピラティスのプログラムが少ないのがとても残念(>_<)

そもそもヨガとピラティスの違いですが、担当する講師の先生が言うには
「ヨガは精神のリラックス、ピラティスはエクササイズ」
とのこと。

目標到達地点(ゴール)の違いもあるそうで、

・ヨガ   ・・・ 精神的なリラックスに重点が置かれている
・ピラティス・・・ 身体作りに重点が置かれている

とありました。

ヨガは呼吸とストレッチに重点をおきながら、筋肉を強化し、ピラティスは正しい骨格を意識しながら体幹の筋肉を整えるという違いがあります。

ピラティスはもともとリハビリに作られたということもあり、無理せず体幹を鍛えていくという効果が期待できるようです。



ピラティスをした日の足の暖かさが全然違う!

ヨガとピラティス、どちらも深い呼吸と共に心を落ち着かせ、自分自身を見つめながら心身を健全な状態に整える、という効果が期待できますが、今のところ私はヨガでそこまでたどり着いていません。

多分、最初に結構ハードなクラスに出てしまったため、
「次はどんなポーズだろう。できるかな、不安だな。気持ち悪くなっちゃったらどうしよう」
と不安を抱えながらやっているからだと思われます。

だからこれは回数をこなしていくうちに慣れるかなと思っています。全容がわかるまで不安にかられてしまうのは性格的な問題(笑)

私の通うホットスタジオは、ピラティスのプログラム数が少ないので、かなり簡単な段階を教えてくれているのだと思われます。

そこに初めてポンッと出たから最後まで続けられた結果、
「これはいける!!」
と感じ、その時の気持ちがずっと続いているのかなと思います。

これがまたいきなりハードなピラティスのクラスに出ちゃったら印象が違ったかも?

それと、ピラティスを初めて経験した日の夜の足の暖かさに感動したこと!
ホットスタジオ内は暖かいので全身ポカポカになりますが、時間が経てば当然のことながら体は段々元の通りになっていきます。

その日もそんな風にして体温はいつも通り戻ったのですが、夕飯後、テレビを見ていた時にフト気づいたら、足先がまるでついさっきお風呂に入ったばかりのように足がポカポカしているのです。

もちろんその時はお風呂に入る前。なのにこの足の暖かさ・・・今までにない感覚です。
なぜこんなに暖かいの?と考えても、その日やったことと言ったら初めてのピラティス。

そういえば講師の先生が、骨盤のゆがみを解消すれば冷えもなくなる・・・と言っていたけれど、もしかしてそのおかげ!? そんな即効性が!?

ちょっと信じられなかったので、次のピラティスを受けたその日の夜も注意深く観察してみたところ、やはり足がポカポカしているのです。

初心者のクラスということで、基本のポーズをみっちり行っていることで、骨盤底筋を鍛え(とまではいってないかな、刺激されてる程度?)ることで効果があったのかもしれません。

先生は
「ピラティスは即効性がありますよ」
とおっしゃっていましたが、まさかこんなにすぐに効果があらわれるなんて!!

ピラティスにもさらに興味が沸きましたが、なんだか「骨盤矯正」に関しても俄然興味が沸いてきました。

頑固な冷えの原因、それは私の場合は骨盤にあったのかも・・・?

それも含めて今後の自分の変化を感じていきたいな。

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 
最後までお読みいただきありがとうございます

スポンサーリンク
今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、 下記のバナーをクリックしてランキングへのご協力をお願いします(^-^)
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ 

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク